TRAVELLIN’ BROTHERS BIG BAND / MAGNOLIA ROUTE

結成10年にして6枚のアルバムをリリース、600ものコンサートをこなしてきたというビッグバンド、トラベリン・ブラザー・ビッグ・バンド! 30~40年代のビッグバンド、ミシシッピのデルタブルース、ニューオリンズのパーティ感、ナッシュビルのカントリー、メンフィスのソウルとゴスペル、NYラティーナのマンボ。そしてシカゴのブルースを標榜としたグループ。バスクはビルバ …

続きを読む>

MADERITA / VIVIR PARA CREER

スペインはバレンシアの4人組フォーク・グループ、マデリータによる2009年作。フォーク、といってもバレンシアの伝統要素などを用いたフォークロア系ではなく、アングロ的フォークで、木訥とした雰囲気を醸し出しています。メンバーによるオリジナル曲を主体に、ボブ・ディラン「悲しきベイブ」のスペイン語カヴァーも収録。

続きを読む>

ELECTROPUTAS / RABIAKTIVA

バルセロナで00年代に活躍したラ・キンキー・ビートのリミックスでデビューしたグループ、エレクトロプータスの2014年作。ふざけたエレクトロ、というのがコンセプトのようです。なかなか下世話でアシッディでチージーなエレクトロ・トラックに女性MCが乗っかります。バルセロナのダンスミュージック・サイド、何気にベテランです。しっかし悪そうですね。(インポーター資料より …

続きを読む>

ALAMEDADOSOULNA / JALEO

マドリードが拠点の10人組スカ/ロック・バンド、アラメンダソウルナの2014年最新作です。前作ではバルセロナ00年代の顔役でもあるムチャチートをフィーチャー、今作はマヌ・チャオ以降の重要レーベルKASBA MUSICからのリリースということもあり、ロック・ラティーノ/メスティサヘシーンへ切り込ん行く感じは今作のサウンド同様勢いを感じます。タイトルの&#822 …

続きを読む>

CALAITA / FLAMENCO SON

ルンバ・フラメンコならぬ “フラメンコ・ソン” 〜スペイン南部セビーリャのフラメンコ歌手兼ギタリストのチコ・ペレ、ギターのグレン・シャープによるデュオだったそうですが、カホーン他の打楽器奏者、女性ヴォーカル、サックスの3人が加わり現在の姿に〜ジャズやR&B、そしてカリビアンの要素を溶かし込んだフラメンコを演じます。

続きを読む>

V.A. / GIPSY RHUMBA, the original rhythm of gipsy rhumba in spain 1965-74

掘りますねえ〜、UKソウルジャズ・レコーズの新譜は、スペイン / カタランのジプシー・ルンバ(ルンバ・フラメンコ)!バルセロナ北部のバリオに住まうジプシー達の間で、1960年代以降、キューバン&NYラテンとロックンロールとジプシーフラメンコをミックスし生まれたカタラン語ジプシールンバ黎明期音源復刻コレクションです。キャッチーでヴァタリティー溢れる20曲〜LA …

続きを読む>

V.A. / CHICAS, Spanish Female Singers 1962-1974

麗しいジャケですねえ~ブロンドの双子 from 60’s スペイン~というわけで、スパニッシュ・ガールズPOPコンピレーション!by VAMPI SOUL ~マルガリータ・シエラの “チャチャチャ・ツイスト” から始まり、ロス・ストップのモータウン・クラシックス・カヴァー、ストーンズ・カヴァーのソニア、等々~ドゥーアップ、 …

続きを読む>

ESTRELLA MORENTE / MI CANTA Y UN POEMA

フラメンコの大物歌手、エンリケ・モレンテの娘という「血統書」付きのエストレージャ・モレンテ、2001年の初ソロ作 です。フラメンコ・ギターのマエストロ、ペペ・アビチュエラやマノロ・サンルーカル、ケタマのカルモナ兄弟らをバックに、モノクロームのジャケが示すよう な落ち着き払った音作り、堂々とした歌いっぷりは、熱く、貫禄が漂います。(サプライヤーインフォより) …

続きを読む>

MARA ARANDA Y SOLATGE / LO TESTAMENT

スペイン地中海岸のバレンシアを拠点として、地中海を見渡す音作りでヨーロッパのワールドミュージック・シーンや、ここ 日本でも人気を得たグループ、ラム・デ・フォック。そのフロントを務めた女性歌手マーラ・アランダが、ラム・デ・フォック解散後に立ち上げたソロ・プロ ジェクトによる2013年のセカンド作です。バックには、ラム・デ・フォックのメンバーでもあったマルチ・イ …

続きを読む>

ROSARIO LA TREMENDITA / FATUM

1984年、セビージャのトリアーナ地区に生まれたカンタオーラ(女性フラメンコ歌手)、ロサリオ・ラ・トレメンディー タによる2013年のセカンド作です。ホセ・エル・トレメンドの娘にして、ガンディンガ・デ・トリアーナの孫というフラメンコ・ファミリーの出で、歌はも ちろん本格派。デビュー作『ア・ティエンポ』は、帯つきでの日本配給もされました。自らソングライティング …

続きを読む>

ANA ALCAIDE / LA CANTIGA DEL FUEGO

スペインにニッケルハルパをひろめたセファルディ系フォーク・シンガー、Ana Acaide。自らニッケルハルパを演奏しながら美しき歌声を披露。本作はヨーロッパ中で大きな評価を受け、ワールド・ミュージック・チャートで3位を獲得するなど、現在、フォーク・トラディシュナル・ミュージック・シーンで大注目の女性アーティストである。曲調はどれも空気に漂うような心地よさ。ニ …

続きを読む>

ANA ALCAIDE / COMO LA LUNA Y EL SOL

世界が注目する、スウェーデンの民族楽器、擦弦楽器であるニッケルハルパの使い手であり、透明な声を持つ、スペイン、トレドを拠点に活躍する、セファル ディ系フォーク・シンガー、アナ・アルカイデのスペインのみ流通の傑作セカンド・アルバムがリマスター復刻、世界初リリース!! 2012年リリースのアルバム『La Cantiga del Fuego』 は、ヨーロッパ中で大 …

続きを読む>

EL NINO DE MARCHENA / PRIMERAS GRABACIONES

「今世紀(20世紀)前半から中葉にかけ、最も広い人気をえたカンタオール、〈カンテ・ボニート派〉の総帥」(濱田滋郎氏『フラメンコの歴史』より)。1903年生 まれ、76年没の、フラメンコにしては甘い歌声で広く人気を博したという歌手による初期の録音を集成したアルバムです。ギター伴奏には名手と謳われたニー ニョ・リカルドやラモン・モントーヤら。40ページにわたるブ …

続きを読む>

DIANA NAVARRO / FLAMENCO

スペインはアンダルシア、マラガの生まれ、05年にデビュー・アルバムをリリース。アラブ・アンダルース音楽並びにアラブ音楽をミックスしたそのフラメンコが話題を呼んだそうですが、その2年後、スペインの古い恋歌をフラメンコ調POPで歌うセカンドをリリース、そしてこの2011年のサード・アルバムでは、ぺぺ・ピント、ファニート・バルデラーマ、エンリケ・モレンテら、伝統フ …

続きを読む>

go top