V.A. / CLUB COCO

スイスはジュネーブのインディ・レーベル、ボンゴ・ジョーから、2021年リリースのトロピカル・ダンス・ミュージック・アンソロジー。これまでビーンズ国内盤CDを通じて紹介もされているパナマ出身でコスタリカで育ったカリプソ・シンガー・ソングライターのウォルター “ガンビット” ファーガソン、あるいはモーリシャスやレユニオンのヴィンテージ・セガを収めたコンピレーショ …

続きを読む>

V.A. / IVORY COAST SOUL 2

  60年の独立、60〜70年代にかけて年平均8%、アフリカでは異例の驚異的経済成長を続け「イボワールの奇跡」とも呼ばれたアイヴォリー・コースト / コート・ジヴォワールですが、この時期、その首都アビジャンは西アフリカ、中部アフリカ音楽の拠点となっていたことは周知の通り、そんな中で生まれたアフロファンク、アフロソウル、アフロビートの波は80年代初頭 …

続きを読む>

LAS MARAVILLAS DE MALI ‎/ AFRICA MIA

2019年のリリースですね、 >こちらで紹介されていました。 (無断リンク陳謝&感謝!) 全然気づきませんでしたねえ、まったく、 キューバとバマコで再演新録、旧録も収められています。 映画も、是非、観たいものですねえ… オーヴァーダブ参加の故モリ・カンテ、 最後の録音になるのかも?知れません… *シールドを開け、一回聴いてしまいました …

続きを読む>

QUITAPENAS / TIGRADA

★キタペナス / ティグラーダ カリフォルニア発ラテン!極彩色のトロピカル・サウンド! “QUITAPENAS”  キタペナス、そのバンド名は “心配ごとを取り払う” という意味、そう、彼らのリズミックな感染力あふれるテイストに喝采!このトロピカルなアフロ=ラテン・コンボは、太陽の下、暖かなカリフォルニア生まれ。彼らが持ち出してきたのは懐古的、か …

続きを読む>

MICHEL PINEIRO / VOYAGE

ティケン・ジャー・ファコリーのデビュー時からそのバックバンドのバンドマスター、トロンボーン奏者、バックヴォーカリストだったミッシェル・ピネロの新ソロアルバム。もともとアフロ・サルサの人なので、十数人のビッグバンドを従えてのアフロ・キューバンアルバムです。

続きを読む>

RY-CO JAZZ / RUMBA’ ROUND AFRICA

こちらはフレンチ・カリブへの渡航定住以前、 コンゴはおろか西アフリカ全域にツアーし 人気を誇ったライコ・ジャズの1960年代録音集!>★ RETROAFRIC のカタログです! 1 Bana Ry-co 2 Mambo Ry-co 3 Veronica 4 Caramba Da Ma Vida 5 Cunvana 6 Ry-co Band 7 Mambe 8 …

続きを読む>

AFRICANDO / MARTINA

アフリカ音楽ファンのみならず、ラテン・ファンにもオススメしてみたいセネガルはアフリカンドの新作スタジオ録音です。セクーバ・バンビーノはじめとする面々のヴォーカルはいつも通りの好調ぶりですが、そこにイスマエル・ロー、エメネヤ・ケステール、ニボマあたりが参加しているのは、まあ、当然?としても、驚くのはNYサルサの面々が参加していることで、アダルベルト・サンティア …

続きを読む>

V.A. / AFRO-LATIN VIA COTONOU

これは珍しい!ベニンのキューバン・ラテン系トラック全28曲~おそらく70年代後半から80年代の音源からの選曲でしょうね。うちニョナス・ペドロ「ジリジリ・ボン」カヴァーやポリ・リトモのNYラテン・スタイル(絶品!)、あるいはベニンのミスター・ハイライフことイグナス・デ・ソーサ率いたブラック・サンティアーゴ 等はともかくとして、ほか知らないアーティストばかり!ス …

続きを読む>

V.A. / AFRO-LATIN VIA CONAKRY

真打ち登場という感じでしょうか?商売人イブラヒム・シラールが本気を出したともされる(!?)アフロラテン・シリーズ / ギニア=コナクリ編の登場です!で、もちろんシリフォン音源のベンベヤやケレティギ、ジャルダン・ドゥ・ギネー、パイロート、ホロヤバンドほかによる60~80年代の素晴らしいアフロラテン系トラックがぎっちり収まっているわけですが、~ケベンド・ジャズの …

続きを読む>

go top