こちらでは、主に北米のラテン音楽を扱います。

RANDY CARLOS AND HIS ORCHESTRA / SWINGIN’ WITH RANDY

ブロンクスで楽団を組んで出発したというからニューヨリカンだったんでしょう。チューンアップしたソノーラ・スタイルにエレキギターを加えたそのスタイルは、同時期にSEECOで活躍したラ・プラタ・セクステットを思わせますが、よりプレ・ブーガルー的なノリを聞かせたオルケスタでした。NYからルート87で北へ登ったキャッツキルズ地域で最も大きなホテルのボールルームで常連オ …

続きを読む>

BOBBY SANABRIA & MANHATTAN SCHOOL OF MUSIC AFRO-CUBAN JAZZ ORCHESTRA / QUE VIVA HARLEM !

ダブルグラミーノミネート・アルバム、だそーですが、あのラテンJAZZ大御所でセンセーでもある、サウスブロンクス出身のプエルトリカン・ドラマー / ティンバレス奏者、ボビー・サナブリア率いるマンハッタン音楽院アフロキューバン・ジャズ楽団〜いうわけで、生徒さん達と組んだオーケストラ(20人編成!)によるアフロ・キューバンJAZZ&ハーレム・スタンダードのカヴァー …

続きを読む>

HENRY BRUN & THE LATIN PLAYERZ / SOUL TREN LATINO

テキサス / サンアントニオを拠点にラテンJAZZ系パーカッショニストとして活躍するプエルトリコ系パーカッション奏者、ヘンリー・ブルン&そのグループによるチカーノ仕様ラテンSOUL&JAZZアルバムです!お約束の「シスコキッド」「スーパーフライ」も快演! >試聴可! △参考

続きを読む>

ORQUESTA NARVAEZ / 65th INFANTERIA

ホセ・マングアルJr.、ミルトン・カルドーナが参加していて、そして主唱フランキー・ヴァスケス!ということで、1970年代,TICOより“リーンカーネーション” なる不気味なジャケのサルサ・アルバムをリリースしていたあの、オルケスタ・ナルバエスが帰って来ました。またまた意味不明のUSアーミー第65師団ドラマ仕立てサルサ・アルバム?みたいですが、流石、双頭トロン …

続きを読む>

TAMBO / AL SANTIAGO presents TAMBO

70年代NYラテン / サルサの非ファニア系シーンの一翼を担ったモントゥーノ・レーベル、1975年の充実盤オリジナル・アルバム復刻(ジャケもコレがオリジナル)です!〜自身のレーベル、アレグレをとおにファニアに売り渡し、その後ムシコール、セスタの制作をつとめ、70年にはマニャーニャ、そして、とうとう75年にモントゥーノ・レーベルを創立開業したアル・サンティアー …

続きを読む>

MANTECA / RITMO SABOR

ボンゴ奏者ラサロ・プラ率いるパーカッション・ユニット“マンテカ”による、パーカッション・アンサンブル&ピアノ&ベースのみのインタープレイ・アルバム!知る人ぞ知るレアー盤の復刻です。打楽器ルンバともラテン・ジャズとも違うこの感覚〜デスカルガ、と言えばデスカルガなんでしょうが、もしかしたら、“プエンテ・イン・パーカッション” あたりから生まれた感覚の発展形じゃな …

続きを読む>

V.A. / SAOCO! bomba, plena and the roots of salsain puerto rico 1955-1967

サブタイトル通り….のコンピレーションです。 ボンバ, プレーナ, ヒバロ〜ほか、プエルトリコならではのダンス音楽&カントリーサイド音楽の濃厚な風味を味わって下さい! サルサのルーツ?というより、プエルトリコ・サルサがもしかしたら切り捨ててしまったもの?1950〜60年代の充実録音集です! >試聴可!? 1.Cortijo Y Su Combo …

続きを読む>

RENE BLOCH / MAMBOS & PACHANGAS

元ペレス・プラード楽団のサックス奏者=レネ・ブロックによる1960年代前半のインスト・マンボ&パチャンガ含むラテンBESTアルバム全27曲 !! 久々の再入荷!~ブ厚いホーンズとタイトなリズムで、ゴー ジャスなアンサンブルを繰り広げています。マンボ、パチャンガ中心、前傾姿勢の曲調も嬉しいダンサブルな作で、「ミスター・ラテンズ・マンボ」は知る人ぞ 知る人気ナン …

続きを読む>

FRANKIE MORALES & ORQUESTA / MAMBO OF THE TIME

久々の再入荷~やっぱりイイですね!元 バッド・ストリート・ボーイズ~ティト・プエンテのラテン・ジャズ・ユニットで歌っていたこともありました。ソン・ボリクアのリードをつとめたり、トローンボーン奏者ジミー・ボシュの作でも歌っていました。つまり、マニアックなニューヨリカン・プエルトリカン・ラテン・アルバムには、欠かせない歌手として 存在感を確立した訳ですが、こちら …

続きを読む>

JOHNNY ZAMOT / BOOGALOO FROG

オリジナル・アナログ盤1000ドル・クラスの超レアー盤復刻CD化。当店でもこの15年間で一回しか売ったことのないLPですよ(1000ドルなんて、そんな値段つける勇気ありませんでしたが…)。デッカ盤のジョニー・サモーもかっこいいんですが、これは更にその上を行くグランデ盤のブーガルー・アルバム1968年作です。「アー・ユー・レ ディー?」&「キャット …

続きを読む>

LUCY FABERY & HUMBERTO RAMIREZ / SENTIMENTALES

プエルトリコ、サンファン1931年の生まれですから83歳、さすがに往時の声の張りやツヤは望めませんが、違うものがあります。声の深さ、とでも言いますか、深夜、こんなのが流れて来たら、二日酔い間ちがいナシ!ジャジーなピアノ、ウッドベース、スネアドラムに簡易な打楽器、そしてウンベルト・ラミレスのミュートの効いたトランペットをバックに、生涯イイ女であり続けるルーシー …

続きを読む>

CELIA CRUZ / BOLEROS

グアラーチャの女王にしてサルサの女王、永遠のラテンの大スター、故セリア・クルースが珍しくボレロを歌ったアルバムの 復刻CD-Rです。バックの演奏や声から判断して、いろいろな時期からボレロの録音をピックアップしたベスト盤アナログを元にしたものではないかと思われ ます。ソノーラ・マタンセーラからフル・バンドをバックにしたものやトリオ・ヴォーカルがバックを付けてい …

続きを読む>

go top