RUMBATA / GRACIAS A LA RUMBA

ルンバとバタ(サンテリーアで使用するタイコ)というキューバのアフロ系ルーツを代表する2つの名称を組み合わせた名前を冠する1996年カマグエイで結成されたルンバ・グループのサード作。ファースト作では、同郷のマノリート・シモネーがプロデュースしていました。また前作では、豪華ゲストが大勢参加していましたが、本作はそんな派手なトピックはありませんが、そうだからこそこ …

続きを読む>

GEMA 4 / FOR A NEW DREAM

★ヘマ・クアトロ / 新しい夢に キューバの女性アカペラ・グループ、ヘマ・クアトロの久々の新作が登場。 お得意のフィーリン以外にもレパートリーの幅を広げ、センシティヴなコーラス・ワークで聞かせてくれます。 ●1991年、キューバのフィーリンのミューズ、マルタ・バルデースやエレーナ・ブルケの後押しを受け、オデッテ、エステラ、ダマリス、ラウラの4人で結成された …

続きを読む>

SEPTETO TURQUIN / LIGADITO CON EL SON

★セプテート・トゥルキーノ / ソンとの絆 ソンの本場、キューバの古都サンティアーゴ・デ・クーバで、結成以来35年間トップを走り続けるセプテート・トゥルキーノ。伝統と現代性を合わせ持ったサウンドは健在!! ●セプテート・トゥルキーノは、“ソンの故郷”サンティアーゴ・デ・クーバを代表するソンのバンドで、1982年の結成以来、常にトップを走り続けているバンドです …

続きを読む>

LOS VAN VAN / LEGADO

キューバの国民的バンド、ロス・バン・バンの前作から2年ぶりの新作が登場しました。 バンド創設者でカリスマだったリーダー、フアン・フォルメルを2014年に病で失って以降2作目にあたり、新しいリーダー、フアン・フォルメルの息子のドラマー、サムエル・フォルメルが今作もしっかり次世代のロス・バン・バン・サウンドを聞かせてくれています。トロンボーンのリフやブレイクのア …

続きを読む>

BOLA DE NIEVE / UNA BIOGRAFIA

★ボラ・デ・ニエベ/キューバのピアノ弾き語り 名人一代記 30年代ルンバで培われたキューバン・エンタテインメントの最高の到達点がここにある! キューバ音楽の歴史の中でももっともユニークな個性の持ち主。それがボラ・デ・ニエベだ。エルネスト・レクォーナやエリセオ・グレネらキューバでもっとも優れた作曲家たちが30年代に残したポップでエキゾティックなルンバを受け継ぎ …

続きを読む>

BOLA DE NIEVE (Perlas Cubanos)

1950~60年代にキューバはもちろん、ラテン諸国やヨーロッパでも大もてだったキューバの伝説的なピアノ弾き語り歌手ボラ・デ・ニエベ。その独特でウニコ(唯一)なピアノ弾き語りによって国境を越え、音楽というジャンルさえ越え愛された希有な存在です。録音もキューバ、メキシコ、スペイン、U.S.A.、多分その他のラテン諸国で多岐のレーベルで行われ、かなりの数になると思 …

続きを読む>

ORQUESTA MELODIAS DEL 40 (Perlas Cubanas)

1939年に結成された名門チャランガ・バンド、メロディアス・デル・クアレンタ。本作はプチートからリリースされたアルバム『チャチャチャ』(MLP-512)=後にアンティージャから『メ・ボイ・パ・モロン』(AP-5)のタイトルでLPリイシュー=を、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めるリイシューです。 50年代半ばのリリース作のようですが、創設メンバーでグイ …

続きを読む>

FABIANA COZZA / AY AMOR!

    実力派女性歌手がスペイン語歌謡を歌う! 通のファンから高く支持される実力派女性歌手ファビアーナ・コッツァが6枚目のアルバムをリリース!今回はミゲリート・バルデース「Babalú」などのスペイン語系のナンバーを取り上げた内容。キューバ人ピアニストが伴奏を担当しています。 (サプライヤーインフォより)

続きを読む>

HAILA / MUJER DE ACERO

元バンボレオで、ティンバのど真ん中を走り続けてきたキューバ女性ヴォーカリスト、ハイラ。バンボレオやソロとして来日も多数なので、日本のキューバ音楽ファンにはお馴染みですね。近年は、ラテン・ポップスやヒップ・ホップとキューバン・サルサの融合を目指したサウンドを聞かせてくれていましたが、5年ぶりの2017年新作は、全編キューバ音楽色を出した充実作となっています。ソ …

続きを読む>

FRASIS / PARA NO PARAR

美人弦楽四重奏団(ヴァイオリン×2、ヴィオラ、チェロ)に、パーカション/ドラムスやベース、ギターを加えたグループ、フラシスによる2016年のセカンド作。第一ヴァイオリン奏者であるロクサーナ・イグレシアスによる当たりの柔らかな歌声も活かしつつ、ストリングスがもたらす立体感のある音作りを特質としています。ポップ・ロックやロマ風スウィング、プログレ風なインスト曲、 …

続きを読む>

ORQUESTA AKOKAN Canta Jose “Pepito” Gomez

★アナログLP在庫あり! ★先行シングルは>こちら! おお、バンダ・ヒガンテ? 今時、こんな音が聴けるなんて…、キューバとの国交回復の賜物? とでも言うべきエグレム・スタジオ録音! プロデュースはNYチューロ・レコード主宰、ジェイコブ・プラッセ(トレス)!アレンジは、NYサルサ~ラテン・ジャズ録音に参加してきた実力派鍵盤奏者、マイク・エクロス!結 …

続きを読む>

CHRISTIAN Y REY / QUE LINDAS SON LAS MUJERES

キューバン・サルサ系のサラブレッドで、今一番注目されるティンバ・グループ、クリスティアン・イ・レイの2016年作です。お爺ちゃんは、パチョ・アロンソ、父親がパチート・アロンソで、パチートのバンド、キニ・キニのメイン・ヴォーカリストとしてグループを支えてきた2人のファースト・アルバム(多分)は、祖父、父のパン・カリブ色を受け継ぎながらも、やはり、ラップなども交 …

続きを読む>

CANELAS DE CUBA / PA’ QUE TE ENTERES

♡懐かしい方には懐かしい? 新宿ココロコに長期出演日本滞在していたガールズ・グループだったそうです(by エレトロピコさん情報)。 1989年、キューバのハバナで、女性パーカッション奏者、ソエ・フエンテスによって、フエンテス姉妹を中心に結成された女性だけのバイラブレ系~キューバン・サルサ系のグループが、(グルーポ)カネーラ・デ・クーバです。サックス、フルート …

続きを読む>

ENRIQUE ALVAREZ Y SU CHARANGA LATINA / MAS FUERTE 

アダルベルト・アルバレスの弟、エンリーケ・アルバレス率いるチャランガ・ラティーナの2017年作です、2011年の前々作は、サンティアーゴ・デ・クーバを中心とするオリエンテ地方へのオマージュを感じさせる内容でしたが、2015年の前作から一変、ティンバ系のサウンドを聞かせていました。本作もその路線をさらに推し進めた内容で突っ走っています。 冒頭、SF映画の音楽の …

続きを読む>

ELA CALVO

フィーリン系のボレロを得意とする黒人女性歌手エラ・カルボ。本作は、EGREM LDA-3182として、たぶん1960年代後半に発売されたアルバムを、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めるリイシューです。以前、リリースされていた “CRESCENDO MATINAL”(UNIKO RECORDS)と同内容になりますので、ご注意くださ …

続きを読む>

go top