LES YEUX DLA TETE / LIBERTE CHERIE

2006年にギター弾き語りSSWの二人、ベノワ・サヴァールとギョーム・ジュスランを中心に結成され(ギター、サックス、アコーディオン、ダブルベースのクインテットとしてスタート)、モンマルトルとサン・ミッシェル、ピガールとバスティーユの範囲で、バーやカフェ、そして地下鉄や路上でライヴを積み重ね、08年にアルバム・デビューしたレ・ジュー・ドゥラ・テット(“目玉が飛 …

続きを読む>

CASCATINHA E INHANA / OS SABIAS DO SERTAO

      ★カスカチーニャ&イニャーナ/ブラジル内陸の歌鳥(サビアー) *ディスコロヒア・ラテン音楽コレクション<1> ブラジルの田舎の歌はとてつもなくインタナショナルだった! 選曲・解説:田中勝則 セルタジーニャはブラジルのサンパウロ発、内陸部の田舎の人たちに親しまれる大衆歌謡だ。おしどり夫婦デュオ、カスカチーニ …

続きを読む>

BRACKET / ALIVE

99年頃に出会い2004年singleデビューのナイジェリアン・デュエット、ブラケット2015年作が初入荷です!Obumneme Ali a.k.a. “Smash” & Nwachukwu Ozioko a.k.a. “Vast” のナイジャR&B二人組、ですが、ヨルバ系リズムをうま〜く取り入れていますね、さ …

続きを読む>

RAJAN & SAJAN MISRA / BENARES

英国センス・ワールドミュージックの10年夏のリリースから。ヴァラナースィーの名門音楽一家ミシュラ家のラジャ ン&サジャン・ミシュラ兄弟によるカヤール集。サプタク音楽祭で珍しく午前中に開かれた公演を収めたものです。二枚組で、前半は朝のラーガ・ジャウンプ リ、後半はブリンダバニ・サラングという午後のラーガ、今も悠久の時の流れをかんじさせてくれるコテコテのヴァラナ …

続きを読む>

RAJAN AND SAJAN MISHRA / SADHANA

こちらも、北インド古典の兄弟ヴォーカル・デュオ、ラジャン&アジャン・ミシュラ2005年リリース2CD!CD1はアラープから始まる長尺の白鳥の歌、ラーガ・ハンサドワニ、CD2には5つのラーガを。すべてサプタク・フェスでのライヴ・レコーディングで、タブラー&ハルモニウム,タンブーラがつきます。それにしても、兄弟ならではの息の合ったデュオが、古典声楽とはいえ、彼ら …

続きを読む>

RAJAN AND SAJAN MISHRA / VOICE FROM THE HEART

いわゆる“ジャガルバンディ” 〜デュオで同時に演じることを指しますが、北インド古典声楽 の世界でジャンガルバンディと言えば、このヴォーカル・デュオ、ヴァラナースィー名門出身のラジャン&サジャン・ミシュラでしょう。タブラーとハルモニウムを従えラーガ・サラスワティとバジャンを歌います。サプタック・フェスティヴァルでのライヴ・レコーディング!

続きを読む>

go top