こちらでは、主に北米のラテン音楽を扱います。

ANTONIO BADU / EVOCACION

1914年生まれ93年に亡くなった、メキシコ映画黄金時代を飾る男優にして歌手、レバノン系メキシコ人のアントニオ・バドゥー。その歌声を収めるCD-Rリイシュー盤です。チューチョ・マルティーネスのオーケストラをバックにした、フォックストロットやバラーダ調も含む1960年代録音。アグスティン・ララやルイス・アルカラスのナンバーなど、フィーリン的な洒脱なムードをもっ …

続きを読む>

ANDY GONZALEZ / ENTRE COREGAS

参加したアルバム1000枚以上。ジャズはケニー・ドーハムにディジー・ガレスピー。サルサはエディ・パルミエリにレイ・バレット。サルソウルから作品を連発したコンフント・リブレ、グルーポ・フォルクロリコ。そして90年代以降は尖鋭的なラテン・ジャズを奏でたザ・フォート・アパッチ・バンドの主要メンバーとして、NYサルサ~ラテン・ジャズの世界で他の追従を許さぬ活動をして …

続きを読む>

LOS HACHEROS / BAMBULAYE

★ロス・アチェーロス『バンブラーイェ』 バリオの町中に鳴り響いた70’sサルサ黄金期の生々しいサウンドを蘇らせる実力派集団の最新作。伝統のアフロ・キューバン・サウンド~チャランガ編成で、サボール溢れるグルーヴを展開。哀愁溢れるメロディ、ハートフルなスパニッシュ・ヴォーカル、アーシーな打楽器アンサンブル、華麗なフルート… 大絶賛された前作を超える極 …

続きを読む>

V.A. / CUBA Y PUERTO RICO SON…

年末恒例プエルトリコ銀行プレゼンツ音楽企画〜今年のテーマは「キューバとプエルトリコのソン」だそう。変わらず豪華な面子が2つ島のソンを歌いあげます。 1. PUERTO RICO – Issac Delgado y Juan Pablo Diaz 2. QUIZAS, QUIZAS, QUIZAS – Pedro capo y Kris …

続きを読む>

TONY SUCCAR / UNITY, THE LATIN TRIBUTE TO MICHAEL JACKSON

おバカと言えばおバカ、真面目と言えば大マジメ!? マイアミのトニー・スカールが放つ マイケル・ジャクソン・カヴァー inSALSA!! with 豪華歌手! 1.”I Want You Back” (Tito Nieves) – 4:43 2.”Billie Jean” (Jean Rodrigue …

続きを読む>

QUARTER STREET

シェケレを配したシンプルなジャケでピンと来ますね、もう。 セヴンティーズNYマナーのレトロ&ハード・サルサ〜 オーストラリア、メルボルン発のナイスLATINユニット! 結成は2011年だそーですが、これが初アルバム。 イイじゃないですか、メルボルンSALSA! (ex Labjacd & The Bombay Royale!!) *Luis Pobl …

続きを読む>

LESLIE GRACE / LLOVIENDO ESTRELLAS

熟女歌手ばっかりご紹介している当店ですが、このコは別です。NY生まれ現フロリダ在、両親はともにドミニカン、09年14歳でデビューのレスリー・グレース2年ぶり、ハタチのラテン・シンガーソングライター3作目です。>前作は当方のロングセラー(って言うか、ラテングラミー・ベストコンテンポラリー、ビルボードラテン・アワードですから)、シュレルズやロネッツのカヴァーが並 …

続きを読む>

JOE CUBA SEXTET / STEPPIN’ OUT … AGAIN!

小出しにしてスミマセン!どこぞの流通さんの倉庫の片隅で発見されたボンバ名盤群〜新品デッドストック僅少入荷その11!! ということで、こちらは1995年の新録、ジョー・クーバ・セクステット16年ぶりのカムバック作品でした。60年代NYラテンのイノヴェイターとして一時代を築いたかわりに、70年代NYサルサの時代からは一歩離れた場所にいた感じでしたが(もちろん、ジ …

続きを読む>

go top