FRANCIS BLANCHE / CHANTE ET FAIT CHANTER… 1942-1962

映画&舞台の喜劇人にして、コント作家、劇作家、作詞作曲家、歌手として 50-60 年代を席巻したフラン シス・ブランシュ(1921-1974, 52 歳で亡くなっている)の、シャンソン作品集。フランシス・ブラン シュ自身、 レ・フレール・ジャック、レ・キャトル・バルビュ、シャルル・トレネほか、ヴァリアス・シンガーによる歌唱。4CD38 ページブックレ …

続きを読む>

WATI WATIA ZOREY BAND / ZANZ IN LANFER

バタクラン事件で負傷したドラマーのエリックを除くモリアーティの全員、とりわけ ローズマリー・スタンレーと、ロック系の女性歌手マルジョレーヌ・カルランによる レユニオン島マロヤの革命児>アラン・ペテルス(アラン・ピータース 1952-1995) トリビュートアルバム。ロック(プログレ)から入って、マロヤのトランスの神秘言語を マスターするに至り、フランス本土か …

続きを読む>

V.A. / AUTOUR DE CHET

ジャンルの垣根を超えてフランスの新世代によるチェット・ベイカー・トリビュート アルバム。バンジャマン・ビオレー、エリック・トリュファ、サンドラ・ンカケ、ヤエル・ナイム、 ステファヌ・ベルモンド…。21 世紀的な仕上がりです。(エクスポーター資料から) 1. BORN TO BE BLUE (HUGH COLTMAN + ERIK TRUFFAZ) …

続きを読む>

CLAUDE CIARI / 60’s & 70’s

どこの国よりも日本で有名なギタリスト、クロード・チアリ、60-70 年代録音2CD。ボーナスにロックバンド「レ・シャンピオン feat クロード・チアリ」の5曲。(エクスポーター資料から)〜60年代日本の洋楽風歌謡曲におけるイージーな紋切り型ギター演奏アレンジに最も強い影響を与えたのはクロード・チアリだったに違いない、という憶測、あながち的外れではあるまい。 …

続きを読む>

LES POMMES DE MA DOUCHE / L’AME DES POETES DISPARUS

マヌーシュ・ジャズ五重奏団による、トレネ、バルバラなどシャンソンスタンダード集。 LE PIANO DE LA PLAGE • DIS, QUAND REVIENDRAS-TU ? • LA MAISON PRÈS DE LA FONTAINE • COULEUR CAFÉ • MA PREMIÈRE GUITARE • TANGO POUR CLAUDE …

続きを読む>

BALAPHONICS / AFRO MASSIVE SOUND SYSTEM

バラフォン奏者2人をフィーチャーしたストリート(アフロ)ブラスバンド。総勢9人。アフロビート、 ハイライフ、ビクツィ、マンダング・ラティーノ、なんでも来いのファンキーなフレンチー集団。 1. BOOGALOO / 2. OPEN YOUR LEGS / 3. CHEWING GUM / 4. MANGROVE / 5.OLOKUN PART 1 / 6.YU …

続きを読む>

DU BARTAS / CINC

マニュ・テロンの盟友ローラン・キャヴァリエが率いるオクシタン男声ポリフォニー5人組、デュ・バルタスの5枚目のアルバム。ヴァイオリン、アコーディオン、クアトロ&フレームドラム中心のアンサンブルが、旧大陸と新大陸をつなぐような境界線なしの吟遊詩人感覚を増幅〜ラングドック地方のルーツと地中海の向こう岸マグレブの音(アブデラテフ・ブージビバのオリエンタル・ヴィオラと …

続きを読む>

BOJAN Z × JULIEN LOURAU / DUO

マグリット風な美しいジャケです。以前からデュオ演奏を続けてきたボーヤン・ズルフィカルパジッチ(p)とジュリアン・ルーロー (sax)の初CD。フェンダーローズ&ピアノ、ソプラノ&テナーサックスによる美しい即興です。 こちらは49分のライブ映像▽ http://culturebox.francetvinfo.fr/festivals/jazz-sous-les …

続きを読む>

LADYLAIKE LILY / DANS LA MATIERE

  6曲収録EP〜レンヌ出身のエレクトロなSSW・マルチインストゥルメンタリスト〜レディライク・リリー(本名 オリアンヌ・マルシリ)。ややロリ声、POPだけど、ジャケに似たり、よくよく聴くと不思議… 􀀞1. BAIN DE MINUIT / 2. DANS LA MATIERE / 3. TIR A BLANC / 4. LES ROC …

続きを読む>

BENJAMIN BIOLAY / PALERMO HOLLYWOOD

バンジャマン・ビオレー、10 枚目のスタジオアルバム。 ラティーノ・ダンディーに大変身〜 ほぼ満場一致の2016 年上半期 フランス最高峰のアルバム!だそう。 1. PALERMO HOLLYWOOD / 2. MISS MISS / 3. BORGES FUTBOL CLUB / 4. PALERMO QUEENS / 5.LA DEBANDADE / 6 …

続きを読む>

BAESHI BANG / (Vintage K-pop Revisited)

またまた再入荷!捨てがたい作です。イニシャルズ BB。「ベシ・バン」を名乗るフランスのインストルメンタル・クインテット。エチオ・ジャズバンドAKALE WUBE のリーダーでサキソフォニストのエチエンヌ・ド・ラ・サイエットとその仲間たちによる、60年代韓国の人気男性歌手、ベ・ホ BAE HO (배호1942-1971) へのオマージュ・プロジェクト。ベ・ホの …

続きを読む>

CLIO

「クリオお嬢さん」はシャルル・トレネの歌。「クリオ」は仏ルノーの大衆車。ちょっとハンディ高めのステージネームですが、クリオは東フランス、ブザンソン出身のシンガー・ソングライター。「フランソワーズ・アルディとヴェロニク・サンソンのデビュー時を想わせる」とアラン・シャンフォールが絶賛した、ほどよくノスタルジックな佇まい。ソングライティングはギター/ピアノ弾語り系 …

続きを読む>

DENECHEAU JASE MUSETTE / AMOUR JAVA

オーセンティックな1920/30 年代のミュゼットを演奏するデネショー・ジャーズ・ミュゼットの久々のアルバム(たぶん2枚目。1994 年以来出していないはず)。ダニエル・デネショー(アコーディオン)、ロベール・サンチアゴ(ジャーズ=ドラムス、ディアトニック・アコーディオン、ピポー、フルート、ケーナ….ヴォーカル)、オフェリア・バール(ヴォーカル、 …

続きを読む>

LILI CROS & THIERRY CHAZELLE / PEAU NEUVE

二人ともソロとしても経歴が長いんですが、デュオを組んでからこちらが3枚目のアルバムです。3枚ともイニアテュス・ジェローム・ルソーによるプロデュースで、この3枚目にしてやっとイニアテュス一流の遊び心+サウンドセンスが開花した素晴らしいポップアルバムとなりました。脱皮後の「新しい皮」を意味するアルバムタイトルがつけられましたが、本当に一皮も 二皮も剥けたようなす …

続きを読む>

go top