MANOLO CARACOL

      アントニオ・マイレーナ (1909-1983) やテレモト・デ・ヘレス (1934-1981) らと並んで、20世紀最高のフラメンコ男性歌手とされるマノーロ・カラコル (1909-1973) の、1963年のLP “EL GENIO DE MANOLO CARACOL” & 1968年 …

続きを読む>

LOLA FLORES / A TU VERA, 50 Canción Inolvidables

コプラ~フラメンコの歌手/ダンサーで、数々の映画にも出演し人気を博した往年のスター、ローラ・フローレス(1923年生まれ95年没)。ロリータやロサリオといった人気女性歌手の母親としても知られていますね。 本作は彼女の歌声を集めた2枚組、50曲入りアンソロジー・ベストです。コプラのヒットメーカー、キンテーロ/レオン/キロガらのナンバー、ロルカの詩を歌ったものな …

続きを読む>

ALBA MOLINA / CANTA A LOLA Y MANUEL

1978年生まれ、両親はあの夫婦フラメンコ・デュオ Lola y Manuel でした。ローレ&マヌエルの>ファーストは1975年ですから、その3年後に生まれたわけですね。ちなみに1994年、ローレことドロレス・モントーヤとエマヌエル・モリーナは離婚〜デュオ解散、マヌエルは2015年に亡くなりました。というわけで、父の死後、このアルバ・モリーナ・モントーヤは …

続きを読む>

SILVIA PEREZ CRUZ, RAUL FERNANDEZ, ERNESTO SNAJER / IMMIGRASONS

2006年リリース作再発です。シルビア・ペレス・クルース参加録音〜バルセロナ在アルゼンチンからの移住組音楽家たちとのコラボレーション南米ツアー参加の際に意気投合した音響派?マルチなプロデューサー、ラウル・フェルナンデス・ミロ&アルゼンチン(フォルクローレ&JAZZ)のギタリストらとの共作アルバム。いつも通り、どこか寄る辺なく、カタルーニャの風土と結びついたよ …

続きを読む>

ANTONIO MOLINA / EL JOVEN MOLINA

  アントニオ・モリーナ(1928−1992) スペインはマラガ生まれ、 フラメンコ・ダンサーにして歌い手、 映画俳優としても活躍した。 長らく一座を率いミュージカルも演じた。 その歌い手としての全盛期、 1950年代録音を中心に編んだベスト2CD。

続きを読む>

JUDIT NEDDERMANN / UN SEGON

★ジュディット・ネッデルマン / ウン・セゴン  輝くような透明性と艶やかでスモーキーな落ち着きを併せ持つ歌声。シルビア・ペレス・クルース、ジェンマ・ウメットに続く、カタルーニャの若き女性SSW、日本デビュー作。 ●1991年生まれのカタルーニャの美形シンガー・ソングライター、ジュディット・ネッデルマン。ビーンズ・レコードよりご紹介のカタルーニャの女性ピアニ …

続きを読む>

LOLA Y MANUEL / ALBA MOLINA

1954年生まれのローレ、 セビージャ出身のジプシー系カンタオーラでした。 ギターのマヌエルは1948年セウタで生まれ。 こちら、1994年リリースの7作目ですが、 翌年95年作 “Una voz y una guitarra” で打ち止め、 離婚してしまったのでした。 1. Alba Molina 2. Sueno Marinero …

続きを読む>

MUERDO / VIENT-SUR

アンパロ・サンチェスがプロデュースした『トカンド・ティエラ』でデビューした、ムエルドによる2015年のセカンド作。ムエルドことシンガー・ソングライターのパスクアル・カンテロは、スペイン南東部ムルシア出身で、そのヴォーカル・スタイルはダニ・マカコを思わせるところがあり、サウンドもスカやレゲエ、ソン、バジェナート、ルンバ・フラメンカ、スウィング、ファンクなど混ぜ …

続きを読む>

BUIKA / VIVIR SIN MIEDO

2015年9月の新譜です。 ストックホルム出身のプロデューサー、 マーティン・テレフェの元、 ロンドンにて録音されました。 R&B、アフロ、ゴスペル、ダブステップ、 ヌエボ・フラメンコ、レゲエ、 さらにはレゲトンの要素も加味した作に。 ナッシュビルのSSW、ジェイソン・ ムラーズとの共演も、新鮮かも知れません。 1 VIVIR SIN MIEDO. 4:48 …

続きを読む>

SILVIA PEREZ CRUZ / DOMUS

お待たせしました!シルビア・ペレス・クルースの2016年作再入荷です。イスラエル人ハングドラマー、ラヴィド・ゴールドシュミッドとのデュオ作や、ハビエル・コリーナ・トリオをバックにフィーリンを歌った『エン・ラ・イマヒナシオーン』やソロ『11 DE NOVEMBRE』、パンクからエクスペリメンタルまで、何でもありのプロデューサーにしてギタリスト、ラウル・フェルナ …

続きを読む>

TOTI SOLER / EL TEU NOM

“カタラン・ギター”ことカタルーニャを代表するベテラン・ギタリスト、トティ・ソレール。2013年作。 ●トティ・ソレールは、1949年スペインのカタルーニャはバルセロナ生まれ。60年代からノバ・カンソ運動などカタルーニャ音楽シーンの重要場面で活躍してきた当地を代表するギタリストです。 ●アメリカのタジ・マハールに出会いブルースを学び、 …

続きを読む>

XALUPA / UM SORDO S’HO ESCOLTAVA

2016年現在のスペインでもっとも注目すべき女性シンガー、シルビア・ペレス・クルースが、ハビエル・コリーナ・トリオとの『エン・ラ・イマヒナシオーン』や、人気を決定づけたデビュー・ソロ作『11 DE NOVEMBRE』以前に、在籍していたグループ、チャルパ。 ●このグループは、女性ギタリストのチアラ・ジアニがリーダーを務め、シルビアのヴォーカルの他、シルビアと …

続きを読む>

CLARA PEYA / MIMULUS

カタルーニャの異色ピアニスト/SSW、クララ・ペーヤの2015年作。鋭利な感性で切り開いた、軽やかに冴え拡がるピアノ・ポップ ●RADIO CHANGOでもとりあげられたジプシー・クレズマー・バンド、XAZZARのメンバーとして活躍し、ソロ転向後も1年に1枚というハイペースで、これまでに5枚のアルバムを発表してきたスペイン、カタルーニャのSSWクララ・ペーヤ …

続きを読む>

go top