TRIO MATAMOROS / LA VIEJA CUBANA

「ソン・デ・ラ・ロマ」「ラグリマス・ネグラス(黒い涙)」など、今も多くのアーティストにカヴァーされ続けるキューバ音楽の父ミゲール・マタモロス。そして彼をリーダーにトローバからソンの時代を引率したグループの一つトリオ・マタモロスが、1950年代半ばにプエルトリコのマルベラ・レーベルに残したアルバム『ロス・インモルターレス:ミゲール-クエト-シロ』(MVLP-2 …

続きを読む>

TRIO SERVANDO DIAZ / PAISAJES DE MI CUBA

トリオ・マタモロスと共に歴史的にも有名なキューバのトリオ・グループ、トリオ・セルバンド・ディアス。1937年に、リーダーでトップ・ヴォイスのセルバンド・ディエス、第一ギターで第3声のオティリオ・ポルタル、セカンド・ヴォイスでマラカスのクソ・メンドーサ(後に、マリオ・レシオに交代)の3人によって結成され、キューバ国内はもとより全ラテン・アメリカで人気を博し、ニ …

続きを読む>

PANCHO AMAT / LLEGO EL TRESERO

1992年のキューバ音楽レビュー・ショー『ノーチェ・トロピカール』への参加のため初来日。その後、数度の単独来日で日本のキューバ音楽ファンには、お馴染みのパンチョ・アマート。また、古くからのキューバ音楽ファンには、ソンの再生者アダルベルト・アルバレスのグループ、イ・ス・ソン全盛期にそのサウンド・プロダクションを支えたミュージシャンとしても有名です。 本作は、そ …

続きを読む>

PANCHO AMAT / YO TRAIGO UN SON

1992年のキューバ音楽レビュー・ショー『ノーチェ・トロピカール』への参加のため初来日。その後、数度の単独来日で日本のキューバ音楽ファンには、お馴染みのパンチョ・アマート。また、古くからのキューバ音楽ファンには、ソンの再生者アダルベルト・アルバレスのグループ、イ・ス・ソン全盛期にそのサウンド・プロダクションを支えたミュージシャンとしても有名です。 本作は、2 …

続きを読む>

PANCHO AMAT / DE SAN ANOTONIO A MAISI

1992年のキューバ音楽レビュー・ショー『ノーチェ・トロピカール』への参加のため初来日。その後、数度の単独来日で日本のキューバ音楽ファンには、お馴染みのパンチョ・アマート。また、古くからのキューバ音楽ファンには、ソンの再生者アダルベルト・アルバレスのグループ、イ・ス・ソン全盛期にそのサウンド・プロダクションを支えたミュージシャンとしても有名です。 本作は、2 …

続きを読む>

MORENA SON / LO QUE TRAIGO YO

ソン揺籃の地サンティアーゴ・デ・クーバから飛び出してきた女性だけのセプテート、モレーナ・ソン。これが3作目となる、2017年作です。南米や欧州をツアーし、国際的に活躍しているという彼女たち。本作でも、名曲「ドス・ガルデニアス」「エル・クアルト・デ・トゥーラ」他、ミゲル・マタモロス、ルディ・カルサード、ペドロ・ルイス・フェレール、ファウスティーノ・オラマス、エ …

続きを読む>

LOS COMPADRES / 25 EXITOS DE COLLECION

2度の来日を通して日本のラテン・ファンにもお馴染みのデュオ、ロス・コンパドレスのヒット曲25曲を収めたお得盤です。ブエナ・ビスタのコンパイ・セグンドが有名ですが彼が脱退以降でビエハ・トローバ・サンティアゲーラのレイナルドとマリーア・テレーサ・ベラの相方としても有名なそのお兄さんロレンソの黄金の歴代キューバを代表するデュオ・グループです。個人的にはこの時期の方 …

続きを読む>

LOS COMPADRES (Perlas Cubanas 013)

2度の来日を通して日本のラテン・ファンにもお馴染みのデュオ、ロス・コンパドレス。結成当初は、お馴染みコンパイ・セグンドが参加していたことでも有名です。人気が上がったのは、コンパイ・セグンドからレイナルド・イエレスエロにメンバーチェンジしてからで、兄の巨匠ロレンソと兄弟コンビで、キューバのみならず世界中を演奏して回りました。 本作は、1977年にアレイートから …

続きを読む>

MIGUELITO CUNI (Perlas Cubanas 120) 

ポピュラー音楽史上アフロキューバの伝統の最高の具現者といわれた名歌手ミゲリート・クニ。アルセニオ全盛期のリード・ヴォーカリストで、アルセニオ渡米後も直系バンド、チャポティーンのコンフントで活躍しましたが、本作は1958年にヘマからリリースされた、ソンやボレロ系の名曲を多く残したビエンベニード・グティエーレスの作品を歌ったアルバム『ソネス・デ・アジェール』(L …

続きを読む>

MARIA TERESA VERA / SENORA DE LA TROVA CUBANA

キューバ音楽界においてリタ・モンタネールと共に最初の女性スターであり、またトローバとソンの架け橋となった伝説のアーティスト、大名曲「ベインテ・アーニョス(20年)」の作者としても知られるマリーア・テレーサ・ベラ。KUBANEYからリリースされていたLP『レコルダンド』(SMT-415 or MT-223)を、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めるリイシュ …

続きを読む>

SENEN SUAREZ (Perlas Cubanos 084)

革命前1950年代から、コンボ・クラスのバンドで、小気味よく歯切れのよいアフロ・キューバンやボレロを聞かせていたギタリストでバンド・リーダーのセネン・スアレス。本作は、1956~57年の彼の最初期録音(SP盤で発売されたもの)に新たに数曲新録を足して59年にLP発売されたパナルト・レーベルのアルバム『トゥンバオ・アカラメラオ』(LP-2013)から2曲を減じ …

続きを読む>

TRIO MATAMOROS / 22 CANSIONES, DESDE CUBA CON AMOR 

「ソン・デ・ラ・ロマ」「ラグリマス・ネグラス(黒い涙)」など、今も多くのアーティストにカヴァーされ続けるキューバ音楽の父ミゲール・マタモロス。そして彼をリーダーにトローバからソンの時代を引率したグループの一つトリオ・マタモロス。本作は、独自選曲による22曲を収めたアンソロジー形式のリイシューです。 件の「ソン・デ・ラ・ロマ」他、「レクラモ・ミスティコ」「マリ …

続きを読む>

CHAPPOTTIN Y SUS ESTRELLAS (Perlas Cubanos 004)

アルセニオ・ロドリーゲスがU.S.A.に移住したのに伴って、そのバンドを引き継いだキューバのトランペット奏者フェリクス・チャポティーン。本作は、1957年にドゥアルテからリリースされたアルバム『リトゥモ・エン・セピア』(LPD-1606/後にクバネイからもMT-220でLPリリース)を、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めるリイシューです。 キューバのト …

続きを読む>

IGNACIO PINEIRO Y SU SEPTETO NACIONAL (Perlas Cubanas)

ソンの名門中の名門、セプテート・ナシオナルが、1962年、オディリオ・ウルフェのリクエストによって、再度メンバーを結集して録音したソン屈指の名盤『Sones Cubanos』(Sierra Maestra SMLD-P1(SEECO盤としても発売されました)の復刻 。イグナシオ・ピニェイロがリーダーで。歌はカルロス・エンバーレ。 セプテート・ナシオナルは、1 …

続きを読む>

SEPTETO TURQUIN / LIGADITO CON EL SON

★セプテート・トゥルキーノ / ソンとの絆 ソンの本場、キューバの古都サンティアーゴ・デ・クーバで、結成以来35年間トップを走り続けるセプテート・トゥルキーノ。伝統と現代性を合わせ持ったサウンドは健在!! ●セプテート・トゥルキーノは、“ソンの故郷”サンティアーゴ・デ・クーバを代表するソンのバンドで、1982年の結成以来、常にトップを走り続けているバンドです …

続きを読む>

go top