新入荷、再入荷品のリストです。
このページには全ジャンルのCD、新譜VINYL, BOOK DVD 等が情報掲載順に並んでいます。

JOYCE MORENO / JOYCE MORENO 50

50年前のデビュー作をまるまる再演!  ジョイス・モレーノが50周年記念盤をBiscoito Finoからリリースすることになりました。ジョイスのデビューは1968年。当時彼女は大学でジャーナリズムを専攻する傍ら、リオにある新聞社ジョルナル・ド・ブラジルにおいて新聞記者もしていたそうです。そしてそれから50年。そのデビュー作『Joyce』の収録曲を、曲順通り …

続きを読む>

MPB4 / SAMBAS DA MINHA TERRA

ベテラン・ヴォーカル・グループが古いサンバを歌う!  男性ヴォーカル・グループの最高峰として息の長い歴史を誇るMPB4。その芸歴50周年を祝う公演のライヴ・アルバムを昨年に発表するなど、まだまだ精力的に活動を続ける彼らの1991年作の復刻。「O Samba Da Minha Terra」「Morena Boca De Ouro」「A Voz Do Morro …

続きを読む>

THIAGUINHO / TARDEZINHA 2

エザルタサンバの中心人物のソロ作品!  すでに30年以上も活躍を続けてきた人気サンバ・パゴージ・バンドのエザルタサンバの中心人物がチアギーニョ。現在最も精力的なサンビスタのひとりとして注目されている彼が、大ヒット作『タルデジーニャ』の続編を制作。軽快なパゴージが楽しめる内容! (サプライヤーインフォより)

続きを読む>

GILBERTO GIL / OK OK OK

御大が4年ぶりに新作スタジオ作品を発表!  齢76となったトロピカリア〜MPBの御大ジルベルト・ジルが、久々にスタジオ録音のソロ・アルバムを発表しました。前作は2014年の“GILBERTOS SAMBA”だったので約4年ぶり。今回はヴォーカルとギター、ベースをリアルタイムに録音するなど、ライヴ性を重視したレコーディング・スタイルがとられたそうです。ゲストに …

続きを読む>

ELENI TSALIGOPOULOU / TON FILON TA SPITIA

>★ 前作、前々作とグリーク・ロック的アルバムでしたが、う〜んやっぱり受けなかったんでしょうか(当店的にはあんまり受けませんでしたが)、この新作では、ややもってアートなライカ〜トラッド路線に戻って来たエレー二・ツァリゴプールでした(それにずいぶんお痩せに…)。

続きを読む>

AFRO CUBAN ALL STARS / A TODA CUBA LE GUSTA

★アフロ・キューバン・オールスターズ/これがキューバ音楽だ! BVSCプロジェクトの第1弾作品がついにアナログでリリース!これこそ最高のキューバ音楽だ!! ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのプロジェクトはこのアルバムからスタートした。1996年にはじまったキューバにおける録音プロジェクトで最初に録音されたのがこの作品だった。元シエラ・マエストラのホァン・デ・ …

続きを読む>

OUT OF NATIONS / QUEST

★アウト・オヴ・ネイションズ/クェスト それぞれ異なるパスポートを持つ音楽家たちが異文化間を飛び交うミュージック・ジャーニーに出発!  メンバーそれぞれが異なる国籍を有する、本当の意味での多国籍バンドがこのアウト・オヴ・ネイションズだ。その中心を担うのが、サックス/クラリネット/フルート/ナーイ奏者のレティ・エルナガール。彼女自身はアメリカ生まれだが、そのル …

続きを読む>

ADEKUNLE GOLD / ABOUT 30

注 * 最新流行のナイジャPOPでさえ家内制手工業の域を出ない印刷ズレのボロ紙ジャケが圧倒的多数、通販の皆様におきましては、送られて来たナイジェリア盤のボロジャケ、中古盤のようなCDを見て激怒したりしないで下さいね、よろしくお願い致します !?(もちろん再生不可の際は交換 or ご返金応じますが…)ちなみに本ジャケ写(表)は、世界的大企業のダウン …

続きを読む>

ALEJANDRO VARGAS CONSORT, CAMERATA EGERIA CON CANTANTE ROSA CEDRON / CHANE NA HABANA 

★アレハンドロ・バルガス、カメラータ・エヘリア、ロサ・セドロン / ハバナのチャネー  ガリシアとキューバを繋ぐ音楽の旅!19世紀末から20世紀初頭に活躍したガリシア出身の音楽家ホセ・カストロ・”チャネー”。彼の死後100年を記念してその作品をキューバ人ピアニスト、アレハンドロ・バルガスが弦楽楽団と元ルアル・ナ・ルブレの女性歌手、ロサ …

続きを読む>

MARINA LAZARAKI / EIMAI STA KALITERA MOU

マリーナ・ラザラキ、前回入荷時にはアッと言う間に売り切れて、HPにアップする間もなかったギリシャ、ディモーティカ(民謡系)〜ライカ系若手(20代前半?)女性歌手のCDですね、その軽くリズムに乗ってシットリとした哀感をふりまく歌い口、そのシナヤカな節まわしにつきそうフォークロアな味わい…、これみよがしの民謡っぽさを聞かせるディモーティカ歌手が多い中 …

続きを読む>

MIRELA PAHOU / LIGO CHROMA

  >★ いいですねえ、変わらず、平明で何気なくてギリシャらしくて、アコースティック!ミレラ・パフウが帰って来てくれました。またまた、アコーディオン・ジャケです(>こちらがファースト!)。詳しくは後刻〜

続きを読む>

GEORGE DALARAS, GEORGE KAZADZIS / EROTAS I TIPOTA, 10 nea Tragoudia se Mousiki George Kazandzis

いや〜、何というか、 またミノスに戻ってしまったのか? それとも、フリー契約なのか? ま、どっちでもイイんですが、 ダラーラス69歳、 ホント素晴らしい悠々闊達な境地! 作曲家、ヨルゴス・カザンディスと 組んで生み出した新作です。 詳しくは後刻〜

続きを読む>

TATÁ AEROPLANO ‎/ NA LOUCURA E NA LUCIDEZ

    サンパウロ、02年結成のロック系バンド、セレブロ・エレクトロニコ(69年ジルベルト・ジルの名曲から?)のリード・ヴォーカルだったタタ・アエロプラーノのセカンド(2014)。トロピカリズモ現代版?ちょっと時代を超越していますね、

続きを読む>

GABRIEL VERSIANI / AINDA SAMBO

ジョイス、マルチナーリアが参加! 伝統サンバの重鎮で若い頃にはあのカルトーラとも共作を残した男性サンバ歌手/作曲家/ギタリスト、クラウジオ・ジョルジの息子、ガブリエル・ヴェルシアーニが発表したセカンド・アルバム。ギターやアレンジで父クラウジオが全面的に参加。さらにオルケストラ・クリオーラ、マルチナーリア、さらにはジョイスといった大物たちがゲスト参加するなど、 …

続きを読む>

go top