PANCHO AMAT / LLEGO EL TRESERO

1992年のキューバ音楽レビュー・ショー『ノーチェ・トロピカール』への参加のため初来日。その後、数度の単独来日で日本のキューバ音楽ファンには、お馴染みのパンチョ・アマート。また、古くからのキューバ音楽ファンには、ソンの再生者アダルベルト・アルバレスのグループ、イ・ス・ソン全盛期にそのサウンド・プロダクションを支えたミュージシャンとしても有名です。 本作は、そ …

続きを読む>

PANCHO AMAT / YO TRAIGO UN SON

1992年のキューバ音楽レビュー・ショー『ノーチェ・トロピカール』への参加のため初来日。その後、数度の単独来日で日本のキューバ音楽ファンには、お馴染みのパンチョ・アマート。また、古くからのキューバ音楽ファンには、ソンの再生者アダルベルト・アルバレスのグループ、イ・ス・ソン全盛期にそのサウンド・プロダクションを支えたミュージシャンとしても有名です。 本作は、2 …

続きを読む>

PANCHO AMAT / DE SAN ANOTONIO A MAISI

1992年のキューバ音楽レビュー・ショー『ノーチェ・トロピカール』への参加のため初来日。その後、数度の単独来日で日本のキューバ音楽ファンには、お馴染みのパンチョ・アマート。また、古くからのキューバ音楽ファンには、ソンの再生者アダルベルト・アルバレスのグループ、イ・ス・ソン全盛期にそのサウンド・プロダクションを支えたミュージシャンとしても有名です。 本作は、2 …

続きを読む>

PANCHO AMAT / MIS CAMINOS DEL TRES

キューバのトレスの名手パンチョ・アマートによる「トレスのすべて」的DVD-Rです。パンチョ・アマートが、カメラの前に座り、トレスの楽器としての成り立ちから、構造、特徴、演奏法、音楽スタイル別の演奏の流儀などを1時間12分を掛け、丁寧に蟹説してくれます。中盤以降は、ほぼワークショップ~教則ヴィデオという内容です。トレスを学んでいる方はもちろんですが、楽器をやら …

続きを読む>

JOSE AQUILES / A CONQUISTAR OTRO CAMINO

*ホセ・アキレス / ア・コンキスタール・オトロ・カミーノ キューバの最高音楽賞である “CUBADISCO(クバディスコ)” にて、2011年のトローバ部門で大賞を受賞しているホセ・アキレス氏の代表作が、日本盤として登場です。 ●キューバ独自の歌の系譜は、20世紀初頭から活躍したトロバドールと言われる一群のシンガー・ソングライターた …

続きを読む>

COOL COOL FILIN / COOL COOL FILIN 2

ファーストから15年、新たな才能を集めて製作された、新しい“フィーリン”のかたち ディスコ・カランバ/アオラ・コーポレーション独自製作アルバム ●キューバで1940年代からはじまり1960年代頃にピークをむかえた、歌唱を中心としたモダーンな音楽スタイル “フィーリン”。2003年に、そのスタイルを現代にアップデートさせ発売されたアルバム『クール・クール・フィ …

続きを読む>

THE COMPLETE CUBAN JAM SESSION

ギャランティは保証の限りじゃないけど、呑み食いはダータ、みんな集まってくれ!と、キューバ、パナルト・レコーズが企画したラテン音楽史上初のオールナイト・レコーディング / 一晩中オープンリール回しっぱなし(未発表音源が残っているんじゃないか?ということにもなりますが、編集後、テープ使いまわしてしまったんだろうなあ、という諦めの溜息が出る推測も)によるジャム・セ …

続きを読む>

ORLANDO CACHAITO LOPEZ, FELIPE DULZAIDES & HIS COMBO 

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ関連ですっかりお馴染みとなったキューバの名ベーシスト、カチャイート(1933-2009)。彼の名前はジャケット写真が前面に配された本作ですが、1917年生まれで、キューバのフィーリン・ムーヴメント以前から、同傾向のモダーンなサウンドを提示していたアーティストたちの一人、ピアニスト兼作曲家フェリーペ・ドゥルサイーデスのリーダー作 …

続きを読む>

ANACAONA / 85 ANOS DEFENDIENDO LA MUSICA CUBANA

キューバン・フィメール・バンドの草分けアナカオーナ。結成85周年を祝す2017年のアルバムです。 カストロ姉妹が中心になって、1932年の結成。当初はセプテート・スタイルでスタートし、のちに編成をオーケストラに拡大し、キューバ国内だけでなく、欧米や中南米各国を回り、大変な人気をえました。オマーラやセリア・クルース、グラシエラなどもこのバンドでも活動し、女性ミ …

続きを読む>

ELITO REVE Y SU CHARANGON / YO ME MUERO EN LA HABANA

1980年代キューバで圧倒的な人気を誇ってきたレベ・イ・ス・チャランゴン。名物リーダー=エリオ・レベが、97年に交通事故でこの世を去った後、その遺志を継いだ息子率いる“2代目”チャランゴンの2018年リリース作です。 グイグイとモントゥーノを引っ張っていくカンタンテやコロのスタイル、ガラッパチな掛け声と雄叫び、重量感のある独特なティンバレスのフィルイン、粘り …

続きを読む>

DEMETRIO MUNIZ & CUBAN SOUND PROJECT

オマーラ・ポルトゥオンドやイブライム・フェレールのバックを飾ったビッグバンドの音楽監督としてブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ関連の仕事でも名を上げたデメトリオ・ムニィス。自身が率いるキューバン・サウンド・プロジェクトの2015年作です。1949年ハバナ生まれのトロンボーン奏者/作・編曲家で、オルケス・クバーナ・デ・ムシカ・モデルナやイラリオ・ドゥランらテクニ …

続きを読む>

EMILIA MORALES / SENTIMIENTOS 

ベテラン・シンガー、エミリア・モラレスの58歳にしてのファースト・アルバムです!サンクティ・スピリトゥス生まれのエミリアは高等音楽院で声楽を学んだ後、ボレロ、ダンソン、チャ・チャ・チャ、ハバネラの他クラシカルな歌曲も得意とし、キューバ国内のみならず、スペイン、ベネズエラ、コロンビア、カナダ、ドイツ、メキシコなどで活躍してきました。その歌唱は高く評価されたもの …

続きを読む>

ORQUESTA ENRIQUE JORRIN / GLORIAS AL CHA CHA CHA

世界中で親しまれたラテン・リズム、チャチャチャの創始者エンリーケ・ホリンの意志を受け継ぐオルケスタ・エンリーケ・ホリン。2018年リリース作です。 現リーダーのフランシスコ・アントニオ(トニー)・ロペスらによるヴァイオリン・セクションとチェロ、名手ホアキン・オリベーロスのフルートによるチャランガに、ホーンも加えたアンサンブルで、ノスタルジック且つ、まろやかな …

続きを読む>

EL CLUB DE LOS SONEROS DORADOS / HISTORIAS SONERAS, EL ALMA DE UNA TRADICION 

ソンのさらなる認知度アップを図るべく、コンポーザー/プロデューサーのカルロス・サナビアにより、2014年にサンティアーゴ・デ・クーバで発足したプロジェクト・ユニット、エル・クルブ・デ・ロス・ソネーロス・ドラドス(ザ・キューバン・ゴールデン・クラブ)。初アルバム『プレゴネス・ドラドス』に次ぐ、2018年の2枚組です。 収録レパートリーはいずれもカルロス・サナビ …

続きを読む>

ADALBERTO ALVAREZ Y SU SON / DE CUBA PA’L MUNDO ENTERO

キューバ、サルサ、ラテン・ファンの皆様、またまたお待たせいたしました! 待ちに待ったアダルベルト・アルバレスのスタジオ録音、2013年の『レスペト・パ・ロス・マジョーレス』以来、5年ぶりとなる新録アルバムです。 アレンジは、グループのキーボーディスト、ダヤネ・リベーラ・ラサガと、前作でも3曲を担当した巨匠ホアキン・ベタンコートが半数ずつ担当。バリトン・サック …

続きを読む>

go top