こちらでは、主に北米のラテン音楽を扱います。

NAPOLEON ZAYAS Y LA ORQUESTA CIUDAD TRUJILLO

1904年生まれ79年に亡くなったドミニカ共和国のサックス奏者/バンド・リーダー、ナポレオン・サヤス。ビッグバンドを率いてメレンゲをインターナショナルに広めたパイオニア的存在です。 トランペットとサックスの管楽器セクションが活躍するオーケストレーションで、メレンゲ独特のサックスのリフがうねる、祝祭感あふれるサウンド。50年代の録音かと思いますが、チャチャチャ …

続きを読む>

MACHITO …Y SUS AFRO-CUBANS

曲順はシャッフルされていますが、1964年の DECCA 盤LP (DL 4505) ストレート・リイシューと言いたいところですが、1曲欠けて全11曲となっています(”Intermezzo” )。が、もともとそのDECCA 盤LP (DL 4505) は1941年のSP音源集の復刻なので(もともとはSPアルバム)、それほど気にならないのですが…。 …

続きを読む>

PAPA CANDITO / PAPA CANDITO EN NEW YORK

1914年生まれ97年に亡くなったプエルトリコの鍵盤奏者パパ・カンディートのアルバムのストレートCD-Rリイシュー。オリジナルは、Montilla ‎– FM-224。 電子オルガンも操る彼のグループは、50~70年代にプエルトリコのフィエスタなどのもり立て役として重宝されていたとのことですが、ここでもインストでブーガルーやボレロ、メレンゲ、タンゴ、タンボリ …

続きを読む>

KACHIMBA 4 / ハチャーガマク

★カチンバ・クアトロ 『ハチャーガマク』 カチンバ・クアトロ、待望の新作! 沖縄音楽とラテン、カリビアン・ミュージックの融合を進めてきた KACHIMBA4! 9枚目となる本作は、近年のヨーロッパ公演を経て、さらにワールドなサウンドのチャンプルーを大胆に展開! ●1998年2月、バンドリーダーのTAROの呼びかけにより結成され、これまでに8枚のアルバムを発表 …

続きを読む>

RUDY CALZADO ‎/ RUDY CALZADO Y SU SEXTETO

ルディー・カルサド〜1929年サンティアーゴ・デ・クーバ生まれ、兄弟達も歌い手であり(オルケスタ・アラゴーン)、従兄弟は、やはり歌い手のフェルナンド・アルバレス、妹達はピアニストだったそう。そんな音楽ファミリーに生まれ、打楽器奏者、そして歌手として、マリアーノ・メルセローン楽団、ホセ・ファハルド楽団、エンリケ・ホリン楽団といったダンソン〜チャランガ系楽団を遍 …

続きを読む>

ROSALIE ELENA RODRIGUEZ / FRENTE A FRENTE

★ロザリー・エレーナ・ロドリゲス『フレンテ・ア・フレンテ』 カリフォルニアで絶大な人気を誇る女性マリアッチ・グループの先駆け、マリアッチ・ディーバスに在籍し、グラミー賞を獲得した美しきチカーナ歌手/バイオリン奏者による初のソロ・アルバム。ペルーのギタリスト、マヌエル・モリーナを中心に、リマで活躍する最高の演奏家を集めて南米の有名ボレロを抜粋して録音されている …

続きを読む>

エルナンド・アビレス・コレクション

★LOS MEJOR DE HERNANDO AVILES CON SU CUARTETO  Y EL TRIO LOS PANCHOS トリオ・ロス・パンチョス初代トップ・ヴォイスの初期の歌声を綴った名盤が新価格で復活! フィーリンやボレーロなど、ラテン歌謡の世界に興味を持った新しいファンにこそ聞いて欲しい作品がこれだ。本作はトリオ・ロス・パンチョスの初代 …

続きを読む>

V.A. / ラテン・イージーリスニング 夢の競演

★V.A./ LATIN EASY LISTENING BY 4 BIG ORCHESTRAS 独自のサウンドで人気と魅力を競った四大オーケストラによる 心ときめくラテンの名曲名演を厳選収録した画期的な一枚! スペインに生まれ、キューバで育ち、米国から世界に羽ばたいた〈ルンバの王様〉ザビア・クガート。ヴェニスに生まれ、英国を拠点に〈カスケーディング・ストリン …

続きを読む>

V.A. / 黄金時代のラテン・トリオ名演選

★V.A./ LO MEJOR DE TRIOS FAMOSOS DE MEXICO テイクオフとサンビーニャの合同制作盤 / 1940年代後半~60年代に世界を魅了したメキシコを拠点に活躍、世界を魅了した人気トリオの魅力を結集! 第2次世界大戦末期の1944年に結成、米CBSラジオの対中南米向け放送で爆発的な人気をつかんだトリオ・ロス・パンチョス。その成功 …

続きを読む>

JUAN PABLO DIAZ / FASE DOS

プエルトリコ(1978年生まれ)にて舞台俳優から転身、TV俳優、作曲家、歌手として活躍するファン・パブロ・ディアスのセカンドCD、ゴージャス! 1. Canten 2. El Son de las Malas Compañias 3. El Poderoso Caballero 4. Aquí o Allá 5. La Gallera
6. A Tu Lad …

続きを読む>

AYUMI “AZUCAR” SUZUKI & AYUMANIA / 桜花月歌

★すずきあゆみ & あゆマニア  / 桜花月歌(オウカゲッカ) マルチ・パーカッショニスト、すずきあゆみ演奏・プロデュースによる魅惑の和風ラテン・ジャズ。ファースト・アルバム遂に完成!! ●このアルバムの聴きどころはたくさんの打楽器! ●フロントにはヴィブラフォン、マリンバ、キラリとアクセントを加えるグロッケン。ラテンには欠かせないティンバレス、 …

続きを読む>

LA TRIBU DE ABRANTE / OTRO FORMATO DE MUSICA

見落としてましたよ!プエルトリカン・ボンバをブラス&パーカッション、グルーヴィーなベースほか生音編成で結構トラッドかつファンキーに演奏し、レゲトン風のラップ&ヴォーカルを乗せて行くという意表を突いたユニット、ファースト2016年作〜再入荷です!なかなかカッコイイじゃないですか!? 1.Yo no se 2.Los pueblos 3.No me soltab …

続きを読む>

PIRULO Y LA TRIBU / CALLE LINDA 2

初めて聴いて、キューバかと思ったら、プエルトリコなんですねえ、確かにサルサドゥーラ色全開のバッキングにボンバ系グルーヴをまぶしたトラックはプエルトリコなのかも知れません。リーダー、フランシスコ “ピルロ” ロサード(1977〜)のセンティミエント薄いタフかつ、勢いあるヴォーカルが、フックの効いたヘヴィーなトラックによく似合ってますよ。 …

続きを読む>

V.A. / AMERICANS SING LATIN AMERICA 1935-1961 

タイトルが端的に示すように、米国人アーティストたちがラテン・ナンバーを歌った1935~61年の録音、全69トラックを収録する、お馴染み仏フレモー社の3枚組アンソロジーです。『コール・エスパニョール』などラテン・アルバム3部作をリリースしているナット・キング・コールをはじめ、ペレス・プラード楽団をバックにしたローズマリー・クルーニー、メル・トーメやルイ・アーム …

続きを読む>

go top