新入荷、再入荷品のリストです。
このページには全ジャンルのCD、新譜VINYL, BOOK DVD 等が情報掲載順に並んでいます。

LE QUYEN / TINH KHON NGUOI

一辺に2枚の新譜、ですが、こちらはややPOP? 6曲収録ミニ・アルバムっぽい感じですね。が、値段は同じ。高くてすみません、…詳しくは後刻。で、>こちらで紹介されています。無断リンク陳謝&感謝!   ▽全曲聴けます。

続きを読む>

LE QUYEN / HEN HO, Khuc Tinh Xua 5

  全14曲 “Khuc Tinh Xua” 〜“愛の歌” 第5集となります。高くて、すみません…詳しくは後刻、とか言ってる間に>こちら、UPされていますね、早くも。無断リンク陳謝&感謝!   ▽こちらで前半7曲試聴可

続きを読む>

KASUMU ADIO & HIS APALA GROUP / ORIKI IBEJI Vol.1 – ENI FI BI SU OLORE Vol.5

再入荷です!カスム・アディオ、ナイジェリアはレゴス州の北隣、オグン州のイジェブ=イボで生まれたそうですが、それって、ハルナ・イショラ(1919–1983)と同郷ですね。1928年の生まれなのでハルナの後輩ということになりますが、同じくアパラのシンガーとして1940年代から70年代にかけて活躍、で、コトあるごとにイガミあっていたハルナのライヴァルだったそうです …

続きを読む>

ZAENAL COMBO

1969年リリースの10インチLP、初CD化ですね!(CDRですけど…)60年代後半から70年代前半のインドネシアPOPシーンにおいて、様々な女性歌手のバックバンドをつとめたザエナル・コンボですが、そんなザエナルゆかりの女性歌手5人を曲ごとにフィーチュアーした人気盤!ガレージ、GSの要素を漂よわせながらも、インドネシア色がキッチリ表現されたザエナ …

続きを読む>

LES OGRES DE BARBACK / AMOURS GRISES & COLÈRES ROUGES

フランス / 1994年結成の4人兄弟姉妹(フレッド、サム、アリス、マチルド・ブルギエール)によるシャンソン系グループ=レ・ゾグル・ドゥ・バルバック2019年新作(9作目)です。長兄フレッドのその歌い口はシャンソン本格派と定評あり。というか、このアルバムでも聞かせるどんどんディープな “シャンソン” に傾くその音楽性、知られざる21世 …

続きを読む>

ソンコ・マージュ Sonko Maju / 大地に生きる

ユパンキの魂を継ぐ孤高のギター、伝説のソンコ・マージュ、最新スタジオ録音盤。 情報は限られ滅多に人前に現れないが、たまに開くホール・コンサートは瞬く間に売り切れてしまう伝説のアーティスト。ジャンルを特定出来ないその弾き語りは、古めかしく重い日本語と流麗なスペイン語で歌われる深く神秘的な歌世界と、超絶技巧のガットギターをもって、60年近くにわたり一貫して変わら …

続きを読む>

SALVADOR SOBRAL / EXCUSE ME

在母国ポルトガルだけでなく、欧州を中心に圧倒的な人気を誇る男性歌手が、こちらの サルヴァドール・ソブラル (1989- ) です。SSWルイーザ・ソブラ ルの弟さんとして知られていますが、さらにその名前を不動のものとしたのが、2017年の ユーロヴィジョン・ソング・コンテストのポルトガル代表に選ばれ、ルイーザが作詞作曲/ プロデュースした楽曲‘ Amar p …

続きを読む>

LENINE / LENINE EM TRANSITO

90年代以降のブラジル音楽シーンを牽引する音楽家の最新ライヴ! 打楽器奏者マルコス・スザーノと組んで1993年に発表した『魚眼(オーリョ・ジ・ペイシ)』でセンセーションを巻き起こし、以後ブラジル音楽新世代の中心的存在としてシーンを牽引してきた知性派ロック・アーティストがレニーニ(1959年レシーフェ生まれ)だ。その彼が2018年2月6日にリオで行ったコンサー …

続きを読む>

JACOB MAFULENI & GARY GRITNESS / BATANIDZO

「フランシス・ベベイの再来」とも言うべきオーガニックかつエクスペリメンタルな不思議サウンドがさく裂! ジンバブエの親指ピアノ奏者と、デイムファンクとのコラボでも知られるフランスの奇才クラブ系プロデューサーによる共作アルバムが、移り行くサハラ以南のアフリカの「いま」を記録する注目の新興レーベル「ニャミ・ニャミ」から登場! ◆ ジェイコブ・マフレニはジンバブエの …

続きを読む>

PEDRITO CAMACHO Y EL CLAN / SI O SI

以前ビデオアーツより国内盤も発売され、そのミクスチャーなサウンドが話題となったカルロス・マヌエル・イ・ス・クラン。そのフロント歌手カルロス・マヌエルがマイアミに移ったことで実質的ディレクターだったペドリート・カマーチョが引き継いだのがこのエル・クランです。 もともとポップでパンカリブ的ななサウンドが魅力でしたが、本作ではそのポップさはそのままにティンバ的なノ …

続きを読む>

ASLI GOKYOKUS / DUNYA

非常にバランス良いターキッシュ・ロック作品!  人気ロック歌手アスル・ギョキョクシュの新作が登場。1977年イスタンブル生まれの彼女は高校時代よりガレージ系ロックバンドで活動を開始。その後ハルック・レヴェント、テオマンといった有名ロッカーのバック・ヴォーカルとしてキャリアを重ねていった彼女は、2000年に“Neresindeyim”というアルバムでソロ・デビ …

続きを読む>

IDAN RAICHEL / AND IF YOU WILL COME TO ME

☆イダン・ライヒェル/もしも君が来るのなら 多数のゲストを迎えた豪華でエスニックなポップ・アルバム! 1 中東のユダヤ人国家イスラエルにて2000年代初頭に頭角を現し、現在まで同国のトップ・アーティストとして君臨し続けているのがイダン・ライヒェル。2015年には日本でも大々的なツアーを敢行しその名が広く知れ渡った彼は、その後ピアノの弾き語りをメインとした作品 …

続きを読む>

RAMAZAN CELLIK / NERIMAN GONUL LIMANI

オユン・ハヴァスの人気歌手! 見るからにアラベスク系の男性歌手という感じですが、厳密には「オユン・ハヴァス」と呼ばれるアナトリア由来のダンス音楽を聴かせる男性歌手ということのようです。サズやクラリネット、ハンド・ドラムの類のほか、ここではリズム・マシーンやシークェンサーを加えたサウンドを中心に、聴衆を煽るようなヴォーカルを聴かせてくれます。ちょっとチープな感 …

続きを読む>

GULER KAHRAMAN / HIC, SEVIYORUM

ハルク&ポエトリー・リーディング!?  ハルク風の歌や演奏をバックにポエトリー・リーディングを聴かせるという珍しいスタイルの作品。詩の朗読はギュレル・カフラマンという女性アーティストで、かなり情熱的な口調がその特徴。所々で男性ヴォーカルによる優雅なハルク・ヴォーカルがフィーチャーされます。(サプライヤーインフォより)

続きを読む>

EDA AND / AUGMENTED LIFE

新スターの予感!? ジャジーなピアニストがトルコから登場! 作曲家/ピアニスト/アレンジャーとして活躍するトルコ人女性音楽家エダ・アンド(1988年生まれ)はイズミル出身。ピアニストだった母より8歳からクラシック・ピアノを習い、ベーシストだった父からはジャズの基礎をたたき込まれた彼女は、13歳よりステージに上がってジャズをプレイしていたのだそうです。そんな彼 …

続きを読む>

go top