中東、アラブ、トルコ、イラン、西アジア、北アフリカ、コーカサス諸国などの音楽です

FAIRUZ / MECHWAR

おおっ、再入荷しました! 1960年代前半頃?のシングル録音集(多くは仏 Pathe よりリリースされてもいた SINGLE 盤から) と思われます。男性から見て、女性的であることの歌唱表現の、アラブ世界、地中海世界にまたがるひとつの究極の境地を味わえる一枚とでも…、ただ、ただ、夢心地を誘われる曲の並びに溜息ばかり。個人的にはフェイルーズ編集盤C …

続きを読む>

FAIRUZ / IMMORTAL SONGS

1960年前後、オランダ・フィリップスからリリースされた音源を集めたCD〜クールな気品に満ち溢れた曲ばかり。素晴らしい!かつて、RICE から国内リリースされるも、既にプレス切れとなっている模様。 1. Udhkurini 2. Ya Laure Hubbuki 3. Ya Man Yahinnu 4. Ya Mit Masa 5. Marmar Zaman …

続きを読む>

ELISSA

  僅少再入荷!2014年作 “HALET HOB” から2年、ナンシーと人気を二分する “レバノンのダイヤモンド” エリッサも新作(2016)をリリースしていました!シャバービーのイケイケ・ムードは抑え気味、スロー&ミディアムなアラビックなバラードに重心を置いた歌謡アルバム仕様。その辺の微妙なアラブ世界の空気感を汲んだ作法 …

続きを読む>

JULIA BOUTROS / ANA MIN

      こちらもフェイルーズ・フォロワー、ヒバちゃんとこのジュリアで今年のワールド系ベスト10アラブ代表入り争いは確実でしょうね。しかし高い、そして僅少入荷、何とかならないものか… 詳しくは後刻〜 >http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2017-05-23 陳謝&感謝!

続きを読む>

HIBA TAWAJI / LIVE IN BYBLOS

    やっと再入荷してまいりました。それにしてもこの値段、オススメしづらいですねえ、やや雑な作りの 2CD&DVD なのに、〜申し訳ございません!CDプレートの糊付けが非常にイイ加減&〜DVDプレイリストは表示されるものの、ラスト数曲で、早送りや曲飛ばしができなくなってしまいます。が、その内容に関しましては、>こちらで〜無断リンク〜陳謝 …

続きを読む>

HIBA TAWAJI / 30

ヒバちゃん新作です。う〜ん、バカ高い!すみません。2枚組です。でも、綺麗なCDです。内容はもちろんフェイルーズ・フォロワー(?)としての透明な麗しさに満ち溢れた作品となっています(前作より柔らかな歌声が麗しい!嬉しい!)。プロデュースはもちろんウサマ・ラハバーニー、流麗なオーケストレーションはもちろんウクライナ国立管弦楽団!ファースト・スタジオ作でたま〜に聞 …

続きを読む>

V.A. / NUBA, D’OR ET DE LUMIERE

フランスで制作された、モロッコに伝わるアラブ・アンダルース音楽「ヌーバ」のドキュメンタリー映画「黄金と光のヌーバ」のサントラ盤CD再入荷です。大編成のアラブ・アンダルース楽団をはじめ、フェズのフランソワ・アトランが歌う頌歌、ティトゥアンの女性スーフィー楽団、小編成楽団など、アラブ・アンダルース音楽の現在を伝える素晴らしい内容です。

続きを読む>

MAURICE EL MEDIONI / PIANORIENTAL

1928年アルジェリアのオラン生まれ、現在89歳のセファルディーのピアニスト、モーリス・エル・メディオニの2000年フランスBUDA作品。アラブ・アンダルース音楽から始まり、ジャズ、ブギウギ、マンボを吸収しながら、ライの確立にも一役買いました。「ピアノリエンタル」という題名はマーティン・デニーの北アフリカ版とでも呼びたい彼の音楽性を上手くとらえています。

続きを読む>

MAJID AL MUHANDIS / INTITHARAK SAA’B

イラク出身の若手の中ではトップ・クラスの人気を誇るマジッド・アル=ムハンディスの2016年最新作。40代半ばを迎え、もうヴェテランと言ってよい年齢のイケメン歌手ですが、ルックスのみならず、力強いコブシ回しなど、実力もしっかり伴っているのが息の長い人気の要因。イラク独特の複雑にヨレたビートの楽曲をテンション高く歌っています。 (サプライヤーインフォより)

続きを読む>

JOSEPH ATTIEH / HOB W MKATTAR

レバノンのオーディション番組出身でスムースな歌声が特徴的な若手歌手ジョセフ・アティアの2015年作で目下最新作。ルックス同様、暑苦しくないあっさり目な歌声の歌手ですが、ピアノ・バラードから、複雑なパーカッションが鳴り響くダンス・ナンバーまで、様々なタイプの曲を歌っています。伝統系のフレーズでは濃厚なコブシ回しも披露。今回初紹介の歌手ですが、なかなかの実力派で …

続きを読む>

go top