中東、アラブ、トルコ、イラン、西アジア、北アフリカ、コーカサス諸国などの音楽です

ERKIN KORAY / COPCULER CEYLAN

★エルキン・コライ/チョプチュレル・ジェイラン アナトリアン・ロックの最高峰が1987年に残した作品をリイシュー! ターキッシュ・ロック・シーンにおけるレジェンドのひとりが、ギタリスト/SSWのエルキン・コライ(1941年、イスタンブル生まれ)。現在トルコで絶大な人気を博すガイ・ス・アクヨルといった若い世代の音楽家たちにも大きな影響を与えたことで知られる彼が …

続きを読む>

HASNA EL BECHARIA / DJAZIR JOHARA

アルジェリア=モロッコ国境地帯から、ヴェテラン女性歌手です!以前欧州でも発売されていた2000年頃の録音と思われるCDです。グナワのディープな感触が、トランスを誘う変拍子パーカッションとコール&レスポンスの歌のあいだに薫り立ちます。野太いグンブリの弦音、乾いたギターの響きと、かすれた笛の音、ハスキー&ヴァイタルなハスナ老嬢のヴォーカル!グナワ以外にもベルベル …

続きを読む>

OUZO BAZOOKA / SONGS FROM 1001 NIGHTS

  OUZO BAZOOKA 新作ですよ!サーフ / ベリー・ロックバンド “BOOM PAM” のリーダー/ギタリスト、ウリ・ブラウネル・キンロトのソロ・プロジェクト(ウリはチェコ系の父親、ウズベク系の母親の元、イスラエル 1979年生まれ)〜ナイルとカリフォルニア、そしてイスタンブールとテルアビブを結ぶ、ベリーダンス・ビート&サーフ・ギターの調 …

続きを読む>

KADIM AL SAHIR / THE BOOK OF LOVE

現在のアラブ世界を代表するトップ・シンガー シリアの偉大な詩人ニザール・カッバーニーの詩を歌う絢爛豪華な2016年作  イラクを代表するトップ歌手であり、30年以上のキャリアをもつアラブ世界のスーパー・スター、カゼム・アル・サヒル。古典音楽からポップスまでを故国の状況に屈せず歌い続け、欧米での評価も高い。毎年アルバムをリリースしていた彼だが、アラブの春以降リ …

続きを読む>

ASSALA / MOHTAMMA BEL TAFASEEL

シリア最大のスター歌手、ゴージャスなポップスをうたいあげる最新作が登場! 古くから様々な文化の交流地点となっていたシリア。世界で最も古くから人が住み続けている都市といわれる首都ダマスカスは、2011年以来戦乱の舞台となってしまった、そのダマスカスで生まれ育ち、シリアを代表するトップ歌手がアサラ(・ナスリ)だ。本作は91年にデビューして以来、アラブ世界全体で高 …

続きを読む>

V.A. / NOSTALGIQUE ARMENIE 1942-1952

★V.A./在りし日のアルメニア 1942~1952 アルメニア人ディアスポラ達が新天地で愛した古き良き故国の音楽 文化発祥の地のひとつであり様々な文化の交差点だったアルメニアは、非常に複雑な歴史をたどり、多くの国外在住者ディアスポラを生んできた。欧米に暮らす彼らは新天地で大規模なコミュニティを作り、伝統的なアルメニア文化を拠り所とした。本作はそうしたアルメ …

続きを読む>

FAIRUZ / THE VERY BEST OF FAIRUZ

彼女がもっとも輝いていた黄金時代とも言うべき60年代~70年代のヒット・ナンバーを中心に集めたベスト盤。ファイルーズ自身が作り上げてきた戦後のアラブ歌謡シーンが成熟を封じ込めたベスト盤です。 1. Habbeytak Bessayf 2. Addeysh Kan Fi Nass 3. La Fleur Des Cities 4. Ya Moukhtar El …

続きを読む>

IBRAHIM MAALOUF / DALIDA BY IBRAHIM MAALOUF

南イタリアはカラブリア人の血筋ながら、エジプトはカイロへ移住した両親のもとに生まれたダリダ(1933-1987)、後年フランスへ移住、歌手そして女優として活躍したことは有名ですね。晩年は幾つかの恋に破れ自ら命を断ったということですが、フランス語、アラビア語、イタリア語、英語、ドイツ語でも歌い、そのエキゾティックな歌姫としてのイメージは、洋の東西を問わず知られ …

続きを読む>

サラーム海上・著 『ジャジューカの夜、スーフィーの朝』

「ジャジューカの夜、スーフィーの朝 ワールドミュージックの現場を歩く」 *紀伊國屋書店のフリーマガジン「Scripta」にて2011年から2016年まで連載していた「旅する音楽」を元に加筆修正したものです。サラームの2010年代前半の音楽取材紀行です。パキスタン・ラホールでのSachal Studio訪問から、ベイルートのアンダーグラウンド音楽シーン探訪、モ …

続きを読む>

GILI YALO

イスラエル発エチオピア・ルーツ・ミュージックの新星、 “GILI YALO(ギリ・ヤロ)”デビュー・アルバム【日本盤】が登場! エチオピア系イスラエル人のギリ・ヤロは自身のバックグラウンドから、自分のルーツや、自分がどこからやってきたかを忘れない、というメッセージを世界中に発信したいという強い願いからアルバムの曲を書き始め、バルカン・ビート・ボックス、バター …

続きを読む>

BOOM PAM 小島麻由美 / BLACK DOG – CHAT BLANC

【黒犬 X 白猫】禁断のスプリット7インチ。 Boom Pam「Black Dog(Led Zeppelin)」アラビックロック・カバーと、小島麻由美とBoom Pamによる「Chat Blanc(White Cat)」エキゾチック・サーフガレージ! Boom Pamの日本制作のコンピレーション『The Very Best Of Boom Pam』から、Le …

続きを読む>

AHMAD AL KHATIB & YOUSSEF HBEISCH, Duo SABIL / ZABAD, L’ECUME DE NUITS

パレスティナの難民キャンプで生を受けた若手ウード奏者と、パレスティナで生まれ現在はパリを拠点しているパーカッショニストのデュオ作品。今回はダブルベースとブズーキのゲストもあり。それにしてもイイCDジャケ〜これはインド洋、と思いたいと。近年のウードインスト・アルバムの中では、一番イイ感じの仕上がりかも。しばし静寂のメロディーに身を委ねて下さい…。 …

続きを読む>

MUSTAPHA SKANDRANI / ISTIKHBARS AND IMPROVISATIONS

>こちらや>こちらや>こちらを愛聴されている方、 アラブ・アンダルース音楽の広がりを実感されたい方に是非オススメしたい逸品! ★ムスタファ・スカンドラニ『イスティクバルと即興』 アルジェリアの音楽家、ムスタファ・スカンドラニによるアンダルシア古典ピアノ独奏名盤、アラビア版「ゴルトベルク変奏曲」こと『イスティクバルと即興』(1965)。 〜なんでまたエムで古典 …

続きを読む>

go top