ROCIO MARQUEZ / FIRMAMENTO

>★ フラメンコの若手カンタオーラとして注目のロシオ・マルケスによる2017年作(3作目)〜前作で、アルバム収録曲の半分の制作を受け持ったラウル・フェルナンデス・ミロが、今作では全曲をプロデュース。なので、ややもってエクスペリメンタルな仕上がりであることは>こちらや>こちらと同様(ジャケもみんな白黒だし)。ま、これをフラメンコと呼ぶかどうかは別として、ブレリ …

続きを読む>

V.A. / FLAMENCO JAZZ

スペイン・ネタの中でもレアーな部類じゃないでしょうか? “フラメンコ・ジャズ” のコンピレーションですよ! セロニアス・モンクの曲をフラメンコで演じるピアニスト、チャノ・ドミンゲスのクールなナンバーを冒頭に、ジャズとフラメンコの幸福な出会いを演出する全24曲!20ページのブックレット付きで、世界初? のテーマ選曲に取り組むのはNUBA主催のフェルナンド・ロサ …

続きを読む>

CHICUELO, MARCO MEZQUIDA / CONEXION

★チクエロ&マルコ・メスキーダ / コネクシオーン フラメンコ・ギターとジャズ・ピアノによる自由闊達で洗練された音の対話! ●チクエロは、1968年生まれのカタルーニャを代表するフラメンコ・ギターの名手。ドゥケンデやミゲル・ポベダ、マイテ・マルティンら現代フラメンコ界のスター歌手のバックを担い、元オホス・デ・ブルッホの女性歌手マリーナとの双頭作もリリース、シ …

続きを読む>

CARMEN PARIS & NABYLA MAAN / DOS MEDINAS BLANCAS

ジブラルタル海峡を挟んだ、スペインとモロッコの2人の女性歌手によって生まれた、伝統と革新の交差! ●スペインの実力派ベテラン歌手カルメン・パリスは、アラゴン地方に育ち、その地を本場とする民謡ホタの現代化・混淆化を企てポピュラーな人気を得、05年のセカンド作は『いつかホテーラに』の邦題で日本でもリリース。日本でも高い評価を受けました。2014年には、グレッグ・ …

続きを読む>

ESTRELLA MORENTE / 15 AÑOS CON ESTRELLA

フラメンコの大物歌手、エンリケ・モレンテの娘という「血統書」付きのエストレージャ・モレンテ、2001年にCDデビューした後、2014年までに5作のアルバムをリリースしていますが、本2CDはそのベスト編集盤。CD1には自らのアルバムから、そしてCD2にはエストレージャが他アーティストの作に客演した曲が集められました。ホンドなカンタオーラによる純フラメンコとは言 …

続きを読む>

DIANA NAVARRO / 2005 – 2009 COLLECTION

    *ディアナ・ナバーロ(1978-)05年CDデビュー、スペインを代表する女性歌手の一人〜LPサイズの豪華ジャケ、3CD初期3作のアルバム+DVD(05年のプラザ・サラマンカでのコンサート映像)スペシャル・エディション!いかにもスペインらしい風合いのフィメールPOPヴォーカルをお探しの方に(って、いきなり3CD&DVDですけどねえ) …

続きを読む>

ROSALIA / LOS ANGELES

またまたスペイン、バルセロナから、ちょっとハッとするような女性歌手が登場!その名はロサリオ、プロデュースは>こちらや>こちらでシルビア・ペレスと共演したラウル・レフレエことラウル・フェルナンダ・ミロ。で、その内容、一応、ギター1本のみの伴奏によるカンタ・フラメンコの女性歌手と言えるでしょうが、感覚が違います。フラメンコの伝統形式で、フラメンコ以外のものを歌っ …

続きを読む>

MARIA DEL MAR BONET / ULTRAMAR 

★マリア・デル・マール・ボネット / ウルトラマール マジョルカの陽光と、カリブの風が混ざり合う。 音楽生活50周年を迎える地中海の伝説的歌姫、初のキューバ録音 ●スペイン地中海岸のマジョルカ島に生まれた女性歌手、マリア・デル・マール・ボネット。「ノヴァ・カンソ」の顔の一人としてだけでなく、地中海に根ざした様々な歌や北アフリカとのコラボレーションを取り上げて …

続きを読む>

LAS MIGAS / VENTE CONMIGO

再入荷しました!これは素晴らしい!ラス・ミガス2016年新譜、見逃してました!久々、スペインから登場のオヤジ殺しアイテム? 2004年バルセロナで結成、当店でも人気のシルビア・ペレス・クルースが在籍したヌエボ・フラメンコ系女性グループ、ラス・ミガス~2010年にファースト・アルバム、その2年後にはシルビアが抜け、新たな女性リードヴォーカル、アルバ・カルモナを …

続きを読む>

SILVIA PEREZ CRUZ / VESTIDA DE NIT

去年のサントラを兼ねていたソロ作『DOMUS』で、スペインのグラミーみたいなゴヤ賞最優秀女性になったそうで、この人の歌手としての人気も定着した観ありますが、そういうことはともかく、この新作、そんな人気をバックボーンに好きなことやりました、という感じが滲みでています。 で、その新作のコンセプトといえば、意外と長い歌い手としてのキャリア、20年間の中で(今年35 …

続きを読む>

MARIA DOLORES PRADERA / GRACIAS A VOSOTROS, DUETS

前国内盤が発売されたこともあり日本での人気が高く、うるさ型の音楽ファンにもファンの多い、スペインの正統派女性歌手マリア・ドロレス・プラデーラ。デュエット集というので「またベスト盤か」と思いつつ発注したら、なんと新録でした!いや~、ぜんぜん衰えていないですね。今年(2013年)で89歳のはずですから、この声の艶やかさ、いい意味での軽やかさは、凄いというしかない …

続きを読む>

CLARA PEYA / OCEANES 

★クララ・ペーヤ / オセアネス カタルーニャの異色ピアノ・ポップ・アーティストが、“水”と“女性”をテーマに描く、クールな安らぎと瞑目のポップネス。 ●ビーンズ・レコードよりご紹介している前作『ミムルス』(BNSCD-8923)が各方面から好評を得た、カタルーニャの異色ピアニスト、クララ・ペーヤの2017年作。 (その前作は、くるりの岸田 繁さんが、ミュー …

続きを読む>

INES BACAN, PEDRO SOLER , GASPAR CLAUS / SERRANA

  1952 年アンダルシア、レブリハ生れの女性フラメンコ歌手イネス・バカンの最新録音。名ギタリスト、ペドロ・ソレールに加えて、ソレールの息子でチェロの風雲児ガスパール・クラウスが。(サプライヤー資料から) トラックリスト 1. LUZ DE LUNA / 2. VIENEN BAJANDO / 3. AY, MI MUCHACHO / 4. MO …

続きを読む>

JUAN HABICHUELA / DE LA ZAMBA AL DUENDE

フラメンコ・ギタリスト、フアン・アビチュエーラ、ベスト・アルバムです。ランカピーノ、ホセ・メルセから、マノーロ・カラコルまで、人気歌手との共演、あるいは、トマティートやパコ・デルシアといった人気ギタリストとのギター重奏が並びます。 1 Dale Al Aire (Bulerías) Featuring – Alejandro Sanz, Ketama (2) …

続きを読む>

ESTRICNINA (CANIJO DE JEREZ / JUANITO MAKANDE) / HEMOS VISTO COSAS QUE HARIAN VOMITAR A UN MURCIELAGO 

ロックやブルースとフラメンコをミックスする、キコ・ベネーノやライムンド・アマドールらの路線を継承/展開してきたアンダルシアの人気グループ、ロス・デリンクエンテスでの活躍でも知られるエル・カニーホ・デ・ヘレス。そのエル・カニーホ・デ・ヘレスらのバックをパーカッショニストなどとして担い、ソロ作もリリースしているフアニート・マカンデー。両者がガップリ組んで立ち上げ …

続きを読む>

go top