OOLDOUZ POURI / WAITING FOR THE DAWN

イラン最大の少数民族(全体20%)だというアゼルヴァイジャン系トルコ人の出自を持つテヘラン生まれの女性歌手によるノルウェイJAZZ系レーベル録音…という複雑な経緯、というか背景(?)から生まれたCDですが、その音楽性は意外と平明、と言うべきでしょうか? なるほどトルコのアゼリ系民謡に聞けるような芯を感じさせる女声の繊細な節づかい&透明な歌い口(ペ …

続きを読む>

JOSIN / IN THE BLANK SPACE

ケルン生まれ、母は韓国系、父はドイツ人、両親はふたりともオペラ歌手だそうです。14年にシングル・デビュー、その後16〜18年に7インチ/12インチ/CDsingleをリリースしていますが、それらの録音を含むファースト・アルバムとして、こちらがリリースされました。なので5年近くかけて制作されたデビューCDということに。ややもって四つ打ち系だし、エレクトロニカだ …

続きを読む>

DUB COLOSSUS/ DOCTOR STRANGEDUB

☆ダブ・コロッサス/ドクター・ストレンジダブ エチオピア×ジャズ×レゲエ&ダブ! さらに交配が進むダブ・コロッサスの最新作が登場!  UKが誇るマルチ音楽家ダブラー(TRANCE-GLOBAL UNDERGROUND/TEMPLE OF SOUND)がプロデュースするプロジェクト・ティーム、ダブ・コロッサスは2008年の『イン・ア・タウン・コールド・アディス …

続きを読む>

CHEIKH SIDI BEMOL / GOURBI ROCK

在仏カビール系アルジェリアンの作詞作曲家にして風刺画家のシェイク・シディ・ベモル、ことオシン・ブーケラの作です(ORCHESTRE NATIONAL DE BARBES のリーダー格、ユセフ・ブーケラの実兄で、ONBにもたびたび曲を提供しています)。まあ、変わった人ですねえ。当店にも入荷していた13年作はアルジェリアの船乗り歌(のようなもの?創作的出鱈目 ミ …

続きを読む>

STAVROS XARHAKOS / THE BEST OF

ギリシャを代表する作曲家の一人、60年代の初めから活躍、主に映画音楽作家として知られるスタヴォロス・ハルハコス(1939-)のブズーキ演奏を主体としたベスト盤CD〜Lyra, Music-Box, Minerva 等の音源から、編集されています。>☆ 1 Oniro Demeno 2 Argo Zeibekiko 3 Diplopenies 4 Matia …

続きを読む>

SOLJU ‎/ ODDA AIGODAT (New Times)

Hildá Länsman – laulu, joiku Ulla Pirttijärvi – laulu, joiku Teho Majamäki – percussion Samuli Laiho – keybord >☆ フィンランド北部のサーミ人 / 伝統歌謡としては欧州最古ともされる自然礼賛歌唱 “ヨイク” の歌い手、母娘ヴ …

続きを読む>

DAKHA BRAKHA & PORT MONE / KHMELEVA PROJECT

ウクライナのネオ・トラッド系女性コーラス・グループ(蛇腹やチェロや各種笛、打楽器等を操りながら、地声の歌&コーラスや鳥や動物の鳴き真似やら何やらを聞かせる女性3人、プラス、たまにダミ声や叫び声やファルセットを交える男性による4人組〜)とベラルーシのポスト “エスノ”ジャズ(?)トリオ、ポート・モネ・トリオ(打楽器奏者&ベース&アコーデ …

続きを読む>

TSAZIKEN / MACHNATY

〈恥ずかしがらずに、大声で、カジュアルに!〉が合い言葉! 世界の様々な歌声が楽しめる女性ポリフォニー・コーラス! 多様なルーツを持つ複数の女性たちによって結成されたツァチケンは。世界中の伝承歌を騒々しく、かつ楽しくアレンジして聴かせるポリフォニー・コーラス・グループ。2005年にドイツで結成され、現地のワールド/フォーク系フェスティヴァルなどに出演し活動して …

続きを読む>

V.A. / THE ROUGH GUIDE TO WOMEN OF THE WORLD

アジア〜欧州〜アフリカまで!世界で活躍する女性音楽家たちばかりを集めた画期的なコンピが登場! ワールド・ミュージック・シーンの中心にいるのは、やはり華やかなイメージを持つ女性アーティストたちだ。本作は現在世界で活躍する歌手や演奏家の中からもっとも輝いている女性たちをチョイスしたコンピレーションだ。インドネシア・スンダ地方で活躍するバンド〈サンバスンダ・クィン …

続きを読む>

CARMINHO / MARIA

当店人気のファド女性歌手、カルミーニョ新譜5作目となります。前16年末の作はトム・ジョビンの作品集にて、ファドのみならず広いファン層に訴える作品となりましたが、本18年末の作は再びファドに特化したスタイルを聞かせます。冒頭、自作のファド、しかもアカペラで始まるところ、気合入ってますねえ、で、おおむねギターラ&ギターのみのバックによるオーソドックスと聞こえるフ …

続きを読む>

go top