BARO DROM ORKESTAR / GENAU !

〈パワー・ジプシー・ダンス〉を標榜する小編成バンド! イタリアはフィレンツェ発のバロ・ドロム・オルケスターはヴァイオリン、アコーディオン、ベース、ドラムズの4人組。クレズマー、バルカン音楽、アルメニア音楽とピッチカ(イタリア・サレント地方に伝わる伝統的な踊り)の要素を混ぜ合わせた〈パワー・ジプシー・ダンス〉を標榜した独自のミクスチュア・ダンス音楽を奏でる若手 …

続きを読む>

ROSALIA / LOS ANGELES

またまたスペイン、バルセロナから、ちょっとハッとするような女性歌手が登場!その名はロサリオ、プロデュースは>こちらや>こちらでシルビア・ペレスと共演したラウル・レフレエことラウル・フェルナンダ・ミロ。で、その内容、一応、ギター1本のみの伴奏によるカンタ・フラメンコの女性歌手と言えるでしょうが、感覚が違います。フラメンコの伝統形式で、フラメンコ以外のものを歌っ …

続きを読む>

CANZONIERE GRECANICO SALENTINO / QUARANTA

南イタリア、サレントを代表するトラッド・グループ、カンゾーニエレ・グレカーニコ・サレンティーノ1977年から数えて18作目の2015年作初入荷となります(見逃していました)。表題 “クァレンタ=40” は結成40周年にかけてのタイトルでしょうね、たぶん。 アレンジ&ディレクションには>こちら 同時リリースのTARANTULA PROJ …

続きを読む>

IDIR / ICI ET AILLEURS

フランスを拠点に活動するアルジェリア出身カビール歌謡の重鎮、イディール(1949〜)新作です。各曲、シャルル・アズナブールからフランシス・カブレル、トリヨ、ジェラール・ルノルマン、ベルナール・ラヴィリエ、マキシム・ル・フォレスティエ、故アンリ・サルヴァドール …ほか、いわゆるヴァリエテ・フランセーズの静清たるスター達が曲ごとにイディールとデュエッ …

続きを読む>

LUDOVICO EINAUDI, TARANTA PROJECT

南イタリア、サレントの作曲家、ピアニストにして、サレントに有名な “La Notte della Taranta” =タランテッラ・フェスティヴァルの音楽監督でもあるルドヴィコ・イーナウディによる “タランタ・プロジェクト” 2015年作初入荷です(見逃していました…)。タランテッラといえば、南イタリアの舞踏音楽〜タランチ …

続きを読む>

YURI BUENAVENTURA / PAROLES

ありゃりゃ、最近サルサ、ややもって疎かにしていたもので、この人好きなんですが、この2015年作、思いっきり知りませんでした。なんだか独特な音作りもチラホラのシャンソン・サルサ? しかし、この人の歌、好きですね、基本ができているからこその冒険、けだしフランス産サルサの粋、ということになるでしょうね!というわけで、パナマー出身のアスキータ楽団でヴォーカルをつとめ …

続きを読む>

AMALIA RODERIGUEZ / NO CAFE LUSO

入手困難となっていたアマリアの傑作ライヴ・アルバムがフランスで復刻されているのを発見!ファドの女王アマリア・ロドリゲスの最高傑作(だと思っています)!1955年、リスボンの老舗ファド・ハウス、カフェ・ルーゾにおけるライヴ録音。アマリアが世界的な名声を得る直前の録音であり、ファド復興のキッカケにもなった一夜を記録した貴重な作品。ファドを愛する地元の人々の温かい …

続きを読む>

MARIA DEL MAR BONET / ULTRAMAR 

★マリア・デル・マール・ボネット / ウルトラマール マジョルカの陽光と、カリブの風が混ざり合う。 音楽生活50周年を迎える地中海の伝説的歌姫、初のキューバ録音 ●スペイン地中海岸のマジョルカ島に生まれた女性歌手、マリア・デル・マール・ボネット。「ノヴァ・カンソ」の顔の一人としてだけでなく、地中海に根ざした様々な歌や北アフリカとのコラボレーションを取り上げて …

続きを読む>

LAS MIGAS / VENTE CONMIGO

再入荷しました!これは素晴らしい!ラス・ミガス2016年新譜、見逃してました!久々、スペインから登場のオヤジ殺しアイテム? 2004年バルセロナで結成、当店でも人気のシルビア・ペレス・クルースが在籍したヌエボ・フラメンコ系女性グループ、ラス・ミガス~2010年にファースト・アルバム、その2年後にはシルビアが抜け、新たな女性リードヴォーカル、アルバ・カルモナを …

続きを読む>

SILVIA PEREZ CRUZ / VESTIDA DE NIT

去年のサントラを兼ねていたソロ作『DOMUS』で、スペインのグラミーみたいなゴヤ賞最優秀女性になったそうで、この人の歌手としての人気も定着した観ありますが、そういうことはともかく、この新作、そんな人気をバックボーンに好きなことやりました、という感じが滲みでているところが、これまでのソロ作以上に、プラスαの魅力につながっているかも知れません。 で、その新作のコ …

続きを読む>

MARPHINO / LALANGO – REPUBLICA FEDERAL DE MALPHINO

  2013年のEPに続く最新録音2曲。拠点はロンドン。メンバーはコロンビア人も含む多人種混成。国境の南をイメージした、緩やかなクンビアが描かれていきます。アコーディオンとクレイジーなオルガンの音色だけで酔っぱらいそう。クンビア好きはマスト。 Side A: LALANGO Side B: REPUBLICA FEDERAL DE MALPHINO

続きを読む>

VASEN / BREWED

ヴェーセン / ブリュード ★スウェーデンの伝統楽器ニッケルハルパ、ヴィオラ、そして12弦ギターが絶妙にからみあい、1つの音の生命体となってうねるように突進していく。ヴェーセンは間違いなくヨーロッパの伝統音楽シーンで、もっともカッコいいアコースティック・アンサンブルだ。 ★クロノス・カルテットとの共演を経て、最近ではパンチブラザーズが彼らの楽曲をカバー、スナ …

続きを読む>

SERENDOU / ZINDER

セレンドゥ 「ザンデール 」フランス・ブルターニュとニジェール。 異なる文化の出会いから生まれた、トランス感覚に満ちた、とてつもなく美しいアルバム。2人が奏でる絡み合う笛の音色は、まさに魔法!! ★ブラヴォー!素晴らしいアルバムだ…これこそが求めていたもの…ダイナミックでディープ…満足感で一杯だ…そして素晴らしい調和…全てが素晴らしい!<Trad Magaz …

続きを読む>

L’ORIENT DES GRECS

フランスBUDAの貴重な名作がまとめて再入荷しています! こちらは1930年代のギリシャで制作されたSP盤からの復刻で、トルコから強制送還されてきた楽師達の演奏によるレンベーティカ、チフテテリあどを全22曲収録。ウードやカヌーン、バイオリン、ダフなどを使った音楽はもちろんトルコそのままです。 (下記リンクから一部試聴可能) https://www.amazo …

続きを読む>

LES COSAQUES DE RUSSIE / CHANTS POPULAIRES, CHANTS SACRES

  久々の再入荷! ソビエト連邦時代からロシアを代表する合唱団The Cossacks of Russiaの仏ブダ制作2CD。一枚目はカリンカなど世俗民謡、二枚目は宗教音楽集。声の音域3オクターブ半という強者揃いで、圧倒的な歌声。 Disque : 1 1. La Route Est Longue 2. Le Long De La Peterska …

続きを読む>

go top