こちらでは、主に北米のラテン音楽を扱います。

JOE CUBA SEXTET / MOVIN’ ON-GREATEST HITS 1963-1964

新品デッドストック発見その2!(懇意の流通さんの倉庫の片隅から)サイコーですね!最初期 SEECO 音源からですね。なんてったって、ジョー・クーバ・セクステットですよ、チェオ・フェリシアーノもジミー・サバテールもいます。今もって個人的には一番ターンテーブルに乗せる60’sNYラテンの極致〜タイトかつスタイリッシュなマンボ&チャチャチャ、前傾パチャンガ&グァグ …

続きを読む>

PETE PERIGNON / AQUI LLEGO !

ティンバレーロ、ドン・ペリニョンの息子、 やはりティンバレス奏者、 父亡き後、オルケスタを継いでの初リーダー・アルバム! feat. Angel Santos – Autor Carlos Garcia – Arreglos Pete Perignon – Timbal Juan Pablo Diaz – Vocal Luis “Perico” Ortiz …

続きを読む>

L-33 / LA RUTA DE LA PANTERA

  ボゴタの兄弟セルジオ&サンチアゴ・メジアが 2000年に結成して以来、世界を飛び回るコロンビアの 大人気アーバン・サルサ・オルケスタ= ラ・トレンタ・イ・トレス! ヒット曲「ピンクパンサー」”PANTERA MAMBO”も収録 〜これまでのアルバム5作 (2005-13) からのベスト盤〜 ノリよしセンスよしアンサンブル …

続きを読む>

V.A. / ROUGH GUIDE TO LATIN DISCO

人気のサルソウルを筆頭にラテン系ディスコ定番ナンバーを集めたご機嫌な一枚!ディスコ・カルチャーがまだニューヨークの地下世界のものだった頃、その音楽はラティーノ・コミュニティーと強いつながりを持ち、サルサやラテン・パーカッションの要素を取り込んだ。若き日のジョー・バターンのジャケットも眩しい本作は、1970年代当時のディスコで親しまれたラテン系名曲の数々を網羅 …

続きを読む>

V.A. / A GUIDE TO PUERTO RICAN MUSIC -プエルト・リコ音楽入門

カリビアン・ミュージックの鍵を握るプエルト・リコの味わい深い音楽! スペイン語で「リッチな港」を指す国名をもったカリブ海に浮かぶ島、プエルト・リコ。かつてスペインの支配下にあり、黒人奴隷がやってきたことから、スペインとアフリカの両方の要素がその文化に反映されてきました。またキューバからダンサやボレーロといった大衆音楽が流入してきましたが、キューバにおけるそれ …

続きを読む>

MONGORAMA

活況を呈する西海岸のラテン/サルサ・シーンを長年支えてきたロサンゼルスのラジオ局、KJAZZの有名DJ、ホセ・リソのプロデュースの元に結成された、伝説のコンガ奏者、モンゴ・サンタマリアへのトリビュート・バンド。ポンチョ・サンチェス、オスカル・エルナンデス、ヒューバート・ロウズなど超豪華メンバーが集結。モンゴが50~60年代に展開したチャランガを中心に、最上級 …

続きを読む>

JOE LOCO / VAYA! WITH JOE LOCO

U.S.A.出身のラテン~ラテン・ジャズのピアニスト、ジョー・ロコ。彼は、マチートのピアニストを皮切りに、マルセリーノ・ゲーラやプピ・カンポなどキューバ系の大物達のピアニストとして活躍し、その後自身の名義のアルバムをTICOなどに多く発売しています。本作は、1956年にコロンビア・レコードに残したコンボ編成を基本に、曲によりビッグ・バンドでも聞かせるアルバム …

続きを読む>

CHIQUITO TEAMBAND / LA INDUSTRIA SALSERA

“シキート・ティンバル”ことラファエル・ベロア、そして”マヌエル・ピアノ”ことエマヌエル・フリアスのコンビによるドミニカン・サルサ・ニューカマー、シキート・チームバンド。コロンビア・サルサ先達のジョー・アローヨ追悼の一枚!

続きを読む>

go top