GIANNIS BACH SPYROPOULOS, LOUKIANOS KILAIDONIS & ANASTASIA BASSA / TA LOGIA TOU KERAMEIKOU

演劇や映画音楽でも活躍して来た作曲家 ヤニス・スピロプロス(1953-)、 やはり映画音楽(テオ・エンゲロプロスほか)としても 知られる作曲家にして、自作自演歌手でもあった ルキアノス・キライドニス(1943-2017)、 そして、映画女優にして歌手、アナスタシア ・バッサによる3人の共作。 ヴェテラン2人の個性的、味のある歌に そっとバック・ヴォーカルをそ …

続きを読む>

NAZA / C’EST LA LOI

コンゴ共和国 / ブラザヴィル出身のラッパー、 大ヒットしたデビュー作をうけて、 早くも2018年新作! (って、ちょっと入荷が遅くなってしまいましたが)、 前作同様、ルンバ・コンゴレーズをモチーフにした アフロ・トラップ流儀のビートメイクで、 見た目通りのヴァイタルな重量級ラップを展開〜 ゲストは、Alonzo, Ohmondieusalava, Kebl …

続きを読む>

V.A. / SOOTHING SONGS FOR BABIES, Berceuses Du Monde

Soothing Songs For Babies by Various Artists ☆『ソングス・フォー・ベイビーズ ― 世界の子守歌』 高田みどりほか多くの邦人世界リリースでも気を吐くスイスの老舗メンタル・グルーヴが世界の子守歌をディグ! ウクライナ、台湾、スペイン、アルジェリア、アメリカやフランスなど、世界各地で昔から歌い継がれてきた子守歌や童謡 …

続きを読む>

VIVI VOUTSELA / KARDIOKLEFTRA

これまでも古いレベーティカを再現した企画録音オムニバスなどで歌っていたと思われますが、こちら、ヴィヴィ・ヴーツェラなる女性歌手のファースト・アルバムです(お歳はわかりませんが、ま、そう若くはないでしょうね、出身はギリシャでもクレタ島に次ぐ大きな島、と言ってもアテネのあるアッティカ半島の目と鼻の先の島、エヴィア島だそうですが、ほか経歴等残念ながら不明です)。 …

続きを読む>

BOBBY OROZA / THIS LOVE

☆ボビー・オローサ / ディス・ラブ カリフォルニアのチカーノ・ソウル/ローライダー・シーンから絶大な人気を獲得しているフィンランド育ちのラティーノ・ソウル・シンガー、ボビー・オローサが、世界中のソウル・ファンを魅了するフィンランドのティミオン・レコードからリリースしたファースト・アルバム。R&B黄金期を彷彿させる生々しいソウル・サウンドをバックに、 …

続きを読む>

DOTSCHY REINHARDT / CHAPLIN’S SECRET

ドッチー・ラインハルト/チャップリンの秘密 シンティ(ドイツ系ロマ)の血筋を持つ女性シンガーが、ジャンゴ、チャップリン、ジャヴァンを歌う! 『さまよう瞳』(オーマガトキ)という作品で日本でも知られるようになったシンティ(独語圏に暮らすロマ=ジプシー)の女性歌手ドッチー・ラインハルトが素晴らしい新作を携えて戻って来た。ギタリストのジャンゴ・ラインハルトの遠縁に …

続きを読む>

LES OGRES DE BARBACK / AMOURS GRISES & COLÈRES ROUGES

フランス / 1994年結成の4人兄弟姉妹(フレッド、サム、アリス、マチルド・ブルギエール)によるシャンソン系グループ=レ・ゾグル・ドゥ・バルバック2019年新作(9作目)です。長兄フレッドのその歌い口はシャンソン本格派と定評あり。というか、このアルバムでも聞かせるどんどんディープな “シャンソン” に傾くその音楽性、知られざる21世 …

続きを読む>

SALVADOR SOBRAL / EXCUSE ME

在母国ポルトガルだけでなく、欧州を中心に圧倒的な人気を誇る男性歌手が、こちらの サルヴァドール・ソブラル (1989- ) です。SSWルイーザ・ソブラ ルの弟さんとして知られていますが、さらにその名前を不動のものとしたのが、2017年の ユーロヴィジョン・ソング・コンテストのポルトガル代表に選ばれ、ルイーザが作詞作曲/ プロデュースした楽曲‘ Amar p …

続きを読む>

JACOB MAFULENI & GARY GRITNESS / BATANIDZO

「フランシス・ベベイの再来」とも言うべきオーガニックかつエクスペリメンタルな不思議サウンドがさく裂! ジンバブエの親指ピアノ奏者と、デイムファンクとのコラボでも知られるフランスの奇才クラブ系プロデューサーによる共作アルバムが、移り行くサハラ以南のアフリカの「いま」を記録する注目の新興レーベル「ニャミ・ニャミ」から登場! ◆ ジェイコブ・マフレニはジンバブエの …

続きを読む>

TOTI SOLER & GEMMA HUMET / PETITA FESTA

☆トティ・ソレール&ジェンマ・ウメット / ペティタ・フェスタ ジェンマ・ウメットの円やかな美しい歌声と、トティ・ソレールのギターを中心とするアコースティックな小編成アンサンブルによる、心温まる “地中海フォーク”。 ●スペインのカタルーニャを代表するベテラン・ギタリスト、トティ・ソレールの2018年作は、ソロ作が日本盤も発売されている女性歌手ジェンマ・ウメ …

続きを読む>

ANNA MARIA JOPEK, BRANFORD MARSALIS ‎/ ULOTNE (special edition)

ポーランド女性歌手、アンナ・マリア・ヨペックとブランフォード・マルサリスの共作アルバム〜2CDスペシャル・エディション。 CD1 1-1 W Polu Lipeńka 1-2 W Kadzidlańskin Boru 1-3 Niepojęte I Ulotne 1-4 Patrz I Słuchaj 1-5 Niezauważone 1-6 Czekani …

続きを読む>

TULIA

  昨年末ポーランドでリリースされて現地大ヒット中だという、伝統歌謡系の地声ユニゾン女声コーラス4人組、う〜んコレは、まったく、ポーリッシュなネーネーズですねえ!コンセプトといい声質といい、やっぱり連想せざるをえないわけです(いつも、当方の気づかない面白いものを特注してくれる通販女性顧客のKさんにオーダーいただき、コレは!と思い便乗オーダーさせてい …

続きを読む>

ARCHIVES DE ROBERT ARNAUT, LE GRIOT BLANC

1929年生まれで、2013年に亡くなったラジオ・フランスのパーソナリティ/プロデューサー/ジャーナリストのロベール・アルナウ。“白いグリオ”とも称されたという彼は、西~中央アフリカ諸国を巡り、フィールド録音を行ってきました。本作は、そのアルナウへのアフリカに関するインタビューを中心とした録音を収める3枚組。ところどころにフィールド録音も挿入していますが、フ …

続きを読む>

go top