V.A. / “BACK IN THE DAY IN ESSJ” EAST SIDE SAN JOSE

★『バック・イン・ザ・デイ・イン・ESSJ』イーストサイド・サンホセ 大注目のチカーノ/ローライダー音楽シーン話題必至作品。 伝統と多様性。カリフォルニア州サンホセのチカーノ・バリオ、イーストサイド・サンホセへ捧げた入魂のチカーノ音楽。チカーノ・ソウルの最高峰、サニー・オスーナも一曲参加〜CDは日本のみ発売! チカーノ公民権運動の旗手、セッサル・チャベスが暮 …

続きを読む>

THEE SACRED SOULS

遂に入荷!南カリフォルニアで大きく盛り上がるチカーノ/ヴィンテージ・ソウル・シーンのなかでも大きく注目を受ける4人組グループ、ジ・セイクレッド・ソウルズによる待望のフルアルバム。一曲目の名曲”Can I Call You Rose?”からまさに捨て曲無しの全12曲。シングル発表曲は3曲のみで他は初収録。録音にはレーベルメイトでもあるジ・アルトンズのアドリアー …

続きを読む>

THE REVUES / ME CORAZON ESTA LLORANDO

これは大傑作!ロサンゼルスの実力派演奏家でもあるJoeyが主宰、昨今のスウィートなソウル系から敢えて逸脱する素晴らしい音源を創り出しているチカーノ系新興レーベル、COSA。レーベルの中核的プロジェクトであるザ・レヴューズ名義の第2弾は、再び歌手にデリリアンズでのロックステディ・チューンでお馴染みのエンジェル・サルガードをフィーチャーしたレトロ・サイケデリック …

続きを読む>

BABY BASH Presents THE BASH TONES / SOULDIES ARE FOREVER

  ヒューストンを拠点に90年代から活躍して来たのベイビー・バッシュを中心に、ラッパーのキッド・フロスト(懐!)、ティファナ拠点のシンガー、フランキーJといったヴェテラン、そしてコタ、ジョーイ・キニョーネスという現行若手も参加し、それぞれの面々が書き下ろした曲をバッシュを軸にそれぞれが歌とラップを交えた全7曲となります。う〜む、コレ近年出色のチカー …

続きを読む>

SUNNY & THE SUNLINERS / Mr. BROWN EYED SOUL Vol.2

★ サニー&ザ・サンライナーズ『Mr.ブラウン・アイド・ソウル Vol.2』 チカーノ・ソウルの王様、サニー・オスーナ率いるサニー&ザ・サンライナーズのベスト第2弾! 前作もベストセラー。甘いだけではない、テキサス・ソウル~ファンク職人集団の燻し銀の歌唱・演奏を伝えるさらにディープな内容。 最も入手困難な「シッティング・イン・ザ・パーク」の極上カバーも遂に収 …

続きを読む>

EDDIE AND THE VALIANTS / Please Come Home – My Dear

チカーノ・ソウルの最重要地、テキサス州サンアントニオを拠点にする現行グループによる最新シングル。サニー・アンド・ザ・サンライナーズ、ザ・ロイヤル・ジェスターズなどウェストサイドで一斉に開花した60年代黄金サウンドへのトリビュートを込めて結成された。ホーン・セクションも含めて総勢11名。これぞまさに伝統のチカーノ・ソウルといえる哀愁溢れるスロー・ナンバーはロー …

続きを読む>

THEE SACRED SOULS / Trade of Hearts – Let Me Feel Your Charm

待望の第3弾シングルが入荷!昨今登場したコーラス・グループのなかでも特に高い評価を受けるサンディエゴの3人組。今回はA面に美しいバラード、そしてB面には驚愕の歌唱力で大注目の女性歌手、ジェンシン・マルティネスがリフのバックコーラスで参加したグルーヴィーなミディアム・テンポ・ナンバー。メイン・ヴォーカル、ジョシュ・レーンのまるでスモーキー・ロビンソンのようなシ …

続きを読む>

SUNNY & THE SUNLINERS / I Can Remember – Sitting In The Park

2022年7月中旬発売のベスト・コンピ第2弾『Mr. ブラウン・アイド・ソウル Vol.2』からのシングル盤第一弾。チカーノ・ソウルの王様、テキサスのサニー・オスーナ率いるサニー&ザ・サンライナーズの膨大な録音のなかで最も入手困難といえるナンバーが遂にリイシュー。濡れた歌声、歌唱に絡み合う哀愁のオルガン・サウンド… B面にビリー・スチュアートが歌ったスロー・ …

続きを読む>

V.A. / TREJO’S SOUL COLLECTION Vol.1

ご存知メキシコ系アメリカ人の大人気俳優、ダニー・トレホが贈るCDの第2弾。今回は自主レーベル、BASHTOWNからのリリース。ベイビー・バッシュ、ロッキー・パディーヤ、ペペ・マルティネスなどのベテラン勢から、新世代を代表するトリシュ・トレド、コタ、ジョーイ・キニョーネスらの人気歌手も参加。またロサンゼルスの若き女性マリアッチ歌手、TWIXXYによる、ランチェ …

続きを読む>

BOBBY OROZA / GET ON THE OTHERSIDE

★ボビー・オローサ / ゲット・オン・ジ・アザーサイドヴィンテージ・ソウル界の異端的歌手、ボビー・オローサ待望の新作登場!コロナ禍の体験を経て生み出されたまさに入魂の作品。繊細な甘い歌声、抒情的な歌詞、そしてコールド・ダイアモンド・アンド・ミンクが奏でる極上のR&Bサウンド。ボビー自身によるソウル・ジャズ的アプローチをもつギター・ソロも登場。何度も聴 …

続きを読む>

DEWEY KENMORE / BEFORE WE SAY GOODBYE

ロサンゼルスのチカーノ系新興レーベル、COSAからの第3弾はジョー・バターン、ラルフィ・パガーン直系といえるラテン・ソウル・チューン。歌手はDEWEY KENMORE。おそらく初録音。グルーヴィーなオルガンとギター、控えめながら確かな存在感を出すボンゴ、印象的なリフを紡ぐピアノ、そしてブーガルー・フィーリング溢れるベース・・・なんともドラマチックな演奏も秀逸 …

続きを読む>

V.A. / LOWRIDERS, Sweet Soul Harmony from The Golden Era

大人気CD『THIS IS LOWRIDER SOUL』のLP化!ローライダーたちの合言葉であるLOW & SLOWの審美眼で選び抜かれた14曲。チカーノ・ソウル研究家であり、ロサンゼルスのローライダー・シーンとも深い関係をもつルーベン・モリーナ氏がコンパイルに協力した大人気CD『THIS IS LOWRIDER SOUL』シリーズのVol.1とVo …

続きを読む>

ORQUESTA RENE / TO SAY I LOVE YOU – WHO DO YOU LOVE?

イーストLAの文化発信地区、ボイルハイツから届いた極上チカーノ・ソウル!ラロ・ゲレーロの生前にバック伴奏を務めていたスキップ・ヘラーもプロデュースに参加。ビブラフォンも加わった往年のラテン・オーケストラ・スタイルをバックに、不滅のバリオ・オールディーズ・ナンバー、ラルフィ・パガーン「トゥ・セイ・アイ・ラヴ・ユー」をカヴァー。歌っているのはなんとジョセフ・キニ …

続きを読む>

V.A. / The Key To Our Love Vol.2

大好評となった『The Key To Our Love Vol.1』の続編登場。ローライダー・オールディーズのコレクターを唸らす1960~80年代アンダーグラウンド系ソウルを10曲収録! ローライダー/チカーノ・バリオを魅了してきたレア~ロスト・ソウル。今回はさらに極めて入手が困難なナンバーを収録!管楽器、ヴァイオリンなども混ざった豪華なアレンジをバックに、 …

続きを読む>

THEE LAKESIDERS / CAN’T FOOL ME TWICE – SHOW ME LOVE

まるで70年代チョロのようなファッションで登場し、カリフォルニアで沸き起こった新世代チカーノ・ソウル・ムーヴメントの先駆けとなった若き男女デュオ、ジ・レイクサイダーズ。ロサンゼルスでスマッシュヒットとなりPVが閲覧回数650万回を記録した「パラシュート」から約3年。遂に待望の最新7インチをドロップ。途中の語りが英語からスペイン語にスイッチする瞬間がたまらない …

続きを読む>

go top