MAKE THE GIRL DANCE / EXTRABALL

ピエール・マチュー&グレッグ・コゾのデュオ、 メイク・ザ・ガール・ダンスの新アルバム。 ロサンゼルス録音だそう。 ミックス&マスターはアレックス・ゴファー。 良質フレンチ・エレPOP〜 シックスティーズとエイティーズと今が入り混じった感じ、 悪くない?ジャケもOK!? 1. CANDY STORE feat ORNETTE & YARD OF BLO …

続きを読む>

AURELIEN MERLE / REMERLE

メルルとは黒ツグミ。黒くて見た目はよくないのに、えも言われぬ美しい声で鳴く。深い森に行かなくても 都市部のちょっとした木や林で昼夜問わずその美しい声を聞かせる。ビートルズ(マッカートニー)の「ブラックバード」に歌われた鳥です。フランスではからかうようなおしゃべり鳥として童話・童謡そしてシャ ンソン「さくらんぼの実る頃」に出て来ます。長身の美青年オーレリアン・ …

続きを読む>

SERGE GAINSBOURG / LE CINEMA DE (5CD BOX)

ゲンズブールの初映画音楽から 45 年という変な節目の記念盤。2001 年のロングボックス3CD を大幅 増補し、ほぼ全録音を網羅した5CD・ランタイム6時間。(エクスポーター資料から) 彼が音楽を提供した映画36作品のサントラをCD5枚組、131曲、約6時間収録。これまで紛失していて、近頃発見されたばかりの1969年の映画『Les Chemins de K …

続きを読む>

SERGE GAINSBOURG / LE CINEMA DE (3CD LONG BOX)

セルジュ・ゲンズブールが制作した映画サントラ曲を集めた2001年の三枚組Box。この度2015年に5枚組の大幅増補されて再発されましたが、2001年版が現品限りで在庫あり! これは貴重です。   1. L Eau A La Bouche Par Serge Gainsbourg 2. Angoisse 3. Black March 4. Les L …

続きを読む>

RADIOMATIC / CE SOIR APRES DINER, NOUS PASSERONS DES DISQUES…

ラジオマチックはフレデリック(女性ヴォーカル)とパスカル(男性ヴォーカル+全楽器+アレンジ)の二人組によるフレンチ・シクスティーズ・カヴァー/デュオです。いかにも、60年代パリのラジオから流れているようなスタンダード&ラウンジ曲が、ウィットに富んだパーティー・ミュージックを演出!パスカル・パリゾーは仏SONYからフレンチ・ラテンのアルバム2作を発表していて、 …

続きを読む>

JEANNE PLANTE / LES MOTS CACHES

フランス・北西部ノルマンディー地方カーンに暮らすヌーヴェルセーヌ女性SSW09年作。ピアノやアコーディオンを弾きながら、語るように歌うスタイルはブラッサンス、バルバラ、ピアソラ、更にマヌーシュ・スウィングやフラメンコ、ツィガーヌ音楽からの影響も感じられます。歌い口は穏やかですが、サンセヴェリーノとも同時代性を感じます。下記リンクからピアノ弾き語りをご覧下さい …

続きを読む>

FRED / MES GRAINES “俺の種子”

ニール・ヤングとサリフ・ケイタとジョン・リー・フッカーが一緒にジャム・セッションして、どこか想像上の国で作られたかのようなサウンド?その伸びやかで、憂いを帯びたヴォーカルと、マリの首都バマコでのセッションで得た刺激的な伝統的弦楽器とのミックスが聞きもの~旅するフレンチ男性シンガー・ソングライター=フレッドが描くリアル・ワールド! アフリカへの共鳴、ブルーズの …

続きを読む>

ANGELINA WISMES / A BARBARA

アンジェリナ・ヴィスムは2013 年のTF1「ザ・ヴォイス」でバルバラの”Mon enfance”(私の子供時代)を歌って大変なセンセーションを巻き起こしたのですが、その後どこまで「ザ・ヴォイス」で勝ち進んだのか知りません(その年の優勝者ではないです)。2年後、この稀な「バルバラ歌い」が、その本領を100%出したかったのでしょう、バル …

続きを読む>

ANANDA / S/T

キャトル・セゾンCDシリーズで「Le Pain du soleil 太陽のパン」、「Hotel Romantique ホテル・ロマンティーク」「Passage vivant パッサージュ・ヴィヴァン」を歌うANANDAがついにソロ・アルバム『ANANDA』をリリース。プロデューサー サエキけんぞうお墨付きの「フレンチポップスの新星」、ついに登場です。(メーカ …

続きを読む>

PIERRE DE GAILLANDE / SINGS GEORGE BRASSENS, BAD REPUTATION

歴代最高の自作自演シャンソン歌手、ブラッサンスの歌が新たな響きで2010年代に甦った! ペルーのクンビア“チーチャ”を発掘し、いにしえのアメリカ音楽を独特なミックス感覚で現代に提示したルーツ・ミュージック・バンド“ハズマット・モディーン”をリリースしたニューヨークのレーベル、バルベスからまたまたユニークなサウンドが登場しました! ピエール・ド・ガイヤンドはフ …

続きを読む>

STEPHANE DELOCQ / LA COMPAGNIE DES ANGES

フランス~ディアトニック・アコーディオンの名手=ステファヌ・ドリックによる室内楽的=マズルカ~ワルツ作品集新録!短調&スロウな憂愁系アコーディオンの響きが、ヴァイオリン、コントラバス、フルートのアンサンブルを得て、静かに、リリカルかつフォークロア&クラッシーなメロ&ハーモニーを奏でます。    

続きを読む>

LEPIL / STARSYSTEM

フランス/本職はエンジニア=ラピエール=ルイ・バッセの単独プロジェクト~多彩な曲の並び、ベックを想わせるヴォーカル・ナンバー、ダフトパンク系のポップ・インスト、トッド・ラングレンを連想させるノイズの使い方、トニー・ヴィスコンティ風のプロデュース…と、大器の片鱗だらけのデビュー・アルバム! 01STARSYSTEM 02LA SEMAINE 031 …

続きを読む>

V.A. / CHANSONS DE LA FRANCE PROFONDE シャンソン歴史物語

日本では”シャンソン”という名前で早くから親しまれたフランス歌謡音楽ですが、その黎明期=20世紀初頭の独自な詩情を湛える名曲群が新解釈によりコンパイルされた歴史的名曲集!ベル・エポック時代の劇場音楽から、ダミア、エディット・ピアフらによる下町のディープ・ソング、さらにフランスならではの植民地ソングから、戦後に登場した大詩人ブラッサンス …

続きを読む>

V.A. / WIZZZ ! Vol.3 – FRENCH PSYCHORAMA 1967-1970

  Born Bad Records ジャン=バチスト・ギヨー(またの名を JB Wizzz)の金字塔、フレンチ・サイケデリッ クの秘宝集 “WIZZZ !”の第3集めの登場です。カラフルにも煙たい 47 分 17 トラックの PEACE & LOVE エクスペリメンタルトリップ。詳細カラーブックレット(32 ページ …

続きを読む>

go top