LIV ULVIK / INN VADE

数々の受賞歴もあるノルウェーのジャズ系女性ヴォーカル・トリオ Eplemoya Songlag の中でも一人トラッド系フォークを下地に持った女性歌手 Liv Ulvik のソロ・デビュー作。プロジェクト INN VADE では詞と曲を彼女自身が書き、伝統的なフォークに根差しながらもプライヴェートな感覚も加味して独自のノルディック・トラッド・フォークを歌い綴り …

続きを読む>

KARI BREMNES / DET VI HAR

  1956年生まれ、アルバム・デビューから30年が経つカリ・ブレムネスの2017年9月リリースの最新作〜5年の歳月をかけて録音された16作目だそうですが、なるほど、深みありますねえ、タイトル “DET VI HAR” は “WHAT I HAVE” の意味だそうです(2015年リリースのシングル & …

続きを読む>

ANNE BRIGGS / AN INTRODUCTION TO ANNE BRIGGS

★アン・ブリッグス/イントロダクション・トゥ・アン・ブリッグス イギリスの老舗トピック・レコードのUKフォーク入門に最適な編集盤シリーズ 創業70年を越えるイギリスの老舗レーベル、トピック・レコーズ。同社を代表する音楽家達を紹介するのが当『イントロダクション』シリーズだ。〈UKフォークの永遠の恋人〉と評されるアン・ブリッグスはバート・ヤンシュやリチャード・ト …

続きを読む>

ENRICO MACIAS / HOMMAGE A CHEIKH RAYMOND

アルジェリア出身のユダヤ人でありながらフランスでシャンソン歌手として大成したエンリコ・マシアス、彼の叔父はアラブ=ユダヤ / アンダルース系音楽の巨匠~シェイク・レモンであり、彼の父もまたレモンと行動をともにした有名なヴァイオリン奏者でした。そんなシェイク・レモンの曲を2枚組CDたっぷり、エンリコ・マシアスが歌い上げたアラブ=アンダルース歌謡の “ヌーバ” …

続きを読む>

GUILLAUME BARRAUD QAURTET / THE INDO-JAZZ SESSION

名匠ハリプラサードの元で学んだフランス人バンスーリ奏者が臨むジャズ・セッション!〜インディアン・スライド・ギタリスト、デバシシュ・バタチャルヤの作品をリリースする英Riverboatから、インド音楽とジャズを融合させる新録作品が登場した。主役はインドの横笛バンスーリ奏者のギヨーム・バロー。フランス人ながら現役最高峰バンスーリ奏者ハリプラサード・チョウラシアに …

続きを読む>

Trebunie Tutki & Quintet Urmuli / DUCH GOR,THE SPIRIT OF THE MOUNTAINS

さて注目のポーリッシュ・トラッド、〜ポーランド南部、タトラ山嶺の地、ザコパネのトラッド・グループ、トレブニ・トゥッキと、〜グルジアはコーカサス山脈の中央に位置する高峰、 カズベク山麓のフォークロア・グループ、キンテート・ウルマリの共演盤!2016年リリース作、初入荷です!同じくハイランダーとして、永きにわたり自由な羊飼いとして代々暮らし、平地の生活とは価値観 …

続きを読む>

FERD / MUSIC WOTHOUT BORDERS

>★ 昨年末のリリース〜ノルウェー、セテスダール地方のトラッド / 伝承曲を、ノルウェー人ユニット “FERD” を中心にスウェーデン、アイルランド、アルメニア、ルーマニア、シリア、パレスチナ、ヨルダン、レバノン、インド、インドネシア、カンボジア、タイ、ネパール、イラン、中国、モンゴル、チベットの 延べ18カ国52人のミュージシャンが …

続きを読む>

BRIGITTE / NUES

    2008年それぞれ音楽活動をしていた二人が出会い結成〜2011年デビューアルバム・リリースのパリの女性デュオ(Sylvie Hoarau /brunette & Aurélie Saada /blonde)、もちろん”ブリジット・バルドーのように”というのがテーマのインディーPOPデュオです。バルドーがモチ …

続きを読む>

JAN MICHIELS, ONGO TROGODE / LIGETI, BANDA LINDA

    現代音楽門外漢なのでこのカップリングの主旨、意味不明なんですが、ベルギーのピアニスト、ヤン・ミカエリスのリゲティ(ハンガリーの現代音楽作曲家)ピアノソロ作品5曲&中央アフリカはバンダ・リンダのナチュラル・ホルン重奏グループ、>オンゴ・トロゴデ13曲のカップリング(?)CD、相変わらずオンゴ・トロゴデはスゴイ!より低音強調 WALL …

続きを読む>

LA ZONE / バルミュゼット楽団 ラ・ゾーヌの世界

札幌発 バルミュゼット楽団 La Zone(ラ・ゾーヌ)待望の3rdアルバム完成!!1930年前後のパリ・ミュゼット全盛期に録音された(レアなナンバーを含む)11曲と、そのルーツを今に伝えるバグパイプ“キャブレット”のミュゼット2曲、オリジナル1曲の全14曲入り。ラ・ゾーヌの最大のミッションである「古きよきミュゼットをそのまま伝える」ことに改めて集中して取り …

続きを読む>

SILVIA & THE FISHES ON FRIDAY / DRIFTING

★シルヴィア&ザ・フィッシング・オン・フライデイ / ドリフティング 宇宙的迷子 こんどのフィッシズは漆黒の闇を漂う孤独な衛星。 決して出会うことのない軌道を描く恋人たち。 母星を離れて旅を続ける。 ここは深く暗い水の中なのか・・・ 1. Curiosity 2. The Sound of Stars 3. 385 Days 4. An Uncomforta …

続きを読む>

EOIN DILLON / PONDELORUM

★オゥエン・ディロン / ポンデローラム ★キーラの創設メンバーの一人で、イリン・パイパーのEoin Dillon オゥエン・ディロンが7年振りに発表したソロアルバム。多彩な楽器をゲストにイリン・パイプの可能性を追求した、意欲作! ★こんな、成熟かつ実験精神に満ちた、刺激的なアルバムがあっただろうか? ★全曲彼自身の作曲による楽曲。アイリッシュ・ミュージック …

続きを読む>

NAZA / INCROYABLE

“MMM” 3000万ヒット、ですから。 大ヒット中!だそう、 DRC コンゴ / ブラザヴィル出身のラッパー というか、セベン・パートのアニマシオン風 ヴォーカルとでも。 MHD 提唱の Afro Trap 周辺の一人 として注目を集めて仏リリース、 アヤ中村、DADJU, KEBLACK 参加の 欧州デビュー盤となります! コンゴレーズ/ルンバ調のトラッ …

続きを読む>

SHIRLEY COLLINS / LODESTAR

英国トラッドの忘れ得ぬ女性歌手、 シャーリー・コリンズが、 38年ぶりの新作アルバムを、 一昨年(2016年の暮)にリリースしていたんですねえ、 知りませんでした。不覚です。 この人、1935年生まれですから、 80を超えての歌声ということになります。 確かに昔の、透明感のある声は聴けませんが、 当然でしょうね。 が、素晴らしいバックを得て、 淡々と歌うその …

続きを読む>

CHICO GOUVEIA / MODA VELHA

ポルトガルの知られざる弦楽器ヴィオラ・ブラゲーザの魅力を紹介! ポルトガル北西部の街ブラーガで生まれたヴィオラ・ブラゲーザ(ブラゲーザ・ギター)は全長90センチ、弦のスケールは50センチほどの小型ギター。複弦5コース(弦の数は10本)の構造で、歌の伴奏や、他の弦楽器との合奏でパレードの音楽などを演奏するために用いられてきた。そのヴィオラ・ブラゲーザをかつて使 …

続きを読む>

go top