MAKMUR SEJAHTERA / VOLUME 1

  人懐っこいポップなメロディと結構ラウドなサウンド、ふてぶてしい男性ヴォーカルに甘い女性ヴォーカルが交差する、独特のサウンドを持った4人組バンド、マクマー・スジャートラの初作。酔っぱらって結成、拠点はバタヴィアと、斜に構えたようなバンドですが、インディ系ロック・ファンにはたまらない音を出しています。歌詞は「のんのんびより」と「よつばと!」に影響を …

続きを読む>

JUSTIN ADAMS feat. ANNELI DRECKER / RIBBONS

砂混じりのアフロ・サウンドに豊かな弦の響きと北欧のテイストを練り込んだ新感覚ミクスチュア! 2000年以降のワールド・ミュージック・シーンのキーパースンのひとりであり、ロバート・プラントのバンド〈センセーショナル・スペース・シフターズ〉のギタリストとしても活躍するジャスティン・アダムズが、久々にソロ名義でアルバムを発表した。今回は北~西アフリカの伝統音楽や砂 …

続きを読む>

INDISCHE PARTY / ANALOG

クールな60’sブリティッシュ・サウンドを奏でる若手バンド!1世紀前の急進的政治組織の名を掲げるインディシュ・パーティは、女性ドラマーを含む4人組。2013年に初作をリリース、その後アビー・ロード・スタジオでのシングル・レコーディングを経ての2作目がこちらです。そのサウンドはブリティッシュ・インヴェイジョンの完全再現!と言うと多くのバンドが連想さ …

続きを読む>

GIANT STEP / MARK-1

初CD復刻! インドネシアの伝説的プログレ・バンドのデビュー作! インドネシアの伝説的プログレ・バンド、ジャイアント・ステップのファースト・アルバム(1975年作)が遂にCD化された。バンドは73年に結成、後に鍵盤奏者デディ・ドレスが加入するようになると、よりハードな音楽性を目指すようになった。そんな時期に発表された本作は70年代初頭のブリティッシュ・ハード …

続きを読む>

RADIOLA / TEMPO SEM NOME

シンガー Nancy Viégasとヴィジュアル担当 Glauber Guimarães(ステージのみならず、クリップも担当)を中心としたサルヴァドールのインディーズ実験ポップバンド、ラジオラの2012年3rdアルバム。ヒット曲「3.3.3.3.3.3」はヴォーカルから全ての楽器までマイク1本で録音するなど、なかなかに楽しいことをやってます。 >http:/ …

続きを読む>

HARRY ROESLI GANG / PHILOSOPHY GANG

CDも入荷しました!「HARRY ROESLI といえば、インドネシア人も日本人も血眼になってレコやカセットを探している。その彼がシンガポールのLIONというレーベルに残した73年デビュー作がレコでリイシューされた。」by レコオヤジさん twitter より無断転記 – 感謝! というわけで、ハリー・ロエスリ(1951-2004) 一筋縄じゃな …

続きを読む>

GOD BLESS / CERMIN 7

2017年最新作!インドネシアのロック・シーンの礎を作った伝説のバンドが蘇る! メタルやプログレが盛んなインドネシアのロック・シーンの礎を築いた伝説的バンド、ゴッド・ブレス。70年代初頭の結成から現在に至るまで、幾度かの活動休止を挟みながらも、彼らは第一線で活動中だ。本作は実に8年振りのリリースとなる7作目。80年にリリースされたアジアン・プログレの最高峰と …

続きを読む>

B.I.O. (Bandung Inikami Orcheska) / NEW WAVE SKA

    バンドゥン・イニカミ・オルケスカ / ニュー・ウェイヴ・スカ〜2015年作、というわけで、グループ名通り、西ジャワの州都、スンダ文化の中心地バンドゥンから登場した往年のUKツートン / スペシャルズ・フォロワーっぽいスカバンドの2015年作!

続きを読む>

ESTRICNINA (CANIJO DE JEREZ / JUANITO MAKANDE) / HEMOS VISTO COSAS QUE HARIAN VOMITAR A UN MURCIELAGO 

ロックやブルースとフラメンコをミックスする、キコ・ベネーノやライムンド・アマドールらの路線を継承/展開してきたアンダルシアの人気グループ、ロス・デリンクエンテスでの活躍でも知られるエル・カニーホ・デ・ヘレス。そのエル・カニーホ・デ・ヘレスらのバックをパーカッショニストなどとして担い、ソロ作もリリースしているフアニート・マカンデー。両者がガップリ組んで立ち上げ …

続きを読む>

MONSTROMERY / 怪物たちの音楽

80年代からマルキ・ド・サドなどを輩出し、フランスのラジカルなロックの温床であったレンヌ市の2000年代の重鎮ノイズバンド「モンゴメリー(MONTGOMERY)」の中心人物、バンジャマン・ルドーファン(vo,g)とヨアン・ブッフトー(dms)の別プロジェクト、名付けて「モンストロメリー(Monstromery)」。その怪物性を強調するため、わざわざ当地人の読 …

続きを読む>

OUZA BAZOOKA / SIMOON

  中東版テーム・インパラorブラック・キーズ?イスラエルのサーフギター&サイコ・ベリーダンス・ユニット Boom Pam のギタリスト/リーダー、ウリ・ブラウネル・キンロト(UBK)&そのグループ〜 OUZA BAZOOKA のセカンド2016年新作です!グラムでサイケでプログレで、テルアビブならではの紆余曲折クロスカルチュラルな重厚オールド・ロ …

続きを読む>

MASHROU’ LEILA / RAASUK

KYの仲野麻紀さん、ベイルート買い付け商品です。ベイルートを代表するインディーズ・ロックバンド、マシュルー・レイラの2013年作。歌詞はアラビア語ながら、サウンドにアラブ色のまったくない正統派ロックサウンドで、ヨーロッパのフェスにも出演しています。

続きを読む>

EDO KLENA & KLENOTY / SKAREDY DEN V CHUJAVE

全共闘世代に少しばかり乗り遅れた世代の皆様大変お待たせしました!?(〜意味ナシ)既に30年以上のキャリアを持つスロヴァキアのヴェテランPUBロッカー&そのバンド2016年の新作です(本邦初入荷、でしょう、たぶん)!風刺と反骨とユーモアと加齢臭に裏打ちされたロック魂が、中東欧らしいボヘミアンな歌い口(時にアジテート風、時に酔いどれ風、時に民謡風)を聞かせます。 …

続きを読む>

go top