RAMLI SARIP / BUKAN KERANA NAMA

マレイ・ロックの殿堂! 〈パパ・ロック(ロックの父)〉との愛称を持ち、マレイ・ロックの礎を築いたとして尊敬を集めているシンガポール人シンガー・ソングライター、ラムリー・サリップ。1960年代後半に結成されたロック・バンド、スウィート・チャリティのフロントマンとして活動、同バンドはマレイシアを始めとするマレイ語圏の後進のロック・バンドに多大な影響を与えました。 …

続きを読む>

CZESŁAW ŚPIEWA ‎/ KSIĘGA EMIGRANTÓW TOM I

チェスワフ・モジル 〜ポーランドのデンマーク語SSW〜1979年生まれ、5歳でデンマークへ移り、28歳でポーランドへ戻り、08年にアコーディオン奏者SSWとしてCDデビュー〜本作は3作目。キャバレー・ミュージックというかパンクというかフォークロアというか、その音楽性は彼の地でも唯一無二?たぶん… 1 Milion Na Rok 2 Nienawi …

続きを読む>

BUTTERFINGERS / SELAMAT TINGGAL DUNIA – PERISTIWA BATU KERAS

オルタナ/グランジ好きに激しくオススメ! 1993年結成、2009年解散のKL出身オルタナ/グランジ・バンド、バターフィンガーが2006年にリリースした2枚組ライヴ・アルバム。Disc.1は比較的ポップなオルタナ/グランジ・ロックですが、Disc.2は激しくポスト・ガレージ・パワー全開。往年のイギー&ザ・ストゥージーズのようなテイストもあり、実に格好いいです …

続きを読む>

SEARCH / THE REAL KLASIK

1980年代から90年代にかけてマレイシア・ロック・シーンを牽引したバンド、サーチ。マレイシア最高のロック・バンドのひとつと言われるだけあって、外連味たっぷりのメロディ・ラインとやたら演奏力の高い分厚いロック・サウンドはなかなかクセになります。アンガス・ヤングからの影響があるのでは?といったようなギター・サウンドにニヤリとされる方もいらっしゃるはず。80年代 …

続きを読む>

SEARCH / DI PINTU SEPI

  MYS最高のロック・グループの音をデジタル・リマスターで!1980年代から90年代にかけてマレイシア・ロック・シーンを牽引したバンド、サーチ。マレイシア最高のロック・バンドのひとつと言われるだけあって、80年代らしい外連味たっぷりのメロディ・ラインとやたら演奏力の高い分厚いロック・サウンドはなかなかクセになります。1988年にリリースした作品で …

続きを読む>

CAPAREZZA ‎/ LE DIMENSIONI DEL MIO CAOS

1973年南の生まれ、2000年にファーストCDリリースのラッパー、2018年までに9枚のアルバム、本作は4作目。色々ためし聞きしましたけど、このアルバムがいかにもイタリアらしいタタミ込むような早口言葉風ラップが面白いし、ユーモアたっぷり明るいし(ラップは明るい方がイイという当店的独断?世界的にほぼ95%ぐらい?クールだったりダークだったりする中で)、なんだ …

続きを読む>

POKEY LAFARGE ROCK / BOTTOM RHAPSODY

2006年にリリースされた1st アルバム『Marmalade』以降、アーリー・ジャズ、ジプシー・スウィング、カントリー・ブルース、ラグタイムなど一貫してアメリカのルーツ・ミュージックを“今”の音楽として表現するポーキー・ラファージ。Concord/Rounder Records より2017 年にリリースされた前作『Manic Revelations』から …

続きを読む>

EXISTS / REUNION

  ある種の貫禄をたたえ2019年、堂々の再結成! バンド名を〈イグジスト〉から〈イグジスツ〉変更、2008年に解散-----そして2019年再結成の際にリリースされたアルバムがコチラ。11年の時を経たことにより、面立ちといい演奏のこなれ具合といい、まさに円熟の味わいです。ジャーニー辺りの商業ロック・ファンの方にはストライクな音なのではないでしょう …

続きを読む>

TOMI LEBRERO / DOCE – ANTOLOGÍA IMPOSIBLE

2018年9月から2019年9月、毎月アルバム一枚分を12ヶ月、200曲をレコーディングするというクレイジーなプロジェクトを完走したトミ・レブレロ。ここから珠玉の18曲が選ばれ、フィジカルなCD作品として誕生したのが本作。馬に乗って2000kmを旅する過程を描いたロード・ムービーの撮影中に生まれた子馬に捧げる”Yanasu”に始まり、 …

続きを読む>

SHIN JOONG HYUN / FOR TRIBUTE GUITAR

大韓ロックの父、と言うか、祖父というか、 81歳、シンジョンヒョン、まさかの新譜! 息子3人のバックにおいて、ギターを弾きまくるの巻。 脱俗超凡、仙境にあって、なお、お盛ん?とでも言うか、 枯淡と激情を行き来しつつ、来し方を振り返るように、 自らの過去曲をセルフ・カヴァーしています。 それにしても、この恐ろしいようなジャケ、いったい…? 1 겨울공원 (Wi …

続きを読む>

LOS GATOS / ROCK LA MUJER PERDIDA

ロス・ガトス・サルバヘスでの活動を経たアルゼンチン・ロックのパイオニアの一人、リト・ネビアらにより1967年に結成された5人組バンド、ロス・ガトス。リト・ネビアが立ち上げたメロペア・ディスコスより、1969年録音1970年発表の5枚目で、スタジオ録音作としては最後のアルバムのリイシューCDです。 この録音の前に、リト・ネビア以外のメンバーは、音楽的刺激を求め …

続きを読む>

GIORGOS MARGARITIS & 667 / OLA THA TA DIAGRAPSO

1945年生まれ、 遅咲きデビューは35歳の時、 未だ人気は続く、もうひとりのヨルゴス (って、ヨルゴス、ギリシャにはいっぱいいますが) ハードボイルドなライカ男性歌手、 2001年のロック・アルバム! 1 Opening Theme 2 Έχω Απόψε Καημό Μεγάλο 3 Πρώτα Βήματα Στους Δρόμους Του Πουθ …

続きを読む>

go top