MARIA TANASE / MELEDICTION D’AMOUR

☆マリア・タナセ/ルーマニア歌謡の伝説(リイシュー) 〈ルーマニアのエディット・ピアフ〉大スターとなったマリアの全盛期録音集! 1913年に生まれたマリア・タナセは<東のパリ>と呼ばれた30年代のブカレストで、失われつつあったルーマニア各地の民謡をうたう若い歌手として注目を浴び、周辺国だけでなく、ニューヨークやパリでも公演を行った。49歳で亡くな …

続きを読む>

MARIA TANASE / CIULEANDRA

〈ルーマニアのエディット・ピアフ〉全盛期録音第2弾! 戦間期〜戦後のルーマニアを代表する歌姫マリア・タナセの全盛期録音の第2集が登場。1913年に生まれた彼女は<東のパリ>と呼ばれた30年代のブカレストで、失われつつあったルーマニア各地の民謡をうたう若い女性歌手として注目を浴び、周辺国だけでなく、ニューヨークやパリでも公演をおこなった。49歳で亡 …

続きを読む>

MARIA TANASE / MAGIC BIRD – THE EARLY YEARS

☆マリア・タナセ/ルーマニアの歌姫~初期録音集(リイシュー) <ルーマニアのエディット・ピアフ>初々しい歌声の初期録音集!ルーマニアで戦前からジプシー音楽や各地方に伝わる民謡を取り上げ、同国を代表する大歌手となったのがこのマリア・タナセだ。1930年当時<東のパリ>と呼ばれた華やかな首都ブカレストで、失われつつあるルーマニアの古謡をう …

続きを読む>

DAMIA / LA TRAGEDIENNE DE LA CHANSON FRANCAISE

☆ダミア/シャンソンの悲劇女優 シャンソンを象徴する歌手は、やっぱりダミアだった! シャンソンの代名詞とも言える大歌手ダミア。女王エディット・ピアフの先輩であり、お手本でもあったダミアは、シャンソンの歴史の中でももっともディープな歌声聞かせてくれた歌姫だった。「暗い日曜日」などは戦前の日本ですでに親しまれていたが、このアルバムはそんなダミアの生涯の代表作を録 …

続きを読む>

EDITH PIAF / LA VOIX DE LA CHANSON FRANCAISE

☆ エディット・ピアフ/シャンソンの声 シャンソン史上最高の名歌手ピアフの真の魅力に迫った歴史物語の決定版! シャンソン史上最高の女性歌手エディット・ピアフ。その彼女の名唱を集めた極上の編集盤がこれだ。それも選曲は完全に内容重視。「バラ色の人生」のような有名曲ばかりを集めたお手軽な編集盤ではない。初期のウイウイしい歌声から全盛期の名演まで、その録音を年代順に …

続きを読む>

SARA CORREIA

25歳、デビュー・アルバムです。家族に連れられ、3歳からファドハウスに通い、8歳でファドのための詞をノートに書くようになり、13歳でコンテストで優勝、ずっとファドを歌い続けて来たそうです。そして3年間をかけてこのデビュー・アルバムにたどりついたそう(プロデュースはディオゴ・クレメンチ〜カルミーニョの別れた夫…)。このアルバムを作る際にこのサラ・コ …

続きを読む>

EUGENIA MELO E CASTRO / CANTA VINICIUS DE MORAES

ポルトガル出身の女性歌手がヴィニシウスをトリビュート!  ポルトガル出身でブラジルをメインに活躍するベテラン女性歌手の新作は、ご存知ヴィニシウス・ジ・モラエスが関わった楽曲を取り上げた内容。注目は2曲でエグベルト・ジスモンチが参加しているほか、生前ジョビンが残した演奏をフィーチャーした「CANTA, CANTA MAIS」をレパートリにしている点。ボサ・ノー …

続きを読む>

GIORGIO CORDINI / PICCOLE STORIE

1950年ヴェネチア生まれのカンタトゥーレ、 60年代の終わりにマウロ・パガーニと出会い 元PFMのメンバーとなる。 1995年 初ソロ・アルバムをリリース。 本盤は 2015年の7作目、今のところ最近作。 シンプルかつ端正、静かにフォーキーなアルバムです。 ジャケット最高ですね!

続きを読む>

CLARA PEYA / ESTOMAC

☆クララ・ペーヤ / 胃 カタルーニャの異色ピアノ・ポップ・アーティストが、前作『オセアネス』に引き続き“女性”をテーマに、肉体のより内なる面に焦点を当てた、瞑想のポップネス。 ●ビーンズ・レコードよりご紹介している2015年作『ミムルス』(BNSCD-8923)が各方面から好評を得え、続く2017年作『オセアネス』も注目された、カタルーニャの異色ピアニスト …

続きを読む>

FLOR DEL FANGO / HEKATOMBEAND

おおっ!19年ぶり?フロール・デル・ファンゴ復活!いや〜歳とったなあ(アンナちゃん、太ったなあ…)、って、お互いさまですが、が、再結成にせよ何にせよ、あんた達エライ!Daniel Jamet(guitar)Philippe Teboul(drums)、Napo Romero(vocal & guitar)Sven Polhammer(gu …

続きを読む>

JOCE MIENNIEL / BABEL

オルケストル・ナシオナル・ドゥ・ジャズをはじめ、ジャズやクラシック、シャンソン、ポップ、ロック、ワールド系でのバッキングなど幅広いシーンで活躍するフルート奏者にして、本作ではネイ、バグパイプ、口琴、カリンバ、スティール・タング・ドラム(ゼンコー)、タブラも操るマルチ・インスト奏者/コンポーザー/アレンジャーのジョス・ミーニエル。2018年のリーダー作です。 …

続きを読む>

KY / DÉSESPOIR AGRÉABLE

☆Ky “心地よい絶望/デゼスポワー アグレアーブル” “少なくとも音楽には国境は要らない” エリック・サティが託したヴィジョンが生誕150年の年に再生する。旅する音楽ユニットKy ─ 仲野麻紀とヤン・ピタールが奏でる、これが21世紀のボーダーレス・ミュージック! 素晴らしい二人の演奏家達による極めてプライベートな音世界。 …

続きを読む>

go top