MIMMO CAVALLARO / CALANCHI

      南イタリアはカラブリアのSSW、 ミンモ・カヴァラーロ4年ぶり新作。 〜SSWといっても、口伝の現地民謡をアレンジ& 解釈する音楽作法は変わらず。カンブリア民俗の 伝導者であり、カンタトゥーレとしての渋い一作!

続きを読む>

ROBERTO MUROLO

1912年生まれ、2003年に亡くなったナポレターナを代表する大歌手ロベルト・ムローロ。本作は、ギター弾き語りによる1956年の10インチ盤『Roberto Murolo e la sua chitarra (5° selezione di successi)』(Durium, ms Al 545)を、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めるリイシューです …

続きを読む>

CANZONIERE GRECANICO SALENTINO / QUARANTA

南イタリア、サレントを代表するトラッド・グループ、カンゾーニエレ・グレカーニコ・サレンティーノ1977年から数えて18作目の2015年作初入荷となります(見逃していました)。表題 “クァレンタ=40” は結成40周年にかけてのタイトルでしょうね、たぶん。 アレンジ&ディレクションには>こちら 同時リリースのTARANTULA PROJ …

続きを読む>

LUDOVICO EINAUDI, TARANTA PROJECT

南イタリア、サレントの作曲家、ピアニストにして、サレントに有名な “La Notte della Taranta” =タランテッラ・フェスティヴァルの音楽監督でもあるルドヴィコ・イーナウディによる “タランタ・プロジェクト” 2015年作初入荷です(見逃していました…)。タランテッラといえば、南イタリアの舞踏音楽〜タランチ …

続きを読む>

ANTONIO CASTRIGNANO / FOMENTA ILENU DE TARANTA

これは見逃していました…。2013年のタランテッラ・アルバム by アントニオ・カストリニャーノの3作目(プッリャ州サリーチェ・サレンティーノ在、2006年デビュー)だそう。でもって、プロデュースはあのトルコ出身のスーフィー音楽家、メルジャン・デデ!ということで、これまでにないような音の輪郭のタランテッラに出逢えたような気がします。大きいタンバリ …

続きを読む>

go top