CHERIFA / CHANSONS IMMORTELLES

生涯600曲以上のレパートリを残したカビール人女性歌手のベスト!  アルジェリア北部の山岳地帯ボルジュ・ブー・アリエージュにて生まれたカビール人女性歌手シェリファ(1926-2014)は、幼い頃に両親が離婚し叔父の保護下に置かれ、多くのいじめや虐待を受けるなど苦しい幼少時代を経験。そして18歳の時に歌手を目指すため首都アルジェへと向かった彼女は、アルジェリア …

続きを読む>

LOUNIS AIT MENGUELLET / TUDERT NNI

以前、bunboni さんが “カビールのレナード・コーエン” なんて、おしゃっていたのを思い出します…。 2017年作初入荷です。完全に見逃していました。1960年代後半からアルジェリア/カビールの心を歌い続けるシャアビ系〜というより、カビール・ソングと呼んだ方がイイのかも知れない自作自演歌手、エイト・メンゲレットの近年作です。 ほぼギター弾き …

続きを読む>

AKLI YAHYATEN / YAL MENFI

カビール系の男性歌手の全盛期録音!  中央アルジェリア政府による抑圧を受けて、主にフランスへ移住を余儀なくされてしまったのが、カビールと呼ばれる人々。そんなカビール人の中にはたくさんの音楽家/歌手がいますが、本作の主人公アクリ・ヤヒアテン(1933- )もそのひとりです。1950年代にフランスへ移住した彼は自動車メイカーのシトロエンで働きながら、以後70年代 …

続きを読む>

DJMAWI AFRICA / AMACHI

再入荷しました!アルジェリアはカビール地方のミクスチュアー・ロック系グループ、ジマウィ・アフリカ〜当店におきましては、>08年のデビュー作と>13年のセカンドが以前から入荷済みです。本作はセカンド発表後、メンバー交代を経た8年ぶりとなるサード・アルバム (2021) となります。いわゆるライやスタイフィ、シャアウィといった祝祭や酒場の音楽を起源とするアルジェ …

続きを読む>

CHERIF KHEDDAM / BEST OF

カビール系アルジェリア人歌手の全盛期録音。  アルジャリアのカビール系の男性歌手シェリフ・ヘダム(1927-2012)の代表曲を集めた編集盤がフランスのMLPから登場。幼い頃よりコーランを学んだという彼は20歳にはフランスへと渡って歌手へと転身。以後、カビール語を主体とした歌を歌い同胞たちから高く支持されるようになりました。本作では伝統的なオーケストラを伴奏 …

続きを読む>

DJAFFAR AÏT MENGUELLET / ANN ARGU

ジャファール・エイト・メンゲレット、その名を見ての通り、カビール系シャアビの哲人?エイト・メンゲレットの息子さんですね。熟年となった近年、勢力的にアルバムを連作していますが(配信にて)、こちらは2000年のファースト・アルバム、20年前には見逃していたので、初の僅少入荷です。父にも似た内省的な歌い口と、いかにもカビールらしいメランコリックなメロディーが、未だ …

続きを読む>

HASSIBA AMROUCHE / LA REINE DE LA CHANSON KABYLE

1954年、アルジェのカスバ生まれのカビール系女性歌手、70年代末からショーで歌い、レコーディング・デビューは1982年(父親が人前で歌うことを許さず、デビューが遅くなりました)、既に20作のアルバム(カセット含め)をリリースしています。ヴァイタルかつ通り良い歌声で、ベルベル〜カビール歌謡の祝祭面を演じます。   1 Lwiza 4:59 2 Dounîth …

続きを読む>

CHERIF KHADDAM / EN SUO AVEC NOURA

1927年生まれのカビール系シャアビ歌手、40年代初め、仕事を求めアルジェへ、その後、フランスのサンドニへ、塗装工として働く傍ら、音楽に目覚めて夜はレッスンを受け始め、1956年にパテマルコーニと契約、初録音を残しています。1963年にアルジェリアへ帰国、ロマンチックなカビール・ソングで人気を得ました。本作は、アルジェで活躍した女声シャアビのスター 、ヌーラ …

続きを読む>

HK / PETITE TERRE

HK(アシュカ)の新作ですね、本名 Kaddour Hadadi  元ラッパー(ex “M.A.P.”)在仏アルジェリアン(カビール系)の出自を持つ1976年生まれ。本作は自己名義としては3作目(うち一作はダウンロードのみ)。HK&サルタンバンク名義の作を含めれば、7作目のスタジオ・アルバムとなります(去年、いつの間にかリリースされていた …

続きを読む>

LOUNES MATOUB / L’ADIEU

★ルネース・マトゥーブ/ラスト・コンサート・ライヴ カビール人のアイデンティティを訴え続けた“カビリアのボブ・ディラン”の最後のパリ公演! 1998年6月に地元アルジェリアで暗殺されたカビール人プロテスト・シンガー、ルネース・マトゥーブ。そんな彼が同年1月にパリのゼニット劇場で開いた最後のパリ公演の模様を収録したライヴ・アルバムがこの2枚組だ。マトゥーブはア …

続きを読む>

AMAR EZZAHI / LE MAITRE DU CHAABI

アマール・エザヒ、1941年生まれ、カスバ育ちのカビール人マンドーラ奏者にしてシャアビの歌い手、生涯2枚だけのアルバムを残しています。その2枚目が本盤で1976年にリリース。1枚目は1968年にリリースされました。 コンサート・ホールへの出演は稀であり、特に 1980年以降は、一切のコンサートへの出演を拒否したそうです。が、時に、街頭やカフェ、あるいは、家族 …

続きを読む>

MOHAMED ALLAOUA / HAWLA

  ジャラルかというかトイ・ストーリーというか? そんなムードのルックスですが、モアメド・アラウアは1980年カビリア生れの現役バリバリの人気歌手。ニュー・カビール・グルーヴと呼ばれるその音楽性、フランスのHIP HOP〜R&B系のアーティストたちも共演するべルベル新派と言えましょう。本盤は2017年作、その後も新作は出ているようですが、と …

続きを読む>

go top