DUO MELODIAS CUBANAS, ELIADES OCHOA Y EL CUARTETO PATRIA / LOS ANOS NO DETERMINAN

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの4人の中心人物の1人、エリアデス・オチョーア。一時期休業宣言をしていましたが、昨年頃から復帰。ここのところ怒濤のアルバム発売を続けています。本作は、そんな彼が自身のグループ、クアルテート・パトリアと共に100%バックアップした、たぶんサンティアーゴ・デ・クーバを本拠地に活動すヴォーカル・ベテラン・デュオ、メロディアス・クバー …

続きを読む>

SON DEL NENE / ME FALTABAS TU

ホーベネス・クラシコ・デル・ソンやルンバ・バンドのヴォーカリストを務め、新伝統派歌手として活躍してきたソン・デル・ネネ(ネネ)の2016年新作は、フィーリン~ボレロ集です。これまで、アルバムに1~2曲程度収録したことはありましたが、前曲このジャンルで固めるのはもちろん始めて。独特な喉を絞ったようなキューバらしい歌声がボレロ系の歌にも映えています。 レネ・トゥ …

続きを読む>

ELENA BURKE / CANTA A MARTA VALDES

50年代にデビュー以来キューバ国内では他の追従を許さない一番人気の”センティミエントの女王”ことエレーナ・ブルケの88年にリリースされたと思われるアルバム。彼女は先日放映されたNHK-BSのアメージング・ボイスでも大フューチャーされてました。 オマーラ・ポルトゥオンドの良きライバルである彼女、本作ではフィーリン系の偉大な作曲家マルタ・バルデスの楽曲のみを歌っ …

続きを読む>

LISSY ALVAREZ / PIANISSIMO

エンリーケ・アルバレスの娘、すなわちアダルベルト・アルバレスの姪であるピアニスト、リシー・アルバレスの2010年録音アルバムです。エンリーケ・アルバレスによるプロデュースで、ヴァイオリンで演奏にも参加しています。他にベース、各種パーカッション、コーラスという編成で、グアラーチャ、アフロ、ダンソーン、ダンサ、グアヒーラ、ソン、デスカルガなどのキューバの様々なス …

続きを読む>

FRASIS / PARA FRASEAR 

美人弦楽四重奏団(ヴァイオリン×2、ヴィオラ、チェロ)にパーカションという編成のグループ、フラシスの多分初アルバムです。さらに曲により、ベース、ピアノ、トレスなどが入り、ソン、マンボ、カンシオーンなどのキューバン・フォークロアを演奏しています。音楽教育を受けたストリングス奏者だけあり、音色もアンサンブルも素晴らしいのですが、そこにキューバ的なリズム感に裏打ち …

続きを読む>

V.A. / FILIN SENTIMENTAL 

★V.A. / フィーリン・コン・センティミエント 1950~60年代のキューバで、様々に花開いた“フィーリン”。今回、そんなラテン歌謡の究極に洗練されたかたちを様々な音源を使用し、2枚のコンピレーションでご紹介。(>1枚目も絶賛発売中)。本アルバムはその2枚目で、クールでモダンな、大人のためのヴォーカルをじっくり味わえるトラックばかり23曲を収録しました。 …

続きを読む>

GRUPO AFROCUBA / AFROCUBAN JAZZ

サックスのニコラス・レイノーソをディレクターに、サックスのホセ・カルロス・アコスタ、フェルナド・アコスタ、トランペットのロベルト・ガルシア、ギターのレネ・ルイス・トレド、ピアノのエルナン・ロペス・ヌサら、当時の新世代腕利きミュージシャンが結集し、1977年に結成されたグルーポ・アフロクーバ。80年のアルバムのCD-Rによるストレート・リイシュー盤です。アフロ …

続きを読む>

LUIS VARONA / COLECCION VOL.II

1924年サンティアゴ・デ・クーバ生まれ、ニューヨークに渡りマチートやティト・プエンテ楽団などで活躍したピアニストのルイス・バローナ。50年代半ば以降はマイアミに渡って自身の楽団を率いた彼の録音のリイシューです。ソン・モントゥーノの2曲目やプエンテのヒット曲「オジェ・コモ・バ」を思わせる3曲目、ザ・ヤング・ラスカルズが60年代半ばにヒットさせた5曲目「グッド …

続きを読む>

OMARA PORTUONDO / PENSAMIENTO

キューバ最高の歌姫、お馴染みオマーラ・ポルトゥオンドの1995年作。デジパックに新装された2016年スペインのレーベルからのリイシュー盤です。追加収録などなく曲目・曲順は変わらず。「ペンサミエント」「ドス・ガルデニアス(くちなしの花)」「ラグリマス・ネグラス(黒い涙)」「ソラメンテ・ウナ・ベス」「ベサメ・ムーチョ」など、まさにスタンダードばかりを収録。シンセ …

続きを読む>

ORQUESTA CASINO DE LA PLAYA CANTA MIGUELITO / MEMORIES OF CUBA

キューバ名門楽団、オルケスタ・カシーノ・デ・ラ・プラジャのミゲリート・バルデースがヴォーカルを務めた録音全20曲を収録。TUMBAO盤『MEMORIES OF CUBA 1937~44』(TCD-003)のジャケットが引用され、タイトルもそれに準じていますが、同じくTUMBAO盤『ADIOS AFRICA 1937~40』(TCD-037)の後半に収録された …

続きを読む>

CONJUNTO JOVENES DEL CAYO / A GOZAR Y A BAILAR

1924年にセステートとして創設され、かのミゲリート・バルデースらが在籍してきたというキューバの由緒ある楽団ホーベネス・デル・カジョ。50年代前半録音のCD-Rリイシューです。一部、トゥンバオからのリイシュー『VAMOS PA’ LA RUMBA』(TCD-082)とレパートリーが重なっています。 フロントのヴォーカル陣は、リーダーを務めたアルフ …

続きを読む>

LOS ZAFIROS

キューバ革命後に絶大な人気を誇ったコーラス・グループ、ロス・サフィーロス。『ブエナ・ビスタ』絡みの録音やライ・クーダーとの共演作にグループの名ギタリスト、マヌエル・ガルバンが名を連ねたこともあり、日本でも1963~67年録音からのアンソロジー『ボッサ・クバーナ』がリリースとなりました。 本作は、60年代録音で、Areito LPA-1009などとしてLPリリ …

続きを読む>

V.A. / THE ROUGH GUIDE TO CUBAN RARE GROOVE

暑い夏の夜にぴったりなキューバ音楽のレア・グルーヴをセレクト! レア・グルーヴ・ファン、ラテン音楽ファンには見逃せないコンピレーションが登場した。サルサやブーガルーなどのキューバ移民の音楽も含め、ダンサブルなキューバン・サウンドを様々な時代、ジャンルからチョイスして構成された本作。マンボ王ペレス・プラードの弟、マイアミ・サルサのベテランの初期作、ホセー・アン …

続きを読む>

CONJUNTO MATAMOROS / La Epoca De Oro Del 1950-1951 Vol.2

「ソン・デ・ラ・ロマ」「ラグリマス・ネグラス(黒い涙)」など、今も多くのアーティストにカヴァーされ続けるキューバ音楽の父ミゲール・マタモロス。そして彼をリーダーにトローバからソンの時代を引率したグループの一つトリオ・マタモロスが、ピアノやトランペットなどを加え、コンフント編成でヴィクターに残した録音から1950年から1951年の録音から選曲され、アナログ時代 …

続きを読む>

GINA LEON / COLECCION MEMORIAS, La Reina Del Bolero

エグレムがリリースするCD-Rでのリイシュー・シリーズ。印刷物も最小限で、ジャケット1枚のみの簡易パッケージ版ではありますが、エグレムに残された“お宝”録音に、改めて触れる機会を提供してくれた、ファンには嬉しいアイテムです。 本作は、1937年生まれで50年代半ばにデビューした女性歌手ヒナ・レオンの62年作と89年作をカップリングした全20曲を収録。62年作 …

続きを読む>

go top