ORCHESTRE DU BELGISTAN / MUSIQUES ET DANSES DU BELGISTAN

元ファンファーレ・ベルギスタン、 2001年にファースト・アルバム、 そして本作は2009年のセカンド 現在もサハラ〜ニューオーリンズ、 レイキャビク、ブリュッセル、 マラケシュ、ブカレスト、 アテネからベイルートまで、 世界中をライヴして回っているそう。 グナワ〜バルカン〜ニューオリンズ・ジャズから、 アラビック〜アフリカンと、様々なモチーフを ブラスで奏 …

続きを読む>

VERONIKA BULYCHEVA / OF THE URAL

ロシアのウラルの小さな村で生まれ、 長らくフランスで音楽活動をしている ヴェロニカ・ブリチェヴァの3曲入り ミニCD〜スタイルこそ、フリーですが、 歌はウラル、という感じが、 しっかり伝わる内容です。 1.V derevne 03:39 2.Duryou mayous 03:26 3.Utro maya 03:20 Veronika Bulycheva &# …

続きを読む>

LELA PAPADOPOULOU / REMPETIKA KAI SMYRNEIKA TRAGOUDIA

レラ・パパドプル(1933-2009)、ジャケは若い頃の写真ですね、アテネで生まれ、子供の頃からレベーティカに親しむ傍ら、裕福な家庭に生まれ、ピアノを習い音楽教育を受けるも父の会社が倒産、ピアノをアコーディオンに持ち替え、十代の後半からステージに上がり、マルコス・ヴァンヴァカリスやヤニス・パパイオアーヌはもとより、ヴァシリス・ツィツァーニス、マノリス・ヒオテ …

続きを読む>

SARA CORREIA / DO CORACAO

★サラ・コレイア/心から ルイーザ・ソブラル&アントニオ・ザンブージョがサポート! 若い世代に向けた新しいファドに取り組む稀有の女性歌手! ポルトガルのファド・シーンから近年デビューした中で、もっとも大きな人気を集めているのが、こちらの女性歌手サラ・コレイア(1993年生)。2018年に発表したデビュー作『サラ・コレイア』(WRR-6017)の大ヒット受けて …

続きを読む>

FAPY LAFERTIN NEW QUARTET / ATLANTICO

1950年ベルギー生まれの人気マヌーシュ・ギタリスト、ファピー・ラフェルタン。2020年リリースのリーダー作です。 ヴァイオリン、コントラバス、ギターによるベルギー人ミュージシャンたちと組んだストリングス・カルテットによる録音。自身やバンド・メンバーによるオリジナルを主体に、得意フィールドのマヌーシュ・スウィングに留まることなく、ジャコー・デ・バンドリンのナ …

続きを読む>

TULIA (DELUXE EDITION)

>こちら、デペッシュ・モードの、往年のニューウェイヴ・ヒットをポーリッシュな民謡系ユニゾン合唱で歌って現地ポーランドで大ヒット(18年、プラチナ・ディスク)、初版に並行して18年末にリリースされた2CDデラックス・エディションが本2CD。加えて、19年にはユーロヴィジョンに出演し欧州でも人気急上昇、現在は、こちら、収録曲増量盤(英語でヴァージョンも収録)が主 …

続きを読む>

MANOLIS ANGELOPOULOS ‎/ TO TRAGOUDI TOU TSINGANOU

←2016年のリプレス盤ジャケです。 ロマ・オリジンのギリシャ人気男性歌手、マノリス・アンゲロプロス(1939-1989)のコレクションCDです。58年頃にシングルデビュー、1960年には早くも10インチLPをリリース、その後、17枚のアルバムを残し50歳の若さで逝ってしまったライカ・スターの一人でした。本2CDは全43曲、代表曲を編んだ決定的ベストです。 …

続きを読む>

SOFIA ASSUHIDOU, KOSMAS KOKOLIS ‎/ LISTA ANAMONIS

1 Λίστα Aναμονής 2 Άλλο Αγάπη Άλλο Χαρά 3 Τα Παλιά Μου Ρούχα 4 Γαλάζια Μάτια Στη Βροχή 5 Σαββατοκύριακο 6 Αθήνα Θεσσαλονίκη (Οργανικό) 7 Κουράστηκα Να Σ’ Αγαπώ 8 Μυρωδιά Χαρτ …

続きを読む>

V.A. / L‘AGE D’OR DU JAZZ BELGE 1949-1962

ベルギー・ジャズ・シーンの“黄金時代”を振り返る、仏フレモー社の3枚組コンピレーション。1949年から62年にかけての録音、62トラックを収めています。 ベルギー人のジャズメンとして真っ先に思い浮かぶのは、ハーモニカ&ギター奏者のトゥーツ・シールマンスではないかと思うのですが、そのシールマンスをはじめ、パリやニューヨークで活躍したものの早逝したサックス&フル …

続きを読む>

JANUSZ PRUSINOWSKI TRIO ‎/ SERCE

中欧の深奥、ポーランドの村々に伝わるトラッドを現代に蘇らせる4人組、ヤヌシュ・プルシノフスキ・トリオ〜トリオからコンパニャに編成が変わり、国内外で(来日もしています)話題となた>こちらの新作から遡ること9年前の作ですね(セカンド・アルバムでした)。変わらず、素晴らしかったんですねえ! 1 Serce 2 Wiwat Halina! 3 Oberek Stef …

続きを読む>

CHŁOPCY KONTRA BASIA ‎/ OJ TAK !

“ホープツ・コントラ・バーシャ” こちら以前、英国盤CDもリリースされていたと思いますが、その後、どーなってしまったんでしょうか?フロントに立ちクラリネットも演奏するバーシャと、ダブル・ベースとドラムスをそれぞれ演奏するミュージシャンの3人組です。小気味よいスウィングからドラムンベースを通過したようなグルーヴまで聞かせる3ピース・バンド、女声バーシャの早口な …

続きを読む>

MACIEJ MALEŃCZUK Z ZESPOŁEM PSYCHODANCING ‎/ PSYCHOCOUNTRY

マチー・マレンチュク&そのグループ、サイコダンシングによる2012年作『サイコカントリー』〜曲名は英語ですが、ちゃんとポーリッシュ・カントリー・ソングですよ!コレを日本で聞くことは、マニアックにもホドがある、ということになるんでしょうか?が、カントリーソングにお似合いのスラヴィックな低音ヴォイス、なかなかイカシテますよ。 1 Od Jodłowej Idzi …

続きを読む>

JUSTYNA JARY & POMPADUR ‎/ KRWAWE BALLADY, Piosenki Miejskich Podwórek

そのタイトル、“血に塗られたバラッド、裏町の唄”…とでも訳せるんでしょうか?ジャスティナ・ジャリィ&ポムパドール、と読んでいいんでしょうか?アコーディオン&金管、ダブルベースに、バーレスクっぽい雰囲気漂う女性ヴォーカルが印象に残ります。これもまた、ポーランド…。 1 Ballada Więzienna 2 Antek Psianoga 3 Apa …

続きを読む>

NARCOTANGO ‎ / LIMANUEVA

ポルカとタンゴ、アコーディオン繋がり ということでしょうか? 中欧ヌエバ・タンゴ・ユニット、 ナルコタンゴ2011年作、 初入荷です。 1 Mistela 2 Supongamos 3 Incluso 4 Lado C 5 Como Si 6 Limanueva 7 Cartas 8 Ronda 9 Vuelta A Casa 10 Datos De Vue …

続きを読む>

go top