ARETI KETIME / ME TIN FONI TIS ARETIS

アレッティ21歳のファースト・アルバム! しかし、シャンテルとの共演以来、 もう3〜4年ぐらい音沙汰ないなあ、と思っていたら、 なんか、15年以降、 子供向けの舞台にずっと出演していたそう。 そろそろ、新作が欲しいですねえ… 帝王ダラーラスのツアー・メンバーに抜擢され、コーラス、そして打弦楽器のサントゥーリ(ツィター)でダラーラスをもり立てて来た …

続きを読む>

THANASIS PAPAKONSTANTINOU, SOKRATIS MALAMAS / ME STOMA POU GELA

1959年生まれ、1992年デビュー、元テッサロニキでスタジオ・エンジニア、楽器修理に従事していたタナシス・パパコンタンティヌーと、1957年生まれ、1989年デビュー、マケドニア地方のハルキディキ生まれ、その後、家族でドイツに移住するも、長じて帰国、テッサロニキでニコス・パパゾグルーにギターを習い、音楽の道へ入ったソクラティス・マラーマス。テッサロニキに住 …

続きを読む>

LOUDOVIKOS TON ANOGION /GREMO DEN EHOUN TA POULIA

ルドヴィコス・トン・アノギオン1951年にクレタ島の山間の村で生まれ、育ったそうです。珍しくもマンドリン(マンドーラのようにも見えますが)を弾き語るSSWです。デビューはマノス・ハジダキスがクレタを訪れた際に歌を聞いてもらい認められたところからスタート、1985年にデビューアルバムをリリースしています。ということで、こちら06年作は、あのマリア・アナマテルー …

続きを読む>

KRISTI STASINOPOULOU ‎/ STI LIMNI ME TIS PAPAROUNES

クリスティー・スターシノプールの1992年作のセカンド・アルバム久々の再入荷です(デジパック盤)。ユーロ・トラッド/ギリシャ・ポップ・マニアの間では、既に廃盤になって久しい幻の名作(タイトルは『ユリの咲く水辺』といった意味)ということになっているかと思います。資質として、ライカ~グリーク演歌系ではなくて、地中海ケルト? とでもいった感じの女性SSW、クリステ …

続きを読む>

ALTAN / THE GAP OF DREAMS

☆アルタン / ザ・ギャップ・オブ・ドリームス 〜来日記念盤>☆ アイリッシュ・トラッドの最高峰バンド「アルタン」。 2018年新作はドニゴールのバンドという本来の立ち位置に戻り、ほぼメンバーのみで作られたアルバム。力強く、素朴で美しい、アルタンの真の姿がここにある。(メーカーインフォより) 1. ザ・ギャップ・オブ・ドリームス/ニアのジグ/養蜂家 2. 睦 …

続きを読む>

TRAD. ATTACK ! / KULLAKARVA・SHIMMER GOLD

☆トラッド・アタック! / シマー・ゴールド <エストニア音楽祭2018> 聴け、今のエストニアを! 2018年。エストニア独立100年の記念年に、ヨーロッパ全域に大きな影響を与えている3組のアーティスト、トゥーリキ・バートシク、マリ・カルクン、トラッド・アタック! の来日が決定。 北海道・長野・東京・愛知・三重・兵庫・島根・大分・沖縄で 全国公演を行う。 …

続きを読む>

MARI KALKUN / ILMAMOTSAN

☆マリ・カルクン / 森の世界の中で 聴け、今のエストニアを! 2018年。エストニア独立100年の記念年に、ヨーロッパ全域に大きな影響を与えている3組のアーティスト、トゥーリキ・バートシク、マリ・カルクン、トラッド・アタック! の来日が決定。 北海道・長野・東京・愛知・三重・兵庫・島根・大分・沖縄で 全国公演を行う。 マリ・カルクンは南エストニアにルーツを …

続きを読む>

ANTONIS MARTZAKIS / MIKRI MOU LEMONIA MOU

HPにUPしようと、カウンターの上に置いておいたCD7枚が、またたく間にジャケ買いで売り切れ寸前…クレタ島のヴァイオリン弾き語り髭男、アントニス・マルツァキスの2018年新作です。風貌通りのシブイ民謡 / 島唄、キッチリ聞かせてくれますよ!>こちらで紹介されています(無断リンク陳謝&感謝!) 1. Inta hete gyrou gyrou (R …

続きを読む>

YOM / YOM BY YOM

仏在クレズマー・クラリネットの新王ヨム、 2018年新作はこの10年の 集大成的2枚組大作! 今年初夏には来日もありました。 〜オリジンはトランシルヴァン・ ジューイッシュとのことです。 “10 years of projects, groups, tours, rehearsals and records as Yom… 10 ye …

続きを読む>

CUNCORDU E TENORE DE OROSEI / NOVAERA

サルデーニャの男声ポリフォニー5人組。カウンターテナーと喉声(ホーミー?)も使い、サルデーニャの聖歌と俗謡をアカペラで聞かせます。重低音部の野趣溢れる裸の和声が心に響きます。1曲ジャズ・トランペット奏者パオロ・フレス参加。さらに1曲、ジャズやクラシック、アヴァンギャルド界隈を行き来するチェリスト、エルンスト・レイスグルが参加。 1. VOCHE SERIA …

続きを読む>

KONSTANTINA PALLA / ONIRA

ギリシャ最大手レーベル、ミノスから期待の新人女性SSWがデビュー!と、言いたいところですが、本当のところちょっと違いますね。 最大手レーベルたるもの、こんなマイナーポエット? 渋いと言っても過言ではない若手女性SSWのデビュー作を出していいのか? とお尋ねしたい。いったいギリシャって、どーゆー国なんだ? ということですね…。 巷では “ギリシャ化 …

続きを読む>

NATASSA BOFILIOU / BELLE REVE, Live

ナターサ・ボフィリウの2枚組ライヴ・アルバムです。作曲はジェラシモス・エヴェンゲラートス&セミス・カーラモラティディスが作詞という、ナターサをバックアップする不動のコンビネーションから生まれた全28曲を歌い綴ります。ボーナス6曲は人気歌手が次々と登場するFM番組 ” Diesi In Concert” におけるスタジオ・ライヴ収録曲で …

続きを読む>

DOXA KAGIOULI / AGALIANA

ドクサ・カユーリ、ピアニストで女流作曲家のデビューCDですね(6曲収録のミニ・アルバムですが)。自ら歌っているのは3曲(うち1曲は男性ヴァシリス・ギザーキス〜ケルキラ島出身の男性歌手とのデュオです)。注目は>マーサ・フレンツィラ参加の1曲。当店的にはとても評価の高い女性歌手なのですが、全然最近音沙汰無し。こんなところで、出会えるとは!しかも素晴らしいトラッド …

続きを読む>

go top