KIRAN AHLUWALIA / SANATA : STILLNESS

こちら>前作につづいて、南アジアの歌唱スタイルを、サハラ系ブルースの要素とミックスした曲ほか、パンジャビーソングやガザルなど彼女本来の歌唱を通して、自在な感覚で自らのルーツに向き合うカナダ在住パンジャーブ女性の新作! 前作では実際にティナリウェンのメンバーが参加していましたが、今作では彼女の夫でパキスタン系アメリカ人ジャズ・ギタリスト、レーズ・アバシが全面参 …

続きを読む>

V.A. / TROUBADOURS OF THE FOLK ERA VOL.1フォークの吟遊詩人たち 1

USフォークの代表的名曲/名演をレーベルの枠を超えて、年代順/体系的に収録したオムニバス第一弾。 ウディ・ガスリー、ジョーン・バエズ、イアン&シルヴィアら全18曲を収録。   (下記サイトから全曲試聴可能) http://www.allmusic.com/album/troubadours-of-the-folk-era-vol-1-mw00002 …

続きを読む>

V.A. / TROUBADOURS OF THE FOLK ERA VOL.3: THE GROUPS

フォークの代表的名曲/名演をレーベルの枠を超えて、年代順/体系的に収録したオムニバス第三弾。 ウィーヴァーズ、キングストン・トリオ、M.F.Q.、ブラザー・フォーほか、全18曲収録。   (下記サイトから全曲試聴できます) http://www.allmusic.com/album/troubadours-of-the-folk-era-vol-3 …

続きを読む>

V.A. / TROUBADOURS OF THE FOLK ERA VOL.2 フォークの吟遊詩人たち 2

USフォークの代表的名演/名曲をレーベルの枠を超えて、年代順/体系的に収録したオムニバス第二弾。 ピート・シーガー、トム・ラッシュ、ジュディ・コリンズ、ジョニ・ミッチェルら18曲を収録。 (下記リンクから全曲試聴可能) http://www.allmusic.com/album/troubadours-of-the-folk-era-vol-2-mw0000 …

続きを読む>

SCARLET RIVELA / CELTIC MYST

    ボブ・ディランの全盛期をサポートし、聞く者を驚嘆させ魅了した伝説のバイオリニスト、スカーレット・リヴァラが郷愁あふれるケルトの美しい旋律を携えてシーンの中心に舞い戻ってきた。映画「タイタニック」で名を馳せた天才バグパイプ奏者エリック・リグラーをフィーチャー。

続きを読む>

PAINTED CAVES

★ペインテッド・ケイヴス ●アメリカ、ミルウォーキーを拠点に活動する、パレスチナ系アメリカンのバンドで、60年代ロックと中近東のトラディショナルな音楽を溶かし合わせた“アラブ・アメリカン”なバンド、ペインテッド・ケイヴスのデビュー・アルバム。その希有なオリジナリティーから地元ウィスコンシン州では既に“世界中どこにも彼らのようなバンドはいない”とメディアで高評 …

続きを読む>

NIYAZ / THE FOURTH LIGHT

★ニヤーズ『ザ・フォース・ライト』 アザム・アリの神秘的な歌声、カヌーンやサズの魅惑の生音を包み込む壮大なエレクトロ・サウンド… ベリーダンサーにも圧倒的人気を誇る在カナダのイラニアン・ディアスポラ・グループ、ニヤーズ。4作目となる本作では、カル メンが脱退、伝統弦楽器奏者ローガとプログラミングも担当するアザムの二人で、さらに濃密なコンセプトを展開。スーフィ …

続きを読む>

RICHARD WOOD / FIRE DANCE

カナダのケルト音楽シーンにおいて最も注目を集めるリチャード・ウッド、1998年の出世作。ステップダンスを踊りながら、フィドルを弾く、ド派手なライブパフォーマンスで人気急上昇中。   (参考映像)

続きを読む>

LOREENA MCKENNITT / TO DRIVE THE COLD WINTER AWAY

  カナダ生まれの「さまよえるケルト人」ロリーナ・マッケニットの1987年2NDにしてクリスマスアルバム。18世紀イングランドのトラッドから始まり、アイルランド、スコットランド、イングランドのキャロルを教会で録音。彼女自身のハープをメインにしたシンプルなサウンド。  

続きを読む>

LOS DISCO DURO / Te Lo Creo – Muchchada

Lado A: Te Lo Creo Lado B: Muchchada ベイエリアで活躍するクンビア~エレクトロニカDJ、DJ ROGER MASがLOS DISCO DURO名義でリリースした7インチ盤。ヴォコーダー(?)を使った歌入りクンビア・ディスコ・エレクトロニカ。スペイン語のヴォーカル、キーボードによる哀愁のメロディ・フック、そしてカウベルが入っ …

続きを読む>

LOS DISCO DURO / Ritmo Pegajoso – La Culebra

Lado A: Ritomo Pegajoso Lado B: La Culebra ベイエリアで活躍するクンビア~エレクトロニカDJ、DJ ROGER MASがLOS DISCO DURO名義でリリースした7インチ盤。ヴォコーダー(?)を使った歌入りクンビア・ディスコ・エレクトロニカ。スペイン語のヴォーカル、キーボードによる哀愁のメロディ・フック、そしてカ …

続きを読む>

BUYEPONGO / Maestros – Mulatu Para Ti

そのエネルギッシュなライブ・パフォーマンスで圧倒的な人気を誇るクンビア・バンド、ブイエポンゴが遂に7インチ・リリース。クラブ向けといえるRAWな音質を意識したAサイドのクンビア、そしてBサイドにはメロウでコズミックなアフロ・ファンクを収録。アートワークは弊社のTシャツでも大人気だったアルフォンソ・アセーベスが担当。シルクスクリーンのハンドプリントによるジャケ …

続きを読む>

QUITAPENAS

ジャングル・ファイヤーのメンバーがプロデュースする若手実力派の1st。コロンビアのクンビア、中米のプンタ、ペルーのチチャ…中南米に散らばる辺境系トロピカル・サウンドを徹底的に探求した圧巻の演奏。メンバーはロサンゼルスの移民2世たち。社会・政治意識も高いラティーノ・オーディエンスを相手に、ライヴで徹底的に鍛え上げてきた腕前は流石の一言。粘っこいギターが唸る高速 …

続きを読む>

QUITAPENAS / Mas Tropical – Que Te Pasa

驚きの充実作品として>デビュー・アルバムも各所で大好評!南カリフォルニアで盛り上がるトロピカル・ミュージック・シーンの重要バンド、キタペナスが、2013年に発表したアンダーグラウンド・トロピカル・ダンサー2曲。パレンケやチチャなどの要素を感じさせつつ、独自のサボールとグルーヴを醸し出す汎トロピカル的な演奏は流石の一言!両ナンバー共にアルバム未収録。ラテン~ワ …

続きを読む>

V.A. / NEW ORLEANS BRASS BANDS, Through The Streets Of The City

伝統からコンテンポラリーまでのスタイルが楽しめる、これがニューオーリンズ・ブラス・バンドのいま! ハリケーン・カトリーナの悲劇から今年8月でちょうど10年め。また昨年は御大ドクター・ジョンが同郷のルイ・アームストロングへのトリビュート盤『スピリット・オブ・サッチモ』(ユニバーサル)が大きな話題になり、それにあわせてミュージック・マガジン誌がニューオーリンズ音 …

続きを読む>

go top