BUIKA / VIVIR SIN MIEDO

2015年9月の新譜です。 ストックホルム出身のプロデューサー、 マーティン・テレフェの元、 ロンドンにて録音されました。 R&B、アフロ、ゴスペル、ダブステップ、 ヌエボ・フラメンコ、レゲエ、 さらにはレゲトンの要素も加味した作に。 ナッシュビルのSSW、ジェイソン・ ムラーズとの共演も、新鮮かも知れません。 1 VIVIR SIN MIEDO. 4:48 …

続きを読む>

SILVIA PEREZ CRUZ / DOMUS

お待たせしました!シルビア・ペレス・クルースの2016年作再入荷です。イスラエル人ハングドラマー、ラヴィド・ゴールドシュミッドとのデュオ作や、ハビエル・コリーナ・トリオをバックにフィーリンを歌った『エン・ラ・イマヒナシオーン』やソロ『11 DE NOVEMBRE』、パンクからエクスペリメンタルまで、何でもありのプロデューサーにしてギタリスト、ラウル・フェルナ …

続きを読む>

TOTI SOLER / EL TEU NOM

“カタラン・ギター”ことカタルーニャを代表するベテラン・ギタリスト、トティ・ソレール。2013年作。 ●トティ・ソレールは、1949年スペインのカタルーニャはバルセロナ生まれ。60年代からノバ・カンソ運動などカタルーニャ音楽シーンの重要場面で活躍してきた当地を代表するギタリストです。 ●アメリカのタジ・マハールに出会いブルースを学び、 …

続きを読む>

XALUPA / UM SORDO S’HO ESCOLTAVA

2016年現在のスペインでもっとも注目すべき女性シンガー、シルビア・ペレス・クルースが、ハビエル・コリーナ・トリオとの『エン・ラ・イマヒナシオーン』や、人気を決定づけたデビュー・ソロ作『11 DE NOVEMBRE』以前に、在籍していたグループ、チャルパ。 ●このグループは、女性ギタリストのチアラ・ジアニがリーダーを務め、シルビアのヴォーカルの他、シルビアと …

続きを読む>

CLARA PEYA / MIMULUS

カタルーニャの異色ピアニスト/SSW、クララ・ペーヤの2015年作。鋭利な感性で切り開いた、軽やかに冴え拡がるピアノ・ポップ ●RADIO CHANGOでもとりあげられたジプシー・クレズマー・バンド、XAZZARのメンバーとして活躍し、ソロ転向後も1年に1枚というハイペースで、これまでに5枚のアルバムを発表してきたスペイン、カタルーニャのSSWクララ・ペーヤ …

続きを読む>

TOTI SOLER / EL TEMPS QUE S’ATURA

●トティ・ソレールは、1949年スペインのカタルーニャはバルセロナ生まれ。60年代からノバ・カンソ運動などカタルーニャ音楽シーンの重要場面で活躍してきた当地を代表するギタリストです。 ●アメリカのタジ・マハールに出会いブルースを学び、セビージャの伝説的フラメンコ・ギタリスト、ディエゴ・デル・ガストールからフラメンコの手ほどきを受けたり、他にも地中海音楽、ジャ …

続きを読む>

TORTEL / LA GRAN PRUEBA

  1977年生まれのバレンシアのシンガー・ソングライター、ホルヘ・ペレスのソロ・プロジェクトであるトルテルの2014年作。トルテルとしては、これがサード作のようです。デジタル処理されたセピア色とでもいうか、ラヴ&ピースなヴィンテージ感を現代に召喚したサウンド。曲は全曲自らのオリジナルで、アンデス・フォルクローレを取り入れた6曲目や、エキゾチカ的イ …

続きを読む>

V.A. / MEDIO SIGLO DE CANTE FLAMENCO

1987年に編まれた25人の歌い手によるホンドなフラメンコ71曲を収めたカンテ・フラメンコの本格的コレクション、スペインの National Award of the Ministry of Culture を受賞したそう。〜その25年後、2012年にSONY により復刻されています。なるほど聴き応えズッシリのイイ曲が揃っています! CD 1 01. Por …

続きを読む>

DIANA PALAU & JOEL MORENO CODINACHS PROJECT PLAYS

74年生まれの女性歌手ディアナ・パラウと、73年生まれのギタリスト、ジョエル・モレーノによるバルセロナのデュオ・ユニット。ディアナのナチュラルな歌声、セミアコ系の柔らかなギターの音色に、曲によりベース、ドラムス、ピアノ、サックス/クラリネットなど加えたジャズですが、ガーシュウィンやジム・ホールのナンバー、トム・ジョビンやレニーニのブラジリアン・チューン、ビー …

続きを読む>

SUSANA SHEIMAN / OPEN GATE

スペインの女性ジャズ・シンガー、スサーナ・シェイマンの2015年新作。1973年生まれの彼女は16歳でプロとしてのキャリアをスタートしていますが、2011年にSWIT RECORDSからリリースした『Swing Appeal』がデビュー・アルバムで、本作は彼女が率いるクインテットの名をタイトルにした2作目。メンバーには先頃新作を発表したスペインのテナー奏者、 …

続きを読む>

ROCIO MARQUEZ / EL NINO

戦後都会的なカンテ・フラメンコ歌手、ペペ・マルチェーナ(1930-76)の洗練されたスタイルへのオマージュ、1985年生まれのカンタオーラ、ロシオ・マルケスのセカンドです。古典的トラック(フラメンコ研究者、ファウスティーノ・ヌニェスのプロデュース) / 創造的トラック(エクスペリメンタル?な音楽家〜シルビア・ペレス・クルースとの共作者、ラウル・フェルナンデス …

続きを読む>

OREKA TX / SILEX

★オレカ TX / シレックス ●中央政府のあるマドリードやバルセロナのあるカタラン地方とも全く違う文化、言語を持つスペイン・バスク地方。海と山に囲まれた自然豊かな土壌と独立機運の強い民族で複雑な歴史を持っています。特に言語は世界の言語系等でも唯一、起源が不明というミステリアスな面も多い地域。 ●そんな独特の文化が潜むバスクの伝統楽器でもとりわけユニークなの …

続きを読む>

EFECTO PASILLO / TIEMBLA LA TIERRA

2012年にリリースしたシングル“Pan y mantequilla”が35週間チャートイン、YouTubeでのPV再生回数が2600万回(2015年8月現在)を超えた人気グループ、エフェクト・パシージョの最新アルバム。前作の大ヒットを受け制作された3枚目となる新作は、多大なプレッシャーも感じさせない勢いのあるグループの自信のようなものを感じます。青空のよう …

続きを読む>

JOSEPHINE FOSTER & THE VICTOR HERRERO BAND / ANDA JALEO – PERLAS

USコロラド州1974年生まれのSSW(既に10枚以上のアルバムをリリースしているそう)、その不安定な歌声がどーもカンシオーン・エスパニョーラ、追想のスペイン歌謡 “コプラ” (スペイン市民戦争からフランコ独裁政権下にかけて黄金時代を迎えるも大戦後は下火に)の歌い口をどこか連想させると思っていたら、なるほどジョセフィーヌ・フォスターという人、早々とスペインに …

続きを読む>

go top