DIMITRIS LAMBOS / MI SE FOVISEI I AGELI

全然、知らない人でした。 名門 Lyra (2007年に売却され、Legend 傘下となってしまったようですが)から、2010年にリリースされた男性SSWの作です。その後のアルバムもその前のアルバムも確認できません。ゲストに Vangelis Markantonis, Stathis Drogosis, Dimitris Panagopoulos, Mano …

続きを読む>

TAKIS BOUGAS ‎ / APÓPSE ÓLA THA S’TA PO

1 –Δημήτρης Μητροπάνος / Μυαλό Δε Θα Βάλει 4:32 Lyrics By – Γιώργος Παυριανός 2 –Χρήστος Δάντης /  Απόψε Όλα Θα Σ’ Τα Πω 3:52 Lyrics By – Γιώργος Παυριανός 3 –Ελένη Δήμου / Δ …

続きを読む>

MICHALIS MENIDIATIS / TO SCHOLEIO TIS VIOPALIS

奇跡の新品入荷! 昔のギリシャCDなので、 シールドはないんですが、 オリジナル新品を示す封が 真新しく残ってますネ! ミハリス・メンディアティス (1932-2012)1957年レコーディング ・デビュー、その後、 兄とナイトクラブ経営、 50〜60年代ライカの発展に貢献〜 自身、クラブ経営をこなしながら 90年代まで歌い続けました。 本盤は1975年作オ …

続きを読む>

GLYKERIA / TA THEMELIA MOU STA VOUNA

ギリシャのヴェテラン人気女性歌手(ハリス・アレクシーウの二つ年下)=グリケリアの08年新作は、ギリシャを代表する作曲家の一人=ミキス・テオドラキス作品を歌い綴る2枚組スタジオ録音です。ライカ(ギリシャの現代歌謡)のみならず、ギリシャ各地の民謡から古いレベーティカまで、さまざまなギリシャならではの歌をつづり続け、今や指折りの“ギリシャの声”として、広く欧州や近 …

続きを読む>

YANN-FANCH KEMENER / ROUDENNOU, TRECES

ブルトン語の響きの美しさを堪能 つい先日亡くなったブルターニュ・トラッドの歌手/ケルト文化研究家、ヤン・ファン・ケメネール。本作は消滅の危機に瀕した少数言語『ブルトン語』の詩歌へのオマージュ作品集(フランス語も含む)です。ギターやヴァイオリン、ハープ、アコーディオンなどのノスタルジックな音色と共に朗読される古い詩や伝承歌の響きは心落ち着くだけでなく、民俗学的 …

続きを読む>

MARIA ELENA PENA / CON EL COMBO DE FRANCO LAGANA

ボレロ系のベテラン女性歌手として、2010年代にもアルバム>『ENTRE BOLERO Y CAFE』をリリースしていたマリア・エレーナ・ペーナ。彼女は1967年に、レナート・カロゾーネのギタリストとして57年にキューバを訪れ、80年代に亡くなるまでキューバで活躍したイタリア人ミュージシャン、フランコ・ラガナーのコンボに加入したとのことで、これはその当時の録 …

続きを読む>

MELINA KANA / JUKE BOX

    非シールド品ですが新品です。 小会場ライヴで、往年のライカ名曲を “ジュークボックス” みたいに歌い綴ります。 淡々とした名唱を聞かせます。 メリーナ・カナの04年作!

続きを読む>

PEGGY ZINA / ELA

最近聞かなくなってしまった “モダーン・ライカ” の女性スタア、前作は2015年だったので、3〜4年のインターバルを経ての新作ということに。1975年アテネ生まれ、1995年CDデビュー、本作が14作目となるそうです。 ところで、”モダーン・ライカ” という名称はこのペギー・ジナやアンナ・ヴィッシ、あるいは男性 …

続きを読む>

ANNE BRIGGS

☆アン・ブリッグス /アン・ブリッグス(2019年リイシュー)  レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジも、フェアポート・コンヴェンションのサンディ・デニーも恋をした、「英国フォークの永遠の恋人」アン・ブリッグスのファースト・アルバムが、2019年で創業80年を迎えた英国の名門レーベル、トピック・レコードより特別仕様でリイシューされた。50年代英国を席巻したフ …

続きを読む>

SHIRLEY COLLINS / THE SWEET PRIMEROSES (2019 Reissue)

☆シャーリー・コリンズ /ザ・スウィート・プライムローゼズ(2019年リイシュー) 67年発売のブリティッシュ・フォークのバイブルが『トピック・トレジャーズ』として豪華仕様でリイシュー! 2019年で創業80年を迎えた英国の名門レーベル、トピック・レコード。この記念すべき年を祝し、当レーベルからリリースされた屈指の名盤たちが『トピック・トレジャーズ』としてリ …

続きを読む>

ZOZEF KORINTHIOU / CHAVAGIES ME TON ZOZEF KORINTHIO NO.1

  『わたし、ゾセフ・コリンティオともにハワイ NO.1』というタイトルのCD。主に1950年代に活躍したギリシャのスライド &スティールギター奏者、ゾセフ・コリンティオのSP/シングル録音復刻集CDです(もう一人のスティールだかスライド・ギターが聞こえて、多重録音かも知れませんがツイン・リードです)。リズムはタンゴとか、ハバネラ、ワルツな …

続きを読む>

POLY PANOU / SIMERON

ポリィ・パーヌ(1940-2013)、 ブズーキ奏者にして作曲家、 グリゴリス・ビティコツィスに見出され、 13歳の頃から歌い出し、 50年代半ばから多くのシングルをリリース、 こちらは1971年リリースLPの復刻CDで、 1960年代のシングル録音集になるかと。 レベーティカと交わるライカの揺籃から生まれ、 21世紀、00年代の終わりまで、 歌い続けた女性 …

続きを読む>

V.A. / 1929-1939 POLSKIE TANGO, OLD WORLD TANGOS VOL.3

☆V.A./世界のタンゴ 第3集~ポーランド篇 知られざる戦前ポーランドの歌謡タンゴの世界が明かされる! 19世紀にアルゼンチンで生まれたタンゴは前世紀初頭には欧州に伝わり、ダンス音楽としてのみならず、独自の歌うためのタンゴとしても各国で発展をみせた。中欧の国ポーランドでも例外ではなかったが、18世紀後半から周辺諸国に分割された同国は2つの世界大戦の間に急速 …

続きを読む>

go top