LES McCANN TRIO / LIVE IN PARIS 29 Juillet 1961

1960年代SOUL JAZZのパイオニアの一人、レス・マッキャン(ピアノ)トリオ、1961年7月 パリ左岸のクラブ・カメレオンでのライヴ録音発掘!これがイイ、貴兄の知っているソウルJAZZとはひと味もふた味も違う、かも!? CD1 : A LITTLE 3/4 TIME FOR GOD & CO • VACUSHNA • I AM LOVE • E …

続きを読む>

V.A. / NEW ORLEANS ROOTS OF SOUL 1941-1962

ドック・レゲエことブルーノ・ブルム監修選曲解説のニューオーリンズR&B〜ニューオーリンズSOULへ至る道〜集3CDということで。32ページブックレット(仏英語)!〜この内容とヴォリュームはなかなかのものです。じっくり聞くも良し、小さい音で流しておくだけでもOK〜ミシシッピを遡った内陸のソウルシティ、メンフィスとの違いは奈辺にあるのか?カリブに流れ込む河口の街 …

続きを読む>

TONY SCOTT and The Indonesian All Stars / DJANGER BALI

Djanger Baliと題された1967年名作!インドネシアJAZZのみならず、現在のインドネシア音楽の礎をきずいた最重要音楽家ブビ・チェン、ジャック・ルスマナといった優れたインドネシアのミュージシャン達と、ジャズが本来持っているアフリカンスピリチュアル感覚の表現方法を模索していたトニーが出会って創造されたインドネシア・スピリチュアルJAZZワールド!67 …

続きを読む>

THE BROTHERS NAZAROFF / THE HAPPY PRINCE

現代クレツマーを代表するメンバーが集結した ネイサン・“プリンス”・ナザロフへのトリビュート! 世界で最も豊富なカタログを持つ、アメリカの民俗音楽レーベル<SMITHSONIAN FOLKWAYS>の新作は現代クレツマー・シーンの名手達が集結した、豪華なコンセプト・アルバムだ。バンド名にもなっている“ナザロフ”とは、1954年にフォークウェイズから東欧諸国の …

続きを読む>

JULIANA JENDO / GOLDEN TUNES

シリア出身、少数民族とされるアッシリア人(アラム語系 / キリスト教徒〜中東中心に330万人)の女性歌手で、現在米国で活動中。ダブケ風リズムやペルシャ風節まわし、トルコ〜中央アジア風アレンジも聞かせるアラム語歌謡を展開。実力あり!

続きを読む>

NATHALIE PIRES / FADO ALEM

北米ニュージャージー育ちのポルトガル系若手女性歌手(ポル&US二重国籍を持っているそう)の新作〜その07年デビュー・アルバムはUSのポルトガル・コミュニティーで話題を呼んだそう。で、歌うのは、もちろんファド。この2015年のセカンドは本国ポルトガルでも大評判、その新鮮な歌い口はファド・シーンに新風を吹き込むかと期待されているそう。ともあれ、このセカンドでの成 …

続きを読む>

BRIAN HAENETTY / RAWHEAD & BLOODYBONES

快進撃を続ける米dust to digitalの新作は、1940年代に録音された、子供が朗読するアパラチア民話のSP盤に合わせ、米国の音楽大学教授で作曲家のブライアン・ハーネティがスティーブ・ライヒを思わせる新たな曲を作り重ね合わせたもの。二枚組で一枚目はSP音源をミックス、二枚目はSP音源なし。ロマンティックなミニマル室内楽に、アメリカの明るい未来を信じる …

続きを読む>

CARRIE RODRIGUEZ / LOLA

テキサス、オースティン生まれ、06年ソロ・デビュー、チカーノ系アメリカン女性歌手 / SSW / フィドル奏者でもあるキャリー・ロドリゲスの5作目となる2016年作。〜ビル・フリーゼル、ラウル・マロらが参加!サンアントニオ出身で1930〜50年代にチカーノ系人気女性歌手として活躍したエバ・ガラーサを敬愛するラテン指向は、ランチェーラとボレーロとカントリー・ソ …

続きを読む>

RIO JORDAN / LEGENDARY DYNASTY

☆リオ・ジョーダン『レジェンダリー・ダイナスティ』 世界で一番ファンキーだったアコーディオン奏者、故スティーヴ・ジョーダン感動の未発表録音。そして息子たちのグループ、リオ・ジョーダンによるトリビュート録音のカップリング2枚組がテキサスから遂に到着!”アコーディオン界のジミヘン”との異名をもった天才演奏家。熱烈ファンからレア・グルーヴ好 …

続きを読む>

THE DELIRIANS / GET UP !

☆ザ・デリリアンズ『ゲット・アップ!』 イースト・ロサンゼルスから登場!バリオ・オールディーズの伝統であるスウィートなチカーノ・ソウルとスカ/ロックステディが融合したご機嫌なローライダー系サウンド。グルーヴィなオルガンがたまらないタイトル曲(1)、スカ~ブーガルーが混じり合う(2)、ラヴァーズ・マナーの(3)、スカタライツを継承する(5)(7)、ヴィンテージ …

続きを読む>

VIEUX FARKE TOURE & JULIA EASTERLIN / TOURISTES

☆ヴィユー・ファルカ・トゥーレ&ジュリア・イースターリン『トゥーリスト』 西アフリカのジミヘンこと、マリのギタリスト、ヴィユー・ファルカ・トゥーレ。そしてジョージア生まれブルックリン在住のシンガー・ソングライター、ジュリア・イースターリン。NYで出会った二人による異色の共演アルバム。二人が意気投合し書き上げた6曲の他、ボブ・ディラン(3)、フィーヴァー・レイ …

続きを読む>

LOS NOMBRES

ローライダー好きは完全マストと断言したい極上スウィート・ソウル・チューン「ラヴィング・ユー」。ラテン・ロック独得の甘い高揚感をもつ「トドス」。この2曲でもう決まりです。オハイオ州クリーヴランドの郊外にある町、ロレイン。周辺では、戦後に鉄鋼業に従事するために、多くのプエルトリコ人が移住してきていた。ロス・ノンブレスは、そんな貧しく過酷なコミュニティから誕生した …

続きを読む>

XIXA / BLOODLINE

シクサはメキシコとの国境に近いアメリカ・アリゾナ州トゥーソンから登場したグループ。トゥーソンのインディー・シーンをリードする存在として知られているブライアン・ロペスとゲイブリエル・シルヴィアンを含む6人が数年前に集まり結成し、当時意識の高いミュージシャンの間で注目されていたチャーチャに強く影響を受けたオリジナル・ロック・サウンドを目指しました。そして彼らの評 …

続きを読む>

ROYAL JESTERS / ENGLISH OLDIES

テキサス・サンアントニオで1958年、マイク・ペドラーサ、オスカー・ローソン、ヘンリー・エルナンデス、ルイス・エスカランテで結成されたメキシコ系グループ。ドゥーワップに溶け込ませたメキシカン・ボレロのハーモニー。ルイス・エスカランテ、ディマ・ガルサ、ジョー・ジャマなど伝説的な歌手を常に擁し、アメリカ生まれのテハーノ(メキシコ系テキサス人)たちに向けて数々の英 …

続きを読む>

go top