MORIARTY / EPITAPH

不吉なタイトル。モリアーティの4枚目のアルバムは前作 “THE MISSING ROOM”(2011年)のオクラ入り録音の再発見から始まり、自分たちの地下録音を懐かしむという、死者呼び起こしのようなプロジェクト。死を愚弄する田舎ダンスミュージックのような。初回プレスは限定でレリーフ印字ジャケ+ ジム・モリアーティ画のデッサン帖(32 …

続きを読む>

COLLECTIF 13 / S/T

ギズモ(TRYO)が音頭取りで結成されたヌーヴェル・セーヌ/オルタナティヴ系のスーパーバンド。 「集団 13」という名は結成されたのが 2013 年だったからとか、クルー含めて全部で 13 人だからと か、種々の説がある。GUIZMO (TRYO), MOURAD(LA RUE KETANOU), GEROME (LE PIED DE LA POMPE), …

続きを読む>

HK & LES SALTIMBANKS / RALLUAMEURS D’ETOILES

HK (アシュカ) &レ・サルタンバンクの2015年3rdアルバム! HKソロ・プロジェクトの>前作は昨年当店の売上NO.1でした! 「カドゥールちゃん雲に乗る」という図か、「星の王子様」風な優しくファンタスティックなジャケ。子供たち (ミニ・サルタンバンク)がコーラスで参加しているタイトル曲 “Rallumeurs d’Et …

続きを読む>

CLAIRE DITERZI / 69 BATTEMENTS PAR MINUTE

トゥール出身でカビリアの血を引く女性ギタリスト/作詞作曲ヴォーカリスト。80 年代に女性パンクバンド FORGUETTE MI NOTE で注目され、90 年代からソロ。コンテンポラリーダンスのフィリップ・デクーフレの音楽を担当して、同ダンス団の日本公演に同行。ソロはアルバム7枚をNAIVE から発表して、2006 年の”BOUCLE&#8221 …

続きを読む>

LUCIOLE / UNE

ジャケがいいですね。重力無視といいますか、雲の上を漂ってる感じ。Luciole リュシオル=「ホタル」という名の夢幻系女性シンガーソングライターです。ファーストアルバム『オンブル(影)』(2009 年、アカデミー・シャルル・クロディスク大賞)から6年という歳月を経ての、このセカンド・アルバム、そのつたないような、飾りのない発声の背後に、少女であり続けようとす …

続きを読む>

ANAKRONIC / SPEKEN MACHINE

エレクトロ・ヒップホップの珍種にして、クレズマースターのデヴィッド・クラカウワーとも共演している5人組アナクロニック(・エレクトロ・オーケストラ)の新アルバム。女性ヴォーカル&ラップ(Taron Benson)の力量・才能に負うところ多し。(サプライヤーインフォより) 1.WILD MEDESIN /2. THE WATCH / 3. ALL OUT / 4 …

続きを読む>

MARCEL LOEFFLER / SECRETS

アルザスの盲目の超絶アコ奏者マルセル・ロフレールの新作。ギターは息子のセドリック・ロフレール、 コントラバスにゴーチエ・ローラン参加! 1. SESSION / 2. LA CHAMBRE BLEUE / 3. ENGLO / 4. FUGUE TEMPEREE / 5. OBLIVION / 6. WALTZ △参考

続きを読む>

PUSH UP / THE DAY AFTER

  フランス系ながらも、英語で歌う大所帯ミクスチャーバンドPush Upの2015年2nd。ジャケ写からファンカデリックのようなファンクバンドかと想像していたら、音はゴリラズやナールズ・バークレイに通じる今時のミクスチャー系ロック〜ソウルです。

続きを読む>

V.A. / ANTHOLOGIE DU ROCK FIFTIES EN FRANCAIS 1956-1960

フランソワ・ジューファ監修の50 年代フランス語ロック集(当然カバーも含む)。マガリ・ノエル、アンリ・サルヴァドール、リシャール・アントニーなど。CD3が北米ケベックの同時期の仏語ロック集で珍しいものばかり。北米ですからずっと「本場」なんですね。3CD。24 ページブックレット(英仏語)。〜サプライヤーインフォより CD 1 – JACQUES …

続きを読む>

SEDRENN / CHEMIN FAISANT….

フランスのケルト文化圏ブルターニュから出た女性ハープ・デュオの1996年作。ブルターニュ、アイルランド、スコットランドのみならず、ポーランドやアメリカ、ケベックなど、様々な地域の音楽的要素を取り入れたケルティックハープの美しい調べとエリサとクリスティーヌの素朴な歌声は、聴く者の心の奥底に届きます。ヒーリング音楽としても最適。

続きを読む>

RICHARD GALLIANO & SYLVAIN LUC / LA VIE EN ROSE

リシャール・ガリアーノ(アコーディオン、アコルディーナ、バンドネオン)+シルヴァン・リュッ クのデュオによる、エディット・ピアフとギュス・ヴィズールのレパートリー再訪。(エクスポーター資料から) トラックリスト 1. DOUCE JOIE / 2. L’ACCORDEONISTE / 3. LES AMANTS D’UN JOUR / …

続きを読む>

JEAN-PIERRE DECERF / SPACE ODDITIES 1975-1979

宇宙に夢中になってるスキに地球がチュー公に盗まれた、あ〜あ、やんなっちゃった… (牧紳二) 60/70 年代、宇宙と電子音に夢中だった人たちのカルトアルバム。ジャン=ピエール・ドセール (1948-2003)のスペース・ミュージックのアンソロジー15 トラック。Born Bad レーベルから(エクスポーター資料から) http://www.bor …

続きを読む>

go top