PANCHO AMAT, EFRAIN RIOS, COTO, MAYKEL ELIZARDE / TRES POR CUATRO 

アダルベルト・アルバレスのグループでの活躍や、数度の来日などを通じ日本でもお馴染みのパンチョ・アマート、グルーポ・ライソーンを率い、キューバ伝統音楽の研究者としての顔ももつエフライン・リオス、ホーベネス・クラシコス・デル・ソンから独立して自身のバンド、エコ・デル・カリベを結成したサンティアーゴ・デ・クーバ出身のコト、1979年サンタ・クララ生まれで、トリオ・ …

続きを読む>

OMARA PORTUONDO / OMARA SIEMPRE

昨年(2019年)、ベニー・モレーに捧げるアルバムをダンソーンのオリジネイター、ミゲル・ファイルデの玄孫にあたるエティエル・ファイルデ率いるオルケスタと発表して、健在ぶりを示していたキューバの歌姫オマーラ・ポルトゥオンドの2018年録音盤が、初入荷しました。 アルバム・タイトル『オマーラ・シエンプレ』=“いつまでもオマーラ”が示すとおり、録音時87歳にして全 …

続きを読む>

ECOS DEL TIVOLI / TRIBUTO A RAFAEL HERNANDEZ 

1992年結成のトラディショナル・ソンのセプテート、エコス・デル・ティボリ。サンティアーゴ・デ・クーバのソンを代表するグループのひとつである彼らの2018年リリース作です。 ミゲル・マタモロスの作品ばかり取り上げた作品などのある彼らですが、ここでスポットを当てているのは、プエルトリコを代表する大作曲家ラファエル・エルナンデス。定番曲「ラメント・ボリンカーノ」 …

続きを読む>

V.A. / SON DE CUBA

ヴィンテージなソン、マンボ系の名演を22曲詰め合わせたアンソロジーです。曲は、キューバを中心にプエルトリコなど他地域のものも含まれますが、キューバ人による録音を中心にピックアップされています。所謂、セプテート、セステートによるトラディシャナルな演奏というより、コンフント、オルケスタで演奏されるソン,マンボを中心に収録されています。 「ソン・デ・ラ・ロマ」「フ …

続きを読む>

PANCHO AMAT & ADONIS PUENTES / VEINTE ANOS, homenaje a maria teresa vera 

数度の来日などを通じ日本でもお馴染み、キューバのトレスの名手パンチョ・アマートと、在カナダのキューバ人ユニット、プエンテス・ブラザーズで活躍してきたアドニス・プエンテスのコラボレーションによる2013年録音、14年リリース作。CD-Rでのリイシュー品となります。 内容はタイトルにも掲げられているとおり、名曲「ベインテ・アーニョス」をはじめとする、トローバとソ …

続きを読む>

SONES DE ORIENTE / NO TE DEJES QUITAR EL SON

★ソネス・デ・オリエンテ / ノ・テ・デヘス・キタール・エル・ソン 1938年に結成!キューバの旧都で、ソンの揺籃の地、サンティアーゴ・デ・クーバで活躍し続ける老舗バンド、ソネス・デ・オリエンテ、結成80年メモリアル・アルバム。 ● ソネス・デ・オリエンテは、1938年に結成された名門バンドです、しかし、キューバのバンドによくあるように、常に若手に門を開きつ …

続きを読む>

NICO SAQUITO – ECOS DEL TIVOLI / DE MI VIEJO SANTIAGO

コンパイ・セグンドの先輩にあたるようなグアラーチャの巨人ニコ・サキートの曲12曲を本人の歌と、サンティアーゴ・デ・クーバで1992年に結成され、トラディショナル・ソンを代表するバンドとなったエコス・デル・ティボリの演奏で聞き比べるという、興味深い企画アルバムです。CD1には、ニコ・サキートがアカペラで歌った音源を収録。いつどんな経緯で録音されたものか不明です …

続きを読む>

PANCHO AMAT / EL SWING DEL SON

数度の来日などを通じ日本でもお馴染み、キューバのトレスの名手パンチョ・アマート。2014年作『エレンシアス』以来となる、18年録音のリーダー作です。今年(2019年)始めの来日公演で会場売りされていたものの、すぐに売り切れファンを残念がらせていたアルバムです。 自身のトレスにコントラバス、パーカッション、トランペット、ギター、2枚のヴォーカルという、トラッド …

続きを読む>

OMARA PORTUONDO CON ORQUESTA FAILDE /

キューバが誇る最高のディーヴァ、お馴染みオマーラ・ポルトゥオンドの2019年新作が届きました! しかも、生誕100周年を迎えたキューバの国民的大歌手ベニー・モレーに捧げるアルバム。「コモ・フエ」「ボニート・イ・サブローソ」「イ・オイ・コモ・アジェール」「マタ・シグアラーヤ」「オー・ビーダ」といったベニーのレパートリーが披露されています。 バックは、1991年 …

続きを読む>

SEPTETO NACIONAL / PARA SIEMPRE EMBALE

1927年に結成されたソンの名門中の名門、セプテート・ナシオナル。90周年記念アルバムに続く2019年の本作は、この楽団の一員などとして活躍してきた、キューバの音楽文化を最高に具現化した歴史的ヴォーカリスト、カルロス・エンバーレに捧げた内容です。 しかも、セプテート・ナシオナルを核として、曲ごとに多彩なゲスト陣を迎えた拡張編成で臨んだ録音となっています。ロス …

続きを読む>

DAVID VIRELLES / IGBO ALAKORIN (THE SINGER’S GROVE) VOLⅠ & Ⅱ 

☆ダビ・ビレージェス /イグボ・アラコリン VOL.Ⅰ & Ⅱ ジャズの名門、Justin TimeやECMなどからアルバムを発売し、現代を代表するジャズ・コンポーザー~ピアニストとなったダビ・ビレージェスが、出自であるキューバの伝統的な音楽を見つめ直し創り上げた、100%キューバ音楽アルバム。 ● ダビ・ビレージャスは、Justin Timeに1枚 …

続きを読む>

SEPTETO NACIONAL IGNACIO PINEIRO / AL BATE EL SON DE PINEIRO, 90 Aniversario

ソンの名門中の名門、セプテート・ナシオナル。1927年の結成で(当初はセステート)、そのリーダー、イグナシオ・ピニェイロは、現在に繋がるセプテート系のソンのスタイルを最終的に完成させた人です。 本作はその名門楽団の90周年記念作(2018年リリース)。CD-Rでのリリースとなります。 伝統のセプテート・スタイルを現代に受け継ぐサウンドに乗せて、「エチャレ・サ …

続きを読む>

TRIO MATAMOROS / LA VIEJA CUBANA

「ソン・デ・ラ・ロマ」「ラグリマス・ネグラス(黒い涙)」など、今も多くのアーティストにカヴァーされ続けるキューバ音楽の父ミゲール・マタモロス。そして彼をリーダーにトローバからソンの時代を引率したグループの一つトリオ・マタモロスが、1950年代半ばにプエルトリコのマルベラ・レーベルに残したアルバム『ロス・インモルターレス:ミゲール-クエト-シロ』(MVLP-2 …

続きを読む>

TRIO SERVANDO DIAZ / PAISAJES DE MI CUBA

トリオ・マタモロスと共に歴史的にも有名なキューバのトリオ・グループ、トリオ・セルバンド・ディアス。1937年に、リーダーでトップ・ヴォイスのセルバンド・ディエス、第一ギターで第3声のオティリオ・ポルタル、セカンド・ヴォイスでマラカスのクソ・メンドーサ(後に、マリオ・レシオに交代)の3人によって結成され、キューバ国内はもとより全ラテン・アメリカで人気を博し、ニ …

続きを読む>

PANCHO AMAT / LLEGO EL TRESERO

1992年のキューバ音楽レビュー・ショー『ノーチェ・トロピカール』への参加のため初来日。その後、数度の単独来日で日本のキューバ音楽ファンには、お馴染みのパンチョ・アマート。また、古くからのキューバ音楽ファンには、ソンの再生者アダルベルト・アルバレスのグループ、イ・ス・ソン全盛期にそのサウンド・プロダクションを支えたミュージシャンとしても有名です。 本作は、そ …

続きを読む>

go top