V.A. / RACE RECORDS, Black Rock Music Forbidden On US Radio 1942-1955

ロックンロールの革命は1940 年代のラジオで始まっていた。ドック・レゲエことブルーノ・ブルムによるブラック・ロック聡明期・読み直しのための3CD〜いわゆる北米インディーズのハシリ、RACE RECORDS 各社の音源を使用してのコレクションとなります! CD 1 – THE BIRTH OF ROCK AND ROLL 1942-1950 : …

続きを読む>

MAX POLLAK / RUMBATAP

☆マックス・ポラック/ルンバタップ タップダンスを音楽的に聴かせたい…そんな難しいミッションを成功させたアルバムがこれだ。しかもアフロ・キューバンをメインにした高い音楽性にタップとボディー・パーカッションを織り交ぜたという、これまで前例の無い、なんともユニークな内容だ。これを創り出したのは、オーストリア出身で現在ニューヨークにて活動するパフォーマー/音楽家の …

続きを読む>

DAVID ORLOWSKY TRIO / KLEZMER KINGS, A Tribute

20世紀はじめ、NYのイーストサイドに大挙して移民したブルガールズ(元はチュルク、コーカサス系と同化した遊牧民)やアシュケナジム(東欧のディアスポラ)の中にナフトル・ブランドワイン Naftule Brandwein (1884–1963) という今のウクライナあたりで育ったクラリネット奏者がいたんですが、この人、1920年代以降、NYのユダヤ系住民の大スタ …

続きを読む>

JOSEPHINE FOSTER & THE VICTOR HERRERO BAND / ANDA JALEO – PERLAS

USコロラド州1974年生まれのSSW(既に10枚以上のアルバムをリリースしているそう)、その不安定な歌声がどーもカンシオーン・エスパニョーラ、追想のスペイン歌謡 “コプラ” (スペイン市民戦争からフランコ独裁政権下にかけて黄金時代を迎えるも大戦後は下火に)の歌い口をどこか連想させると思っていたら、なるほどジョセフィーヌ・フォスターという人、早々とスペインに …

続きを読む>

NORAIDA Y LOS MORE

キューバ音楽史上最大の歌手ベニー・モレー夫人で、63年のベニーの死後未亡人となったノライーダ。2人の息子とのノライーダ・イ・ロス・モレー名義の本作は、米国に居を構え70年代前期にティト・プエンテ楽団をバックにして4枚のアルバムをリリースした、その中の4枚目のストレート・リイシューCD-Rです。ベニーの愛称「エル・バルバロ・デル・リトゥモ」に対し、女性形「ラ・ …

続きを読む>

V.A. / The Northern Souleros Present SHADY SIDE OF TOWN Chapter Three

    ベイエリアを拠点とするバリオ・オールディーズのハードコア・ディガー集団、ノーザン・ソウレロスが編集したレア・ソウル集第3弾。収録された21曲はどれも入手困難な甘茶ソウル~R&B。噂によると1000枚の限定プレスとのこと。前作ももう入手できません。弊社も今回限りだけの入荷です。>☆track 1   ▽知らない曲ば …

続きを読む>

LITTLE RICHARD / 1951-1962

”ドック・レゲエ”ブルーノ・ブルム選曲監修のリトル・リチャード集 3CD。28 ページブックレット英仏語付き! 祖父は厳格なクリスチャンにして牧師、父は密造酒販売業、自身はゲイで家から追い出され、ローティーンでメディスンショーに加わり、旅芸人に。その後、歌の才を認められ15歳でレコーディングのチャンスを得るも鳴かず飛ばず、ハイティーンの頃は女装して怪しげな店 …

続きを読む>

V.A. / BOSSA NOVA IN USA 1961-62 (3CD)

1961年から62年にかけて、アメリカ人ジャズミュージシャンが演奏したボサノヴァの名曲ばかりをフランスのFremeaux社が3枚のCDに選曲収録。スタン・ゲッツ、ハービー・マン、ジョージ・シアリング、バド・シャンク、デイヴ・ブルーベック、カル・ジェイダーほか。 Disc 1 1. Chega de saudade Dizzy Gillepsie Vinici …

続きを読む>

V.A. / GUITAR WORKS BY MICKEY BAKER

★V.A./ギターワークス・バイ・ミッキー・ベイカー 故・中村とうようのレーベル:オーディブックの諸作品が限定復活! 黒人音楽史上でダントツの大胆不敵なギタリスト〜ソロ、伴奏プレイなど年代順に23曲 ミッキー・ベイカーと言えばR&Bからロックが派生してゆく時期(50年代)に泣く子も黙るアグレッシヴなプレイで先頭を駆けぬけた、黒人音楽史上でダントツの大 …

続きを読む>

FARIS / MISSISSIPPI TO SAHARA

砂漠のブルースとデルタ・ブルースが邂逅 トゥアレグの血をひくギタリストの意欲作! 21世紀ワールド・ミュージック・シーン最大の発見となった「砂漠のブルース」シーンに、驚きのコンセプトを持ったアルバムが登場しました。それは、アメリカ合衆国のデルタ・ブルースを砂漠のブルース・スタイルで演奏するというもの。主役はこれが初フル・アルバムとなるイタリア人歌手/ギタリス …

続きを読む>

V.A. / CAMBODIA CASSETTE ARCHIVES, Khmer Folk and Pop Music Vol. 1

CD再発!されてました。カンボジア/ポルポト政権下から北米へ亡命した歌い手達が、70~90年代に録音した膨大な本国向けカセットから選曲された、その後のクメール民謡&ポップ選集/オムニバスです!バイラやモーラムにも似た熱帯歌謡から、田園への郷愁がそこかしこに滲むアーバン・ロック調ド演歌、リラックスし過ぎのクメール風ディスコ・インストや、木魚とシンセと口琴が、あ …

続きを読む>

KIRAN AHLUWALIA / SANATA : STILLNESS

こちら>前作につづいて、南アジアの歌唱スタイルを、サハラ系ブルースの要素とミックスした曲ほか、パンジャビーソングやガザルなど彼女本来の歌唱を通して、自在な感覚で自らのルーツに向き合うカナダ在住パンジャーブ女性の新作! 前作では実際にティナリウェンのメンバーが参加していましたが、今作では彼女の夫でパキスタン系アメリカ人ジャズ・ギタリスト、レーズ・アバシが全面参 …

続きを読む>

go top