SEARCH & WINGS / DOUBLE TROUBLE

MYSロック2大巨頭の実力を思い知る!  1980年代から90年代にかけてマレイシア・ロック・シーンを牽引し〈MYS最高のロック・バンド〉との呼び声も高かった2大巨頭グループ:サーチ、そしてウィングス。前述の2作品と同様の構成ですが、こちらは2バンド競演ナンバー3曲も収録されています。その当時のマレイシア・ロック・シーンのクォリティの高さを思い知らされる一枚 …

続きを読む>

M.A.Y. & SOFEA / M.A.Y. VS SOFEA

マレイシア版クイーン vs. モトリー・クルー?!  熱いハイトーン・ヴォーカルとブライアン・メイ似のギター・サウンドで1980年代半ばより数々の賞レースを勝ち抜いてきた実力派ハード・ロック・バンド:M.A.Y.。そしてモトリー・クルーやキッスを想起させるヘヴィー・メタル/ハード・ロック・バンド:ソフェルのベストです。  前述の『ブラックローズ&ガーサング/ …

続きを読む>

BLACKROSE & GERSANG / KOKEKSI BLACKROSE + GERSANG

懐かしの産業ロック風サウンド満載!  1980年代後半から90年代に活躍したマレイシアのロック・グループ:グルサンと、やはり90年代初期に活躍したブラック・ローズの2バンドのベスト・ソングが1CDにまとめられた作品。当時のマレイシアには珍しかったグラム・ロック・サウンドを売りにしていたブラック・ローズと米ロック・バンド:ジャーニー風のサウンドでバラードものを …

続きを読む>

CHICO OCAÑA ‎/ DE PIEDRA

  やや剽軽ながらもパンキッシュなオヤジ系ファンキー “ルンバ・フラメンコ” ロックの名作!初入荷です。裏ジャケもイカしてますよ! 1 De Piedra 2 Wassa 3 Paciencia 4 Mareas 5 Dijital 6 Sin Ánimo, Con Ánimo 7 Beker 8 Pendrive 9 Ma …

続きを読む>

YEHUDA POLIKER / EICH KORIM L’AHAVA SHELI

テッサロニキで暮らしたユダヤ系ギリシャ人の両親を持つイスラエル人シンガー / ソングライター、イェフーダ・ポリカー(本名 レオニダス・ポリカリス)〜ベンゼンというグループで2枚のアルバムをリリースした後、ソロ歌手に転向、こちらは2001年9作目のアルバム。グリーク・ソングをヘブライ語で歌うなど、お聞きの通り、イスラエルで活躍するギリシャ的メンタリティーを持っ …

続きを読む>

SIDI BEMOL / CHOUF !

アルジェリア出身のシディ・ベモルことオシーヌ・ブーケラ(ONBのリーダー、ユーセフ・ブーケラの兄)の2020年作です。ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムスのシンプルな4ピースのバンド・スタイルを基本とした、ロックやブルースによる武装をがっつり施しながら、そのブラックネスにグナワ的ニュアンスを帯びるアルジェリアン・ロックが炸裂。スモーキーなヴォーカルで、カリス …

続きを読む>

SHONO BAND / SHONO HUNTERS, Throat singing from the shores of Baikal

モンゴルの北に隣接、南はバイカル湖に面したロシア連邦ブリヤート共和国出身、ブリヤートの伝説と叙事詩とホーミー、加えてモンゴルの馬頭琴を習得したアレキサンダー・アルヒンシーブが2014年に結成したグループ、ショーノ・バンドの2016年作初入荷!様々な中央アジアの伝統を溶け込ませた、堂々としたユーラシアン・ロックを聞かせます。アレキサンダーのみでなく、グループの …

続きを読む>

RAMLI SARIP / BUKAN KERANA NAMA

マレイ・ロックの殿堂! 〈パパ・ロック(ロックの父)〉との愛称を持ち、マレイ・ロックの礎を築いたとして尊敬を集めているシンガポール人シンガー・ソングライター、ラムリー・サリップ。1960年代後半に結成されたロック・バンド、スウィート・チャリティのフロントマンとして活動、同バンドはマレイシアを始めとするマレイ語圏の後進のロック・バンドに多大な影響を与えました。 …

続きを読む>

CZESŁAW ŚPIEWA ‎/ KSIĘGA EMIGRANTÓW TOM I

チェスワフ・モジル 〜ポーランドのデンマーク語SSW〜1979年生まれ、5歳でデンマークへ移り、28歳でポーランドへ戻り、08年にアコーディオン奏者SSWとしてCDデビュー〜本作は3作目。キャバレー・ミュージックというかパンクというかフォークロアというか、その音楽性は彼の地でも唯一無二?たぶん… 1 Milion Na Rok 2 Nienawi …

続きを読む>

BUTTERFINGERS / SELAMAT TINGGAL DUNIA – PERISTIWA BATU KERAS

オルタナ/グランジ好きに激しくオススメ! 1993年結成、2009年解散のKL出身オルタナ/グランジ・バンド、バターフィンガーが2006年にリリースした2枚組ライヴ・アルバム。Disc.1は比較的ポップなオルタナ/グランジ・ロックですが、Disc.2は激しくポスト・ガレージ・パワー全開。往年のイギー&ザ・ストゥージーズのようなテイストもあり、実に格好いいです …

続きを読む>

SEARCH / THE REAL KLASIK

1980年代から90年代にかけてマレイシア・ロック・シーンを牽引したバンド、サーチ。マレイシア最高のロック・バンドのひとつと言われるだけあって、外連味たっぷりのメロディ・ラインとやたら演奏力の高い分厚いロック・サウンドはなかなかクセになります。アンガス・ヤングからの影響があるのでは?といったようなギター・サウンドにニヤリとされる方もいらっしゃるはず。80年代 …

続きを読む>

SEARCH / DI PINTU SEPI

  MYS最高のロック・グループの音をデジタル・リマスターで!1980年代から90年代にかけてマレイシア・ロック・シーンを牽引したバンド、サーチ。マレイシア最高のロック・バンドのひとつと言われるだけあって、80年代らしい外連味たっぷりのメロディ・ラインとやたら演奏力の高い分厚いロック・サウンドはなかなかクセになります。1988年にリリースした作品で …

続きを読む>

CAPAREZZA ‎/ LE DIMENSIONI DEL MIO CAOS

1973年南の生まれ、2000年にファーストCDリリースのラッパー、2018年までに9枚のアルバム、本作は4作目。色々ためし聞きしましたけど、このアルバムがいかにもイタリアらしいタタミ込むような早口言葉風ラップが面白いし、ユーモアたっぷり明るいし(ラップは明るい方がイイという当店的独断?世界的にほぼ95%ぐらい?クールだったりダークだったりする中で)、なんだ …

続きを読む>

POKEY LAFARGE ROCK / BOTTOM RHAPSODY

2006年にリリースされた1st アルバム『Marmalade』以降、アーリー・ジャズ、ジプシー・スウィング、カントリー・ブルース、ラグタイムなど一貫してアメリカのルーツ・ミュージックを“今”の音楽として表現するポーキー・ラファージ。Concord/Rounder Records より2017 年にリリースされた前作『Manic Revelations』から …

続きを読む>

go top