新入荷、再入荷品のリストです。
このページには全ジャンルのCD、新譜VINYL, BOOK DVD 等が情報掲載順に並んでいます。

ZANMARI BARE / VOUN

1970年代までその演奏すら禁止されていたマロヤ音楽を根強く保存していた「カバール」と呼ばれる民衆祝祭の宴に根ざしつつ、マロヤを研鑽してきた硬派ザンマリ・バレ。2013年に第一人者ダニエル・ワロをもゲスト参加した、満を持してのファースト作『MAYOK FLER』をリリースしましたが、それに続く17年のアルバムです。ハチロク系のダイナミックなリズム、曲によりブ …

続きを読む>

NONARIA

ヴォーカル&スネア・ドラム、ヴァイオリン、アコーディオンの女性トリオ、ノナリアは5年の活動を経て本作でデビューしたグループ。その音楽はSPレコード時代の古き良きポップスを現代に蘇らせるもの。全曲メンバー達の自作というのが不思議なくらい、スタンダード・ナンバーの魅力に溢れた楽曲を、スウィング・ジャズやラグタイムといったノスタルジックな音楽をベースにした演奏にの …

続きを読む>

ENSEMBLE MZE SHIMA / ODOIA, Chants De Georgie 

以前はグルジアと呼ばれていた、ヨーロッパとアジアの境に位置する南コーカサスの小国ジョージア。ソビエト連邦を構成する地域でしたが、1991年に独立。そんなジョージアの伝統的混声ポリフォニー・コーラスを聞かせるグループです。ジョージアでは、生活のあらゆる場面でポリフォニー・コーラスが登場するそうで、ワーク・ソングからウエディング・ソング、冠婚葬祭などでも歌われ、 …

続きを読む>

ANDRES DE JEREZ & SAMUELITO / ARANANDO EL ALMA

1964年ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ生まれのカンタオール、アンドレス・デ・ヘレス。5歳のころから、フラメンコ好きの祖父に連れられ、フラメンコの盛んな地元地区の食堂などでカンテを体得していったという本格派です。初ソロ作となった2018年リリースの本作は、パリで録音。14年にフランスのモン=ド=マルサンで毎年開催されているフラメンコ・フェスで知り合ったという、 …

続きを読む>

EFREN LOPEZ, STELIOS PETRAKIS, BIJAN CHEMIRANI / TAOS

ギター、サズ、ブーズーキ、シトーラ、マンドーラ、サントゥール、ウードなど20種を超える撥弦楽器を操る、スペイン、バレンシア地方のマルチ撥弦楽器奏者エフレン・ロペスとギリシャのクレタ島出身の擦弦楽器リラの名手ステリオス・ペトラキス、さらにイラン出身のパーカッショニストでザルブ(トンバク)・マスターのビージャン・シェミラニという、地中海をまたぐ音楽の名手たちが、 …

続きを読む>

ETENESH WASSIE, MATHIEU SOURISSEAU / YENE ALEM, invitent Julie Laderach

何と言うべきか、究極のエチオピアン・ヴォイスとでも? >こちら前作から早8年、エチオピア女性歌手エテネッシュ・ワシェと、フランス人ベーシスト、マチュー・スーリソーとの実験的共演作品2作目です。加えて、Winter & Winter からアルバムをリリースしている女性チェロ奏者、ジュリー・レダラッハも参加〜たった二人の演奏とエテネッシュのアムハラ語の歌 …

続きを読む>

MALAGASY GUITAR MASTERS / VOLO HAZO 

★マラガシー・ギター・マスターズ / 聖なる木 マダガスカルの現代のギターの巨匠3人が集まって結成したユニット、「マラガシー・ギター・マスターズ」の初アルバム。多彩なテクニックとスピード感で聞かせながらも、島らしい浮遊感も気持ちいいサウンド。 ●マダガスカル南部の音楽スタイル、ツァピキを代表するギタリストとして、弊社ビーンズ・レコードよりソロ作『ブルー・ツァ …

続きを読む>

LUBOYNA / RADIO LUBOYNA

再々々入荷しました! マケドニアLUBOYNA最新作アナログLPリリースですが(ダウンロードコード付、一応当方で焼いたCDRをお付けします)、内容サイコーですよ!〜マケドニアン・ブラス&ナイスなルメリア+スラヴ系女声を実にワールド・ミュージック的な感覚で聞かせてくれる2017年最新作!¥3650 高い !? というわけで、只今個人的にぞっこん中なんですが、マ …

続きを読む>

JANO BAND / 2 LERASIH NEW

出ました!エチオピアンROCK、ジャノ・バンドのセカンドです!>前作デビュー・アルバムはビル・ラズウェルのプロデュースでした。アディス・アベベの6人組(まだ若そうです)ギター&キーボード・バンドの18年作です。リーダーはヴォーカル / フロントのアディス・ゲセッセ。エチオピアや少々ソマリアのメロ&ビート使いを、メタルギター&エレクトロROCKに乗せて、ドッカ …

続きを読む>

CHAI MUANGSINGH / POH KAE MAE THAO

70年前後の録音かと思われます。 タイのアラン・ドロン(って、このジャケの写真、全然ドロンっぽくはありませんが)、チャーイ・ムアンシン未だ現役(車椅子でステージに登場するそう)、ワイポット同様、初期ルークトゥンの時代から今もって活躍する大御所です。 こちらは、メーマイのコレクションですが、別ジャケ(茶色系)でもリリースされているのでご注意を。

続きを読む>

HIEN THUC / SUNFLOWER

1981年生まれのヒエン・ヒエン・テュック、既に10歳の頃から歌い始めた早熟の歌手だったそうです。CDデビューは2000年、そしてこの08年のベスト・コレクション2CDに収録されている曲は00〜07年の間にリリースされた8作のアルバムからのヒット曲ということになります。 CD 01 01 Anh Có Buồn Không (Minh Vy) 02 Ngày …

続きを読む>

FEMI KUTI / ONE PEOPLE ONE WORLD

どうしてまた、異母弟シェウンと同時期の発売なのか?どうぞ、較べて聴いてくれ、ということなんでしょうか? ま、もはや、そういうことでもないかのも知れなくて、2015年にはとうとう、シェウンと同じステージに立ったフェミですから、既にいろいろと、整理(?)はついているはず。そうそう、ジャケ写の顔もどうですか、この円熟味…、そして、この4年半ぶりの新作、 …

続きを読む>

SEUN KUTI & EGYPT 80 / BLACK TIME

4年ぶり、シェウン・クティの新作です! 前作同様プロデュースはロバート・グラスパー(というのは音もはもない噂?)。話題としては、表題曲 “BLACK TIME” にカルロス・サンタナがギターで参加しています。かといって何かが変わるわけでもなくて、要するに、タフなヴォイスとヘヴィーな前傾グルーヴに翳りはありません。時に、アレンジのあり方 …

続きを読む>

SENGNAPHA DALANOY / SAO-BAN-NA-YONG-KOY

神奈川のHさん&アメフォン柳川さんのバッティング買付け品です〜感謝!現地ショップのおばちゃんの呼び方は、“セーンナパー” と聞こえるそーです。言うまでもなく、当店的に推している実力もサリ気なさも第一級と見ているラオスPOP女性歌手、しかも裏表、水牛ジャケです(そこは推しどころか?)。全編ミディアム・アップの飾らないラオ歌謡ナンバーが淡々と軽快に並ぶだけ、オル …

続きを読む>

go top