MELON MAGUILAZ / UN PUNAITO DE CANCIONES

本作の主人公はメロン・マグイラスことミゲル・エスコラ・サンフアネス(1970~2012)。彼は00年代のバルセロナサウンドの原点の一人とも言えるボーカリストでした。1987年ロス・トロンチョスというグループでデビュー、解散間際にはムチャチートがなんとドラムで参加。93年からはトライメロンというバンドを結成。ムチャチートが正式にギター/ボーカルで参加しています …

続きを読む>

PEDRITO MARTINEZ / RUMBA DE LA ISLA

    アフロ・ルーツ・パーカッショニスト、ペドロ・マルチネス矢継ぎ早の新録。パーカッションでロマン・ディアス、ラテン・ジャズ・ベースのヴェテラン(昔ラテンSOUL)のジョン・ベニーテス、そして女性歌手にはシオマラ・ラウガー、さらにサルサ・ヴァイオリンの巨人アルフレッド・デ・ラ・フェまで参加した強力なアルバムとなりました! Pedrito …

続きを読む>

KEPA JUNKERA / GALIZA

今やスペイン、バスク地方を代表するアーティストとなったケパ・フンケラ。彼の奏でるトリキティシャ(ダイアトリック・アコーディオン)の音色と共にその名は世界を駆け巡っています。 本作は作品毎にコンセプチュアルなアプローチをしてきたケパにとっても、最も意欲的な作品です。なんと全編現代ガリシアの音楽のトラッド・シーンを牽引するミュージシャン達との共演の2枚組豪華ブッ …

続きを読む>

FANGORIA / EL PASO TRANSCENTAL DEL VODEVIL A LA ASTRACANADDA

スペインのDeee-Liteこと(たとえが古すぎる?)エレクトロ・ポップ・デュオ、ファンゴリアが2010年にデビュー20周年を記念したベスト盤&セルフカヴァー盤二枚組初入荷しました。一枚目は20年間のシングル曲をデビュー曲から並べた22曲。初期はまんまヴォーグです!それからディー・ライトを経て、エレクトロ化していってます。スパークスやリタ・ミツコにも共通する …

続きを読む>

AL ANDALUZ PROJECT / SALAM

ドイツのネオ中世音楽アンサンブル、エスタンピーとスペインのミクスチャー・トラッド・グループ、ラム・デ・フォックの出会いから生まれたアル・アンダ ルース・プロジェクトの2013年新作〜中世、イベリア半島で何世紀もの間、イスラム教、ユダヤ教、キリスト教といった信仰の違いを越え、哲学や科学、芸術が大きく花開いた時代、アル・アンダルース時代を、現代に蘇らせせようとい …

続きを読む>

BURITACA / BARAWANIZ

バルセロナのミクスチャーシーンをサポートするレーベル、カスバMUSICの2011年作~バルセロナらしいアフロを中心にレゲエ / ラテングルーヴ(ブーガル、メレンゲ、クンビア)をベースにしたミクスチャーユニットです。同じくバルセロナ、マヌ・チャオ周辺のコロール・ウマーノや好評のテラコタ、あるいはラジオオチャンゴ等のファンは要チェックのアフロ・ミクスチャー秀作で …

続きを読む>

ELS CREMATS / FORMIGUES

スペインのカタルーニャ州、パラフルジェルで活動する6人組のアコースティック・フォーク・グループの2013年作。フォーキーなサウンドにコーラスが爽やかさを添え、アダルトなフォークといった感じです。本作の聞き所は粋な選曲カヴァーです。10曲目ではシルビア・ペレス・クルスが、アルゼンチン・フォルクローレの巨匠、メルセデス・ソーサの“Chacarera del 55 …

続きを読む>

JOAN DIAZ TRIO with SILVIA PEREZ CRUZ / WE SING BILL EVANS

スペインの生んだ名ジャズ・ピアニスト(ということになっているようです、ジャズの方では…)ジョアン・ディアスのトリオが、ビル・エヴァンス作品をカヴァーした08年リリースのアルバムですが、なんとフィーチュアーリング・ヴォーカリストはシルビア・ペレス・クルース!知りませんでした…。しかし、外連味や余計な飾り立てというものが全く感じられない、 …

続きを読む>

SOMI DE GRANADAS / LE CHAMP DES DUNES

オクシタニアのディアトロニック奏者、ティエリー・ロック、やはりオクシタニアのコルヌミューズ(バグパイプ)&各種金管奏者のギヨーム・ロペスの二人を 中心に、カホン、ベンディール、コンガなどのパーカッション群、さらに4女声のポリフォニー・コーラスが加わり、国境なきオクシタニア音楽のロマンチック なイメージを、独特な楽器の音色を駆使して描き出した刺激的なネオ・トラ …

続きを読む>

FERMIN MUGURUZA / ASTHMATIC LION SOUND SYSTEM

反グローバリズムを明確に打ち出し、音楽の力で故郷バスクの分離独立を願うバンド=フェルミン・ムルグサの新作です。ジョーストラマー~マヌ・チャオという系譜を受け継ぎ、フジロックにも既に3回出演、伝説のパフォーマンスを繰り広げました。今作も、そんな彼の熱いメッセージに饗応した豪華ゲストが参加。マヌ・チャオ、エイジアン・ダブ・ファンデーション、オホス・デ・ブルッホ、 …

続きを読む>

ANA BELEN / A LOS HOMBRES QUE AME

このとき60歳だそうです。懐かしくなったので、久々の新譜となったという2011年作を入れてみました。その昔、WAVEでバカ売れしていました。スペインの “JAZZY BOSSA POP” とかなんとか…、ま、今となってもイイ女ですねえ、ちょっと、いしだあゆみ系というか…、けっこう哀愁歌謡ですねえ、今聴くと。それ …

続きを読む>

JOSE EL CHATARRA / DE CHATARRA…CORAZON

バルセロナより活きのいいルンバ・ミクスチャー・バンドがまたひとつ、バルセロナの海岸沿い西南に位置するタラゴナを拠点に活動する6人組、ホセ・エル・チャターラ!スカやレゲエ風もあれば、ファンキーでロッキン、時にはディストーション・ギターでパンク・テイストまで。勿論フラメンコ・マナーなツイン・ヴォーカルは鉄板。そんな芸風の広い彼ら、フロントマン2人のルックスが最高 …

続きを読む>

FERMIN MUGURUZA / FM99.00 DUB MANIFEST

<バスク発ラディカル放送局の過激な内容 / メーカーインフォより> レゲエ、ラテン、テクノ、ジャングル、トラッド… すべてのビートを飲み込む、フェルミンのアグレッシヴ・ダンス・ミュージック。世界中に発信された電波に共鳴するラジオを捜せ。考える前に踊れ、踊りながら考えろ。それがフェルミン流ダンス・ミュージックの楽しみ方! 1. FM99.00 ダブ・マニフェス …

続きを読む>

LOS AMAYA / AFRORUMBA TOROPICAL, VOL.1

 フラメンコの著名な女性舞踊手、カルメン・アマヤのファミリーによるルンバ・グループで、ルンバ・カタラーナ全盛期に活躍したロス・アマヤのベスト盤2枚組。ホセとデルフィンの兄弟グループです。70年代にはプエルト・リコ系のデュオ、リッチー・レイ&ボビー・クルスの大ヒット曲「ハラ・ハラ」を歌い人気を不動のものに。絶頂期は70年代でペレット、エル・ペスカイージャ、カチ …

続きを読む>

LA BUNDU BAND / CAT SAMURAI

タイトルは “猫侍”!一体なんでしょう? これまで3枚のアルバムを発表しているブンドゥ・バンド、ダビィでファットなドラムンベース/ジャングルやブレイクビーツの上に乗っかるラップ。一曲目からいきなりRUDE HI-FIが参加、フェルミン・ムグルサ、オブリント・パス、キンキー・ビートらRADIO CHANGOのステッパーズ系/キーパーソン …

続きを読む>

go top