EUGENIO ARANGO / THE ARANGOS WORLD

エウヘニオ・アランゴは、NGラ・バンダでの活躍で知られるベーシスト、フェリシアーノ・アランゴとの兄弟ユニットであるロス・エルマノス・アランゴを編成するなどしてきた、キューバのマスター・パーカッショニスト。2017年リリースの本作は、CD+2枚のDVDの盛りだくさんなセットとなりました。 音楽監督を件のフェリシアーノ・アランゴが務め、フェリシアーノのファンキー …

続きを読む>

Michael Baird, the group Sharp Wood / THE SHARP WOOD YEARS

<こちら極くマニアの間で伝説のパーカッション系インプロ・アルバム(1986)の演者、the group Sharp Wood を率いた打楽器奏者こそ、SWPレコーズ主催のマイケル・ベアードその人でした。考えてみれば、SWP の SW は Sharp Wood だったんですね、じゃ、P は? 言うまでもなく PERCUSSION かと…? *rec …

続きを読む>

AHMAD AL KHATIB & YOUSSEF HBEISCH, Duo SABIL / ZABAD, L’ECUME DE NUITS

パレスティナの難民キャンプで生を受けた若手ウード奏者と、パレスティナで生まれ現在はパリを拠点しているパーカッショニストのデュオ作品。今回はダブルベースとブズーキのゲストもあり。それにしてもイイCDジャケ〜これはインド洋、と思いたいと。近年のウードインスト・アルバムの中では、一番イイ感じの仕上がりかも。しばし静寂のメロディーに身を委ねて下さい…。 …

続きを読む>

MICKEY HART, AIRTO, FLORA PURIM / DAFOS

USフォークウェイズによるライコディスク復刻CDR〜 ミッキー・ハート&アイアート&フローラ・プリムによる1983年作〜ミッキーはチュブラーベルズ、タールや時差君おパーカッションを、アイアートはブラジリアン・パーカッション、フローラは即興的なヴォーカル・パフォーマンスを、加えて、スティーヴ・ダグラス SAX/ ボビー・ヴェガ BASS/ ガムラン奏者らも参加 …

続きを読む>

LES MAITRES DU BELE de Sainte-Marie / TAMBOURS DE MARTINIQUE

“ベレ”と呼ばれるマルチニークのアフロ・ルーツ音楽~その起源はコロンブスの新大陸発見までさかのぼり、アフリカから連れてこられた奴隷達がたばこや綿の農場で生み出したとされています。奴隷たちはその存在とアイデンティティを主張する抵抗の表現としてベレを演じたともされます。コール&リスポンスの歌とパーカッション・アンサンブルで構成されるこの音楽の伝統を、今に伝えるマ …

続きを読む>

BAPTISTE TROTIGNON, MININO GARAY / CHIMICHURRI

BAPTISTE TROTIGNON (PIANO) & MININO GARAY  (PERCUSSION) レナード・バーンスタインからカルロス・ガルデル、セロニアス・モンクからポール・マッカートニーまで、ま、その選曲のこだわり?もしくは、そのこだわりの無さ?ま、なんかイイ加減な感じも漂ってますが、その辺の微妙な匙加減が伝わる演奏、でも、自由です …

続きを読む>

TOTO LA MOMPOSINA / TAMBOLERO

カリブ沿岸モンポス島のパレンケに生まれ育ち、コロンビアのフォークロア音楽を採集再生し、キューバなど、他のアフロ・ラテン音楽の要素も取り入れ、パン・カリブ的な軽快かつ深みある音楽を造り上げた女性歌手トトー・ラ・モンポシーナ、2015年の新作がリアルワールドから(見逃していました)。いかにも自らのルーツを歌い上げるようなその内容は、“タンボレーロ” のタイトル通 …

続きを読む>

TAMBOURS CROISES / CHAPTER TWO

グァドループ、ギュイアンヌ、ハイチ、マルチニック、マイヨット、セネガル、レユニオンから集まった パーカッション・マスターたち 15 人のカリブとアフリカをつなぐクレオール系パーカッション・アンサンブル白熱!このセッションで2作目となります。 1.KOTE MOUN YO MIX RADIO (vo GHERLINE PIERRE) / 2. MADIBA M …

続きを読む>

DEDE SAINT-PRIX / LE MEILLEUR

1953年生まれ、マルチニックの伝統パーカッション音楽シューヴァル・ブワの第一人者、ヴェテラン打楽器 / フルート奏者にして、キューバン、ズーク、コンパといった音楽にも果敢にアプローチ、独自に仏語圏カリブ音楽ミクスチュアーも展開して来たデデ・サンプリ2CDベストとなります。30年以上に及ぶ彼の音楽の軌跡を振り返ことができるコレクションです! CD1 01. …

続きを読む>

TRIO CHEMIRANI / DAWAR, La Laugue Invisible

テヘラン出身のジャムシド・シェミラーニ(b.1942) は、harmoniamundi のLP時代からのアーティスト。40年ほど前に初のアルバムを録音以降、独自の芸術を究めておりましたが、このたび、息子であるケイヴァン&ビヤン・シェミラーニ兄弟とのコラボレーションによる新録音の登場となりました。 シェミラーニ兄弟は、フランスのチェロ奏者ジャン=ギアン・ケラス …

続きを読む>

HAREM / HAREM IV

  一連のベリーダンス・トランスを流行らせた仕掛け人、トルコのパーカッション・グループ、ハレムがついに4作目をリリース!音的には2作目と3作目の中間くらいですかね。良くも悪くも90年代中頃のディープハウス~ハードハウス路線から進歩はありませんが、ダルブッカを今まで以上に前面に出していて、中東らしさは前作より強いかも。レバノンのサイード・ムラードもカ …

続きを読む>

SUSU PAMPANIN / HANDS OF TIME

タブラ、ダフ、カホン、タブラ・バラディなど自在に操るアラビックパーカッションの女性奏者、スス・パムパニンによるアラビック・パーカッション / インスト・アルバム! 1.Reverse [4:15] 2.Behind Door #2 [4:42] 3.Hit The Bottles [2:29] 4.Upside Down [2:58] 5.Mirror [3 …

続きを読む>

V.A. / ÇILGIN PERKÜSYON〜CRAZY PERCUSSİON

タイトルが示すとおりパーカッション好きにはたまらないアルバムが登場しました。ダラブッカ、フレーム・ドラム、ジルといった楽器以外に使用されている楽器がユニークで、ジャンベやトーキングドラム、コンガといったアフリカの太鼓などを使ってオリエンタル・ミュージックを演奏するユニークな試みがなされています。ウードや、カヌーンなどの弦楽器が入っていないのでメロディーはあり …

続きを読む>

go top