ADAM STRUG / LEŚNY BOŻEK

アダム・ストラグ、1970年生まれ、ポーランドのSSWにしてアコーディオン弾き&各種器楽奏者、加えて舞台及び映画音楽作家にして詩人、脚本家、民俗音楽研究者でもあるということで、ずいぶんとマルチな才能の持ち主。ポーランド民謡をレパートリーとする “Monodia Polska” というコーラス・グループの発起人として活躍して来た中、並行 …

続きを読む>

BIGFLO & OLI / LA VRAIE VIE

  20万枚、パリジャンに売れたという(最近は20万枚ならプラチナ・ディスク)、ラップ・デュオ 〜ビッグフロー&オリー「本当の人生」今年7月のデビュー作。ストロマエと共作したシングル曲 “Dommage” は YOUTUBE で 7300万ヒット…、だから、どう、ということではないのですが、若くて冴えない感じの二 …

続きを読む>

V.A. / TZIGANES Paris, Berlin, Budapest 1910-1935

戦前のキャバレー音楽としても定着していたジプシー系オーケストラのSP録音を、パリ、ベルリン、ブダペストとそれぞれ活動の場から集めた編集2CD〜後年、ナチス・ドイツによって、欧州の都市文化から排除されてしまった20世紀初めの中欧、東欧のジプシー系ストリングス・オーケストラの在りし日を偲ぶ、貴重な復刻コレクションかと思います。いわゆるクラシック系オーケストラから …

続きを読む>

V.A. / CAFE CONTINENTAL

★1950 COOK RECORDINGS / 2006 REISSUE CD ドイツ / スイス国境地帯のツィター奏者、ルース・ウェルカムと、ハンガリーやルーマニアの曲を演じるツィンバロム奏者、ディック・マルタを前半に、後半はウィーンのカフェ・ミュージックをアニタ・アスト率いるストリングス・アンサンブルが演奏した1950年録音 Cook 盤復刻CDRです。 …

続きを読む>

RICARDO RIBEIRO / HOJE E ASSIM

リカルド・リベイロの5作目(2016年作)。その歌声はますます安定感が増し、体重も増し? 新作のファドのみならず、シャンソン 「Chanson D’automne」シャルル・トレネや、ネルソン・ゴンサルヴィスの「Serenata do Adeus」サンバ歌謡などを取り上げ、自らのファドの恰幅を広げる試みも。ちょっと歌馬鹿(褒め言葉)の雰囲気も漂う …

続きを読む>

CAMANE / INFINITO PRESENTE

    弟のエルデル・モウティーニョは幅広く紹介されていますが、日本ではあまり大きく紹介されて来なかった男性ファド歌手のカマネー、どうですか、この横顔、うつむき加減!?もう、ファドーッ!って、感じじゃないでしょうか?とかなんとか、調子のイイことを言ってますが、でも、youtube リンク聞いてみて下さい。嘘じゃないことはご理解いただけるは …

続きを読む>

THE RHUM RUNNERS / KICK THE GONG

フランスのユニット、ザ・ラム・ランナーズの2017年作。トランペット、テナー・サックス、ギター、ピアノ、ベース、ドラムス、パーカッションのアンサンブルでインスト比高め、曲により酔いどれヴォーカルをフィーチャーしています。サーフロック、ジャンプ・ブルース、ハモンドを配したソウル・ジャズ調やマカロニ・ウェスタン調、そして東風の吹くオリエンタルなエキゾチカの妖しく …

続きを読む>

IBRAHIM MAALOUF / DALIDA BY IBRAHIM MAALOUF

南イタリアはカラブリア人の血筋ながら、エジプトはカイロへ移住した両親のもとに生まれたダリダ(1933-1987)、後年フランスへ移住、歌手そして女優として活躍したことは有名ですね。晩年は幾つかの恋に破れ自ら命を断ったということですが、フランス語、アラビア語、イタリア語、英語、ドイツ語でも歌い、そのエキゾティックな歌姫としてのイメージは、洋の東西を問わず知られ …

続きを読む>

SARA TAVARES / FITXADU

今回も通常盤のみの入荷となります(それでも十分に高いのですが…)。リスボンで生まれ育ったカボヴェルデ系ポルトガル女性SSW、>サラ・タヴァレス8年ぶりの新作!まったく衒いも屈託もなくアコースティックに、カボヴェルデ音楽を軸にブラジルやカリブのフィールも息づく、のびのびと爽やかなサウダーデを生み出していた以前のサラ・タヴァレスに較べると、これはいっ …

続きを読む>

DAGADANA / MERIDIAN 68

★ダガダナ/メリディアン 68 ポーランド/ウクライナの音楽文化をベースにしたワンダフルな中東欧ミクスチャー・ポップス! 中欧の国ポーランド出身のダガと、東欧の国ウクライナ出身のダナを中心に2007年ごろに結成。隣国であり同じスラヴ文化圏である両国のフォーク・ミュージックを基盤に、ポップス、ジャズ、エレクトロニックなどの要素を加えたミクスチャー・サウンドを聴 …

続きを読む>

THE BULGARIAN VOICES ANGELITE / PASSION, MYSTICISM & DELIGHT

★ザ・ブルガリアン・ヴォイセス・アンジェリーテ/パッション、ミスティシズム&ディライト~アンジェリーテ30年の軌跡 2018年1月来日決定! 神秘の歌声〈ブルガリアン・ヴォイス〉の最高峰グループ、その歴史を振り返る限定ボックス・セット 世界中の音楽ファンを驚かせ魅了する東欧ブルガリアの神秘の歌声〈ブルガリアン・ヴォイス〉。その現役最高峰と目される合唱団がアン …

続きを読む>

V.A. / FADO MUNDO

★ファド・ムンド 11人の女性ファド歌手が多彩なアレンジのファドを歌う画期的プロジェクト! ファド新世代を代表する女性歌手アナ・ラインスやデボラ・ロドリゲスらを輩出してきたポルトガルの新進気鋭レーベル〈Seven Muses〉からユニークな作品が登場した。数々のアーティストのアレンジやプロデュースを手掛けてきたアンドレー・サントス(クラシック・ギター)とウー …

続きを読む>

KAPELA MALISZÓW / WIEJSKI DŻEZ

ポーランド南部タトラ山地の村々に埋もれた民謡を掘り起こし、自由な解釈と即興を交え演じるポーランドの親子3人トリオ2作目とのこと。おもしろいですねえ(フツー絶対親父となんかバンドやんないでしょ)!ポーランドの古くからの伝統リズム、マズレク(仏マズルカの元と言われるも、マズルカと似て非なる)の引っかかりのあるビートに乗せ、息子、ヴァイオリンの即興も交えた素晴らし …

続きを読む>

KARDEMIMMIT / MIDNIGHT SUN

<森と湖と神話の国フィンランドのkawaiiフォーク・ミュージック> フィンランドを象徴する伝統弦楽器カンテレとコーラスで、伝統とポップな要素を混ぜ合わせた、今を生きる伝統音楽を生み出す4人組。 ★フィンランドはジャズやメタル音楽の他にも、豊かな伝統音楽がある事でも注目されています。カルデミンミットはカンテレ kanteleと呼ばれるフィンランドの国民的伝統 …

続きを読む>

TRIONA MARSHALL / BETWEEN TWO WAYS

★トリーナ・マーシャル/ビトウィーン・ツー・ウェイズ キラキラと瑞々しく、叙情的で美しい過ぎるハープ演奏集。 本作こそ、現在最高のアイリッシュ・ハープ音楽のアルバム! 15年に渡り、チーフタンズの2代目ハープ奏者として活躍する、現在最高のアイリッシュ・ハープ奏者「トリーナ・マーシャル」のソロ2作目。ゲストに、パディ・モローニ(チーフタンズ)、ショーン・キーン …

続きを読む>

go top