LUCIDVOX / WE ARE

ラウドなロックとミステリアスなフォークロア・サウンドの融合! ロシアのインディ・ロック・シーンが誇るガールズ・バンドがついに国際デビュー!! 2013年結成以来、モスクワを拠点に活動している4人組ガールズ・ロック・バンド、ルシードヴォックス。国際デビュー・アルバムとなった本作は、〈全編母国語で歌う〉、〈ライヴ感覚を重視する〉、〈伝統的なロシアの民謡や民話の要 …

続きを読む>

PHANEE DE POOL / AMSTRAM

スイス出身の新世代女性シンガー・ソングライター。2020年のセカンド作です。フランス語のつぶやきのようなヴォーカルは、ヒップホップ以降の感性で、ブリジット・フォンテーヌの『ラジオのように』の系譜を引くものとでも言えるでしょうか。レパートリーはいずれも自身のオリジナルで、トラック作りもキーボードやギターで、ほぼすべてを一人でこなしています。6曲目でピアノ&ヴァ …

続きを読む>

CHAMAD SHANGO / APOKOLO LIBIDO

フランスの男女デュオ・ユニットによる2020年の初アルバムです。ソングライティング/ギター/キーボード他と、女性ヴォーカルに、ヴァイオリン&ヴィオラが一部加わるという構成ですが、エレクトロニカにソウル、スウィング要素などをほどよくミックス。ハスキー系の雰囲気あるヴォーカルが印象的ですね。レパートリーはいずれもオリジナルで、詞は英語となっています。(サプライヤ …

続きを読む>

OAG / EXPERIMENTALLY PLAYGROUND 1967

マレイシア国内外で注目を集めたオルタナティヴ・ロック・グループのEP! 1992年結成のマレイ・ポップ/オルタネイティヴ・ロック・グループOAG(=オールド・オートマティック・ガーベッジ、あるいはオラン・アジア・ジーニアスの略)。マレイシア初の英詞で歌うオルタナ・バンドとしてデビュー当初は大変な話題を呼びました。1997年にはFIFAワールド・ユース選手権の …

続きを読む>

CAPAREZZA ‎/ LE DIMENSIONI DEL MIO CAOS

1973年南の生まれ、2000年にファーストCDリリースのラッパー、2018年までに9枚のアルバム、本作は4作目。色々ためし聞きしましたけど、このアルバムがいかにもイタリアらしいタタミ込むような早口言葉風ラップが面白いし、ユーモアたっぷり明るいし(ラップは明るい方がイイという当店的独断?世界的にほぼ95%ぐらい?クールだったりダークだったりする中で)、なんだ …

続きを読む>

MELINGO / OASIS

アルゼンチンのロック・シーンで活躍した後、近年はタンゴの世界へと進出してきている1957年生まれのシンガー/マルチ・インスト奏者ダニエル・メリンゴの2020年作です。タンゴやブルース、さらにはギリシャ系アルゼンチン人ということでレンベーティカなどが、エレクトロニカやダブ要素でブーストされたサウンドを聞かせます。フアン・パブロ・ガジャルド指揮のオルケスタ・ティ …

続きを読む>

BABA ZULA / DERIN DERIN

ターキッシュ・アンダーグラウンド・シーンを20年以上牽引してきたグループの2019年最新作が登場! 『サイケベリーダンス・ミュージック』の世界的ヒットで日本でも知られるようになったトルコのオルタナティヴ・ジャム・バンドのババズーラ。2013年の『34 イスタンブル・ガレージ地区より』以来5年ぶりとなるスタジオ録音作が遂に発表された。本作から創始メンバーのレヴ …

続きを読む>

TAMER ABU GAZALEH / MIR’AH – TRULTH

向かって左 “MIR’AH” 2006年作〜 向かって右 “TRULTH” 2016年作〜 パレスティナの両親のもと、カイロに生まれたウードほかの弦楽器奏者、タミル・アブ・ガザラのオルタナティヴなアラブ音楽〜安易にロックやエレクトロな音楽と融合しないで、ロックが辿ってきたニューウェイヴ / オルタナ …

続きを読む>

MARYAM SALEH, MAURICE LOUCA, TAMER ABU GHAZALEH / LEKHFA

  1990年代生まれのエジプトはカイロで活動する 3人組(女声含む)の2018年作です。 なんだか、あんまり好きなタイプの ジャケではないのですが、 内容は面白いですねえ…!? アラブのオルタナティヴなシャアビ?とでも…、 実にスリリングです! で、詳しくは後刻〜と思ったら既に… (しかも、去年の4月!?)>☆ …

続きを読む>

ROMULO FRÓES / O DISCO DAS HORAS

制作開始のきっかけは2004年1stアルバム「Calado」以来のパートナー・シップとなる造形作家兼詩人のヌーノ・ハモスがローマの空港からブラジルに戻る際、したためた詩作を電子メールしてきたことに因ります。そこには”Primeira Hora”、”Segunda Hora”、と1時間目、2時間目と題された愛やポ …

続きを読む>

RONEI JORGE / ENTREVISTA

バイーア出身でラドロォンエス・ヂ・ビシクレータ=”自転車泥棒”というロック・バンドを率いて20年を超える音楽キャリアを持つホネイ・ジョルジ。初のソロ作はペドロ・サーがprod.、女性のサポート・メンバーとモレーノ・ヴェローゾ、ジョアナ・ケイロスが参加。 先鋭的なブギーを刻むギター・リフにブラジリアン・ロック特有の朴訥とした唄、そこへ安 …

続きを読む>

RASMEE, ISAN SOUL / AROM

>★ タイ北東部、イサーンのハートをオルタナティヴに歌い上げる注目の女性歌手、ラスミーの2017年末の新作となります。モーラムやルークトゥンの歌い口、節まわしというものを強烈に感じさせながら、時にフォーキー、時にファンキーなフリーフォームなギター・バンドを背後に強烈なヴォイスを放ちます。一度聴いたら、忘れられませんねえ、いろんな意味で。 This is Ra …

続きを読む>

go top