KABEE SYSOUDA / (Title Unknown その2)

      こちら KABEE SYSOUDA の旧作かと思われます(かなり古い作かと)。 youtube で探しても、収録曲が見つからないので、ラオスの人気TVパーソナリティー / 俳優で歌手でもあるキノーイの番組に出たときの映像を貼って置きます。なんだか、ずいぶんお顔が違いますが… ▽以下はCDの内容に近い感じな …

続きを読む>

PAT PHET DAVONE / unknown title(緑のツーピース)-(紫のツーピース)

向かって右(紫のツーピース)売り切れとなりました。よろしく、どうぞ。                 さても、ラオス通いが癖になってしまったという神奈川のHさんにまたまた買付けていただきました(感謝!)。今回はHさんがyoutube曲も含めて去年一番聞いたというお気に入りの若手女 …

続きを読む>

MAY THET HTAR SWE / TAW PAN KALAY

再々入荷! 年末年始でほぼ品切れとなっていたのですが、当店お客さんのアコマニアKさんがミャンマーへ行かれて、買い付けて下さいました〜感謝! 前回は僅少入荷、 一瞬で品切れてしまった17年11月の新譜が 早くも再入荷(by bunboniさんコネクション感謝! 加えて、>こちらUPされていますので無断リンク させていただきましょう〜thanks again)! …

続きを読む>

ELLA / PEACE LOVE RINDU

 〈マレイ・ロックの女王〉エラの、実に10年ぶりとなる最新作が到着しました! エラは80年代半ばにハード・ロック・バンド、ザ・ボーイズと共に、エラ&ザ・ボーイズのヴォーカリストとしてデビュー。当時のハード・ロック/ヘヴィ・メタル・バンド・ブームに乗って一躍スター歌手となり、89年にソロ・デビュー、以降現在に至るまでシーンのトップに君臨し続けています。 …

続きを読む>

ANDIEN / METAMORFOSA

★インドネシア生まれの極上のヴォーカル・ミュージック〜インドネジアン・ポップスのトップ・シンガーがこれまで以上にスケールの大きな愛を歌う! 都会的で洗練されたポップスが人気のインドネシアの音楽シーンにおいて、長年にわたりトップ歌手として活躍しているアンディエン。オーディション番組「アジア・バグース」出演をきっかけに14歳の若さでデビュー、ジャジーなポップスで …

続きを読む>

PATO FU / MUSICA DE BRINQUEDO 2

ジョン・ウリョアとフェルナンダ・タカイの夫婦を中心としたミナス・ジェライスのロック・バンド、パト・フ。2010年にリリースされた「Musica de Brinqudo」は、ミニ・ギターにミニ・ベース、トイ・ピアノや音の出るおもちゃをプロフェッショナルなミュージシャンが演奏、実娘をはじめとするコーラスを従えて、チン・マイアやピチカート・ファイヴといった通常のキ …

続きを読む>

TOUKTA SOUKSAVANH / (unknown title)

←内容はいっしょですが、どうも右のCDはヒット後にジャケ変更してリリースされたセカンド・プレスのようです。今回は向かって右ジャケ仕様のみの入荷です! youtube リンクでアルバム一枚分、すべて聴けるのですが、その冒頭曲、最初に聴いた時は、う〜ん聴いたことある、としか思い出せませんでしたが、近藤マッチの「夕焼けの歌」だそう。故アニタ・ムイが初めにカヴァーし …

続きを読む>

MANIVAN SOENHUNG / (title unknown)

な〜んにも、わかりません。 ややフクヨカな容貌に沿って、 おおらかで、爽やかな歌声、 トラッドな雰囲気ももちろんありますが、 どちらかと言えばPOP、 で、お約束でしょうか? >こちらでヒットしたと思われる 近藤マッチの「夕焼けの歌」カヴァー、 ちゃんと収録されてます。 ふくよかです。

続きを読む>

MEKKHALA SATHAPHON / (title unknown) その1

う〜ん、よくわかりません。相変わらず、名前の読み方から、いったい何時リリースされたのか、どんな位置づけなのかも全然わからないままに、こうしてまたまた、今回はビエンチャンを訪れたHさんにお願いして(感謝!)、買って来ていただいた MEKKHALA (メッカラー・サターフォン?)という女性歌手、もちろん近年も歌い続ける人気女性歌手であり、TVのパーソナリティー、 …

続きを読む>

TAI DORKKET / (title unknown)

注〜DVD大の紙ペラ・ジャケットです(現地では大抵この仕様で売られているそーです)。 ラオス女性歌手です。 言うまでもなく、当店的にはフツーのPOPは排除、 全体としてみれば、コンテポラリーPOPに圧されて、 隅の方に少しあるというラオスならではの歌い口を 聞かせるトラッドPOPの中から、 厳選してもらっているエルスール・アイテムですから、 どれを選んでいた …

続きを読む>

KABEE SYSOUDA / (title unknown)

しっかし、どうしてこーも、 ラオス歌謡女性歌手のCDっていうのは、 自然環境もしくは田園風景とか、 メコンほか河川とか、丘陵〜平原地帯とか、 そーゆー光景の中にたたずむジャケット ばかりなんでしょうね? そーゆーお国柄なんでしょうが、 都市の光景をフィーチュアーしようと思えば、 ピンポイントで可能であるはずなのに、 そーはしないところ、ゆかしいというか、 そ …

続きを読む>

TINGNOI (Tingnoi PointPaiLin) / (title unknown) 2014

ティンノーイー(と、その名を読むらしいと、今回買い付けていただいたHさんからご教示・諸々感謝!)この人はここ10数年、ラオスのトップスター女性歌手の一人と察せられます。USツアーにも行っているみたいですね(北米のラオス難民/移民の多くはモン人かと思っていましたが、近年は労働者としてラオ人も移り住んでいたようです)。ま、わからないことだらけですが、youtub …

続きを読む>

AKNONI CHINTANA / (unknown title)

今回はお客さんの児玉さん買付け〜感謝!名前さえわからなかった去年、当店周辺では、ラオスのあべ静江の若い頃、とか呼ばれていましたが…、この、アクノニ・チンタナという女性歌手、本作録音当時(2016年?)は首都ビエンチャンの現役高校生だったそう。で、今年(2017)18歳ということです (facebook あり)。若い! なので、プロフェッショナルな …

続きを読む>

go top