WERRASON / 7 JOURS DELA SEMAINE

1990年代末から分裂したウェンゲ・ムジカの一方の雄、ウェンゲ・ムジカ・メゾン・メールを率いるコンゴレーズ・ルンバ第4世代の雄として人気をキープし続けるウェラソン、久々の新作!ルンバ・コンゴレーズからンドンボロ、フォルクロールからエレクトロなダンスPOPまで、現在のコンゴ音楽集大成といった観のある2CD!〜加えて、スワヒリ、ジェンバ(カメルーン)、バコンゴ( …

続きを読む>

AURLUS MABELE / DOSSIER X, Le Grand Gourba

初期スークースのスター・グループ、ロケトーを支えた歌い手、オーリュス・マブレの2000年作、懐かしいですねえ!~もちろんディブロ・ディバラばりのスークース・ギターが循環回転連続する中、ガラガラ声のアニマシオンを悠々と連呼するばかり!ま、ルンバ・コンゴレーズ /ダンスパートの拡大解釈=スークース家元ならではの伝統的展開?ということになります(ま、ソン・モントゥ …

続きを読む>

ROGA ROGA EXTRA MUSICA / OYE EKOYA EYA

  あいかわらず、ですねえ、 1971年生まれのロガ・ロガが1993年に結成した ブラザヴィル・シーンの人気ルンバ・グループ、 エクストラ・ムジカの2016年新作ですよ。 どこかアーシーな雰囲気、好感持てます。 人力で醸し出すノリの良さが信条です。

続きを読む>

ZAO / NOUVEAU COMBATTANT

かつて1984年、”L’ANCIEN COMBATTANT” の大ヒットをを飛ばしたブラザヴィルのヴェテラン・コメディアン (?) にして歌い手、ザオが30年ぶりの続編? “NOUVEAU COMBATTANT” というアルバムを引っさげて帰って来ました!? 01. Ballon 02. Alang …

続きを読む>

DR. SAKIS / MADAME ADORE CA

出ました!スークースの怪人〜夜明け近いフロアーに漂う倦怠感を吹き飛ばし、迷惑千万アゲアゲのローリングクレイドル状態を醸すこの音!?コートジヴォワールはアビジャンの”ドーピング・ダンス・マシーン” (命名 by DJ須田, もといエレトロピコさん)こと、ドクチュール・サキスこと、本名サカラ・エマニュエルの超ワンパターン・ダンスが炸裂する …

続きを読む>

MAGIC SYSTEM / AFRICAINEMENT VOTRE

コートジヴォワール / アビジャンとパリを行き来するスーパーなズグルー&スークース・ユニット、マジック・システムの2014年新作です。ここ20年ぐらい、フランスはじめ欧州で最もシングルヒットの数が多いアフリカン・バンドだそうです。時節柄、“アフリカ大陸のフットボール”をテーマにした曲も多いようでが、ま、コートジヴォワール、ワールドカップ決勝リーグ進出は逃して …

続きを読む>

AURLUS MABELE / SEBENE DANCE

2002年リリースのべスト盤再発です!初期スークースのスター・グループ=ロケトーを支えた歌い手、オーリュス・マベレの90年代ベスト~もちろんディブロ・ディバラもしくはディバラばりのギターが循環回転連続する中、意味不明の掛け声ヴォーカルを最初っから最後まで連呼し続けるだけというシンプル、というかややお馬鹿な曲ばかり!ま、ルンバ・コンゴレーズ /ダンスパートの拡 …

続きを読む>

SOLO SITA / BEST OF

アンピル・バクバ / マリンガ・システム / キンスターを遍歴したコンゴ人男声 “ソロ・シータ” のベスト盤!この人ならではの、変わることのない明朗快活ダンサブルなスークース路線が楽しめます!夏向きですねえ、内陸の国コンゴなのに、海辺のジャケットに違和感ナシ~なんと現在、アンピル・バクバ再結成準備中とのこと!

続きを読む>

SEKOUBA BAMBINO / INNOVATION

元ベンベヤ・ジャズ / アフリカンド~ギニアのヴェテラン男性歌手セクーバ・バンビーノ芸歴20周年記念の今年、その最新作は、紛いようもないロマンティック路線のズーク・ラヴ!いや~ビックリしました。これまで数多くのスークース&ズーク・ヒットを作って来たマニュ・リマのプロデュースで、甘~い歌い口を聞かせるセクーバです(顔は結構厳ついんですが)。  

続きを読む>

go top