SHIRLEY COLLINS / AN INTRODUCTION TO SHIRLEY COLLINS

★イントロダクション・トゥ・シャーリー・コリンズ イギリスの老舗トピック・レコードのUKフォーク入門に最適な編集盤シリーズ〜2016年に約40年ぶりの新作をリリースし復活を果たしたUKフォークを代表する女性歌手シャーリー・コリンズ。彼女が話題となっている今、初めてその歌を聴きたいという入門者に最適な編集盤がイギリスの老舗レーベル、トピックから登場した。伝承歌 …

続きを読む>

ENSEMBLE MOSHTAQ / TAMBOUR INOPINE

  久々の再入荷!前作「14 Cheerful Pieces」も素晴らしかったアンサンブル・モシュタックの2014年作。 アンサンブル・モシュタックはパリのペルシャ音楽のユニット。今作はリーダーのレザ・ガッセミによる、現政権によって拒否されつつあるイラン伝統音楽の素晴らしさを伝える試みのひとつで創作古典のようです。テレラマ誌に絶賛されたペルシャ古典 …

続きを読む>

V.A. / TOPIC RECORDS, THE REAL SOUND OF FOLK MUSIC

★V.A./トピック・レコーズ~ザ・リアル・サウンド・オヴ・UKフォーク イギリスの老舗トピック・レコードのUKフォーク入門に最適な編集盤シリーズ 創業70年を越えるイギリスの老舗レーベル、トピック・レコーズ。伝承歌の担い手から60年代のリヴァイヴァリスト、21世紀のUKフォークを担う若手までを紹介してきた同社の歴史はUKフォークの歴史と等しい。本作はトピッ …

続きを読む>

KRIES / SELO NA OKUKE/VILLAGE TRACKS

クロアチアから登場したバルカン・トラディショナル・ロック・バンド! クロアチアの古い方言で焚き火を意味する言葉をバンド名とした7人組バンド、クリエスのワールド・デビュー・アルバム。00年代前半に結成されたクリエスは現地のインディ・ロック・シーンの若手によるオルタナティヴ・ロックの香り溢れるギター・トリオに、パグパイプと擦弦楽器リイェリツァ、打楽器タパン、そし …

続きを読む>

MOH! KOUYATE / FE TOKI

1977年にギ二アのコナクリでグリオのファミリーのもとに生まれ、現在はパリを拠点に活動するシンガー・ソングライター/ギタリストのモオ!クヤテ〜モオ!(とエクスクラメーション・マークが入るところも憎い)。ベンベヤJAZZ、殊にMr.ダイヤモンド・フィンガー、ソリ・カンディア・クヤーテを聴いて憧れたそう。その後、ジョージ・ベンソンにも憧れたそう(…)。その後、パ …

続きを読む>

MARTA PEREIRA DA COSTA

★マルタ・ペレイラ・ダ・コスタ/ポルトガル・ギターの女神 ポルトガル・ギター・シーンにアイドル誕生!? 豪華ゲストにも注目の世界デビュー作! 最近ではファド以外にも使われるようになったギターラ・ポルトゥゲーザ(ポルトガル・ギター)は、これまではほぼ男性のみが演奏してきた楽器だが、美貌の女性ギターラ演奏家マルタ・ペレイラ・ダ・コスタが登場し、いま大きな話題にな …

続きを読む>

SAZ’ISO / AT LEAST WAVE YOUR HANDKERCHIEF AT ME – THE JOYS & SORROWS OF SOUTHERN ALBANIAN SONG

★サズイソ/せめてハンカチを振って~アルバニア南部の歌 ジョー・ボイド・プロデュース 欧州最後の秘境アルバニアで生き長らえてきた伝統音楽サズを記録した驚きの新録作品 〜「絶え間なく続く狂気の沙汰に、休みを与えてはどうだろう。そしてこのアルバニア南部のディープ・ソウル・アルバムで一息つこうじゃないか。」 byライ・クーダー ヨーロッパ最後の秘境バルカン半島アル …

続きを読む>

ENRIQUE MORENTE / CANTE FLAMENCO

現代フラメンコにおける、もっともアーティスティックなカンタオール(歌い手)の一人、エンリケ・モレンテ(若手スター、エストレージャ・モレンテの父親でもある)。元来、フラメンコの家系出身というわけではなかった彼は、若き日より古典に耳を傾け、当時健在であった巨匠たちと直に接することでカンテの研究を重ねてきました。フラメンコ世界の拡張にも意欲を燃やすモレンテですが、 …

続きを読む>

CARMELILLA MONTOYA / HOMENAJE

3歳から40年以上も歌い踊ってきた体中にフラメンコのエネルギーが溢れるアーティスト、カルメリージャが自己の活動を集大成したアルバム、2011年作。 多くのフラメンコ・アーティストを輩出している名門モントージャ一家に生まれ、カマロンやパタ・ネグラとも活動してきた本物なので、伝統をもちろん尊重していますが、エレキ・ベースやキーボード、ピアノ、ドラムなども活躍する …

続きを読む>

DIEGO CLAVEL / A MIS HERMANOS 

1946年生まれのベテラン男性フラメンコ歌手ディエゴ・クラベルによる2014年作。重量感があって、泣き節でもベタついたところのない歌声は、これぞフラメンコなソウルです。クラベルをもり立てる、アントニオ・カリオンとマヌエル・エレーラの力強いタッチのギターがまた、素晴らしい! マラゲーニャ、ファンダンゴなどの曲集別CDシリーズも発表しているクラベルですが、全24 …

続きを読む>

KHEVRISA / EUROPEAN KLEZMER MUSIC

ヴァイオリン、ツィンバロム(ハンマー・ダルシマー)、コントラ・フィドルによるヨーロッパ各地(&モルドヴァ)のクレズマー音楽再現アルバム(〜19世紀のクレズマー作曲家、Mikhl Guzikow & Avram Moyshe Kholodenko らの曲を演じています)。 I. Suite In A Minor, A Freygish, D Freygish, …

続きを読む>

LISA KNAPP / TILL APRIL IS DEAD, A garland of May

    シャーリー・コリンズとアン・ブリッグスをこよなく愛す、元ヒップホップ好きの若き女性(といっても30代後半?)、サウス・ロンドン出身の女性歌手、リサ・ナップによる新作(サード・アルバム)です。イイ声してますね、で、前2013年作に比べると、少しばかりエキセントリックなムードの曲も(でもアカペラ本格派バラッドもあり)、好み別れるところ …

続きを読む>

DAPHNE’S FLIGHT / KNOWS TIME, KNOWS CHANGE

フィーメイルUKフォークの至宝5名が集結したスーパーグループが奇跡の再集結! ブリティッシュ・フォーク界の5人の女性SSWによるヴォーカル・グループ、ダフネズ・フライトが、およそ20年ぶりに再始動、新作をリリースしました。クリスティーヌ・コリスター、メラニー・ハロルド、ジュリー・マシューズ、ヘレン・ワトスン、クリス・ホワイルの5名はそれぞれ、70~80年代か …

続きを読む>

AQUABELLA / JUBILEE

★アクアベーラ/ジュビリー 世界の様々な歌を現地の言葉で聴かせる女性ポリフォニー・コーラス・グループ! ドイツ・ベルリンを拠点に活動するア・カペラ・グループ、アクアベーラの日本デビュー作。メンバーを入れ替えながら長年に渡って活動してきた彼女たちは、世界の様々な伝統曲やポップスなどを現地語のまま歌う事をポリシーにしてきた。本作はデビュー20周年を記念して発表し …

続きを読む>

go top