ENZO GRAGNANIELLO / LO CHIAMAVANO VIENT’ ‘E TERRA

70年代後半デビューのナポリターノ/ヴェテラン・カンタトゥーレ / あのロベルト・ムローロに歌を提供したこともあるエンツォ・グラニャニェッロ65歳の新作です。シブイ、だけでなく、ナポリターノにロック的な感覚やレゲエっぽいビートを然りげ無く盛り込み自然、ラップ調まで披露しています。ただ歳とっただけ、というのとは違いますね。ジャケ写は若い頃の写真でしょうか? 1 …

続きを読む>

MIMMO CAVALLARO / CALANCHI

      南イタリアはカラブリアのSSW、 ミンモ・カヴァラーロ4年ぶり新作。 〜SSWといっても、口伝の現地民謡をアレンジ& 解釈する音楽作法は変わらず。カンブリア民俗の 伝導者であり、カンタトゥーレとしての渋い一作!

続きを読む>

ROBERTO MUROLO

1912年生まれ、2003年に亡くなったナポレターナを代表する大歌手ロベルト・ムローロ。本作は、ギター弾き語りによる1956年の10インチ盤『Roberto Murolo e la sua chitarra (5° selezione di successi)』(Durium, ms Al 545)を、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めるリイシューです …

続きを読む>

CANZONIERE GRECANICO SALENTINO / QUARANTA

南イタリア、サレントを代表するトラッド・グループ、カンゾーニエレ・グレカーニコ・サレンティーノ1977年から数えて18作目の2015年作初入荷となります(見逃していました)。表題 “クァレンタ=40” は結成40周年にかけてのタイトルでしょうね、たぶん。 アレンジ&ディレクションには>こちら 同時リリースのTARANTULA PROJ …

続きを読む>

LUDOVICO EINAUDI, TARANTA PROJECT

南イタリア、サレントの作曲家、ピアニストにして、サレントに有名な “La Notte della Taranta” =タランテッラ・フェスティヴァルの音楽監督でもあるルドヴィコ・イーナウディによる “タランタ・プロジェクト” 2015年作初入荷です(見逃していました…)。タランテッラといえば、南イタリアの舞踏音楽〜タランチ …

続きを読む>

ANTONIO CASTRIGNANO / FOMENTA ILENU DE TARANTA

これは見逃していました…。2013年のタランテッラ・アルバム by アントニオ・カストリニャーノの3作目(プッリャ州サリーチェ・サレンティーノ在、2006年デビュー)だそう。でもって、プロデュースはあのトルコ出身のスーフィー音楽家、メルジャン・デデ!ということで、これまでにないような音の輪郭のタランテッラに出逢えたような気がします。大きいタンバリ …

続きを読む>

SANCTO IANNE / SCAPULA’

南イタリア2001年結成~地中海の香り高いミクスチュアー・バンド/セカンド・アルバム新作です。ギター類x2、アコーディオン、ヴァイオリン、パーカッション&ベース、ヴォーカルの、それぞれ相応の活動歴があると思われる6人組で、アコースティックながらパンチのある演奏、いかにもの地中海声で男臭いパフォーマンスを聞かせるヴォーカル、タランテッラのビート、北アフリカやマ …

続きを読む>

ROSAPAEDA / IN FORMA DI ROSA 

★ロサパエダ / 薔薇のかたちで 地中海の恵みを受けた、摩訶不思議なマルチ・エスノ・ミュージック! 南イタリアはプーリア州バーリの街に生まれ、今もそこを拠点に活動する女性歌手、ロサパエダ。本作は日本初登場となる彼女のサード作で、豊かな表情を持つ歌声と、アコーディオンやタンバリンなど多彩な楽器群により、南イタリアの伝統舞曲を核に、アラブ音楽やバルカン音楽、アフ …

続きを読む>

go top