PEDERITO CALVO / A MI MANERA

ロス・バン・バン在籍時の活躍でもお馴染み、ベテラン人気歌手ペドリート・カルボの2018年作。曲のスタイルにサルサ・フュージョン、バジェナート、コンガ・フュージョン、ラップ・フュージョン、ティンバ・フュージョンといったものが並びますが、フアン・ルイス・ゲーラ風などパン・カリブなテイストやラップを飲み込んだ、ベテランらしからぬ(?)快速調のダンサブルなサウンドを …

続きを読む>

OGGUERE / SOLAR

エドレイ・リベリとウリセス・キニョーネスにより、1996年にデビューを飾ったキューバン・ユニット、オグエレの2019年のセカンド作です(現在はエドレイ単独主宰ユニットとなっている模様)。08年にアイデー・ミラネースやユリエン・オビエドらがゲスト参加した初アルバム『ジェナ・デ・アモール・エル・マンボ』を放っている他、オルケスタ・アラゴーンの2001年作『エン・ …

続きを読む>

EME ALFONSO / VOY

キューバの新傾向女性シンガー・ソングライター、エメ・アルフォンソの2018年作。1986年生まれの彼女は、アフロキューバン・ロックのパイオニア、シンテシスの創始者であるカルロス・アルフォンソの娘にあたり、シンテシスの一員としても活躍してきました。 本作は、トリバリスタス、ジューサ、オマーラ・ポルトゥオンド、マイラ・アンドラーデ、カルロス・ヌニェスらの作品を手 …

続きを読む>

V.A. / VEREDA TROPICAL, 36 Masterpieces Of South America

1933-1956 年の中南カリブ(キューバ,メキシコ,プエルト・リコ)の名曲、定番曲ばかりを集めた2枚組コンピレーションです。ザビア・クガー、ノロ・モラレス、ソノーラ・マタンセーラ、ボビー・カポ、ペドロ・バルガス、ルーチョ・ガティーカ、アデリーナ・ガルシア、オルガ・ギジョー&リベルシーデ、チリのロベルト・イングレスなど有名演奏家の録音とともに、エル・クバニ …

続きを読む>

V.A. / RUMBEROS DE AYER Y HOY VOL.1 & 2

パーカッション・アンサンブルに歌とコーラスによる都市民俗音楽ルンバ。その音源を、ルンバが録音され始めた1950年代から2017年まで、ほぼ時系列に並べ、その歴史や発展も感じられる用に編集されたCD-Rによるアルバムが、VOL.1とVOL.2という2枚のシリーズで発売されています。2枚を通して時系列に並べているわけではなく、同じグループをそれぞれに曲違いで収録 …

続きを読む>

ANTOBAL’S CUBAN ALL STARS / HAVANA BIG BAND SOUND !

★アントバルズ・キューバン・オール・スターズ / ハバナ・ビッグ・バンド・サウンド!(DISCO CARAMBA 国内配給盤再入荷待ち) 1920年生まれのアフロ・キューバン音楽の巨匠オブドゥリオ・モラレスが率いたアントバルズ・キューバン・オール・スターズが1958年から1960年にリリースしたと推測される4作のLPアルバムを2CDに網羅した復刻盤です! キ …

続きを読む>

ANIURKA / PODER VOLAR

1972年サンティアーゴ・デ・クーバ生まれ、98年にフランスへと移り、同地を拠点に活動してきた女性シンガー、アニウルカによる2019年の初ソロ作です。1曲目を聴き流していると、イントロから、ギターに導かれる、さざ波のような心地良いリズムに、シルキーな女声が乗っかってきて、カーボ・ヴェルデのアーティストと勘違いしてしまいそうになってしまいます。そんなクレオール …

続きを読む>

V.A. / ASI BAILABA CUBA DEL DANZON AL CHA CHA CHA

☆V.A./ダンソーンからチャチャチャへ~キューバン・ダンス・ミュージックの基軸 タンゴやショーロの兄弟にしてジャズの兄貴分でもあるダンソーン 〜その長い歴史の中で生まれた名作名演と豊かな音楽性を一枚のCDに凝縮! ディスコロヒアは「レコード学」を標榜する世界で唯一のレーベル。今回のテーマはタンゴやショーロの兄弟であり、ジャズの兄貴分に当たるダンソーンだ。キ …

続きを読む>

PANCHO AMAT / EL SWING DEL SON

数度の来日などを通じ日本でもお馴染み、キューバのトレスの名手パンチョ・アマート。2014年作『エレンシアス』以来となる、18年録音のリーダー作です。今年(2019年)始めの来日公演で会場売りされていたものの、すぐに売り切れファンを残念がらせていたアルバムです。 自身のトレスにコントラバス、パーカッション、トランペット、ギター、2枚のヴォーカルという、トラッド …

続きを読む>

OMARA PORTUONDO CON ORQUESTA FAILDE /

キューバが誇る最高のディーヴァ、お馴染みオマーラ・ポルトゥオンドの2019年新作が届きました! しかも、生誕100周年を迎えたキューバの国民的大歌手ベニー・モレーに捧げるアルバム。「コモ・フエ」「ボニート・イ・サブローソ」「イ・オイ・コモ・アジェール」「マタ・シグアラーヤ」「オー・ビーダ」といったベニーのレパートリーが披露されています。 バックは、1991年 …

続きを読む>

SEPTETO NACIONAL / PARA SIEMPRE EMBALE

1927年に結成されたソンの名門中の名門、セプテート・ナシオナル。90周年記念アルバムに続く2019年の本作は、この楽団の一員などとして活躍してきた、キューバの音楽文化を最高に具現化した歴史的ヴォーカリスト、カルロス・エンバーレに捧げた内容です。 しかも、セプテート・ナシオナルを核として、曲ごとに多彩なゲスト陣を迎えた拡張編成で臨んだ録音となっています。ロス …

続きを読む>

DAVID VIRELLES / IGBO ALAKORIN (THE SINGER’S GROVE) VOLⅠ & Ⅱ 

☆ダビ・ビレージェス /イグボ・アラコリン VOL.Ⅰ & Ⅱ ジャズの名門、Justin TimeやECMなどからアルバムを発売し、現代を代表するジャズ・コンポーザー~ピアニストとなったダビ・ビレージェスが、出自であるキューバの伝統的な音楽を見つめ直し創り上げた、100%キューバ音楽アルバム。 ● ダビ・ビレージャスは、Justin Timeに1枚 …

続きを読む>

SEPTETO NACIONAL IGNACIO PINEIRO / AL BATE EL SON DE PINEIRO, 90 Aniversario

ソンの名門中の名門、セプテート・ナシオナル。1927年の結成で(当初はセステート)、そのリーダー、イグナシオ・ピニェイロは、現在に繋がるセプテート系のソンのスタイルを最終的に完成させた人です。 本作はその名門楽団の90周年記念作(2018年リリース)。CD-Rでのリリースとなります。 伝統のセプテート・スタイルを現代に受け継ぐサウンドに乗せて、「エチャレ・サ …

続きを読む>

WHO’S THE CUBAN? / CIRCO CIRCO

>★ フランスはナンシーのフレンチ・キューバン・コンボ、フーズ・ザ・キューバンによる2019年の初アルバム。といっても、在仏キューバ人ヴォーカリスト、フリオ・ダビ・ロペス・ペレスを中心として、09年に立ち上げられ、3枚のアルバムを放った>ソン・デル・サロンを発展的に解消したとのことで、キューバ音楽をベースに、エレキ・ギターをフィーチャーし、マンディング・ポッ …

続きを読む>

ANGELIQUE KIDJO / CELIA

>☆無断リンク陳謝&感謝! トーキング・ヘッズに続いて、仏デッカに移籍したアンジェリック・キジョの新譜は、なんともセリア・クルースのカヴァー集でしたよ、興味津津ですねえ。今年58歳のアンジェリック・キジョ、何んだか我々ロートル、ワールド・ミュージック・ファンと指向性がかぶってる?というか、趣味が似てますねえ…?? パリで大学生だった頃にワールド・ …

続きを読む>

go top