ZONE LIBRE / POLYURBAINE

これまでハードコア・ラップ,詩人、インプロの人(ジョエル・レアンドルのことですが)などと 共演してきましたが、ロックギター一挺でノワール・デジールの亡霊を振り切ろうとするセルジュ・ テッソ・ゲーの新盤。ドラマー、シリル・ビルボーとの2人バンド、ゾーン・リーブル。やっと ロックっぽい音に回帰してきた感じ。(サプライヤー情報から) 1. ICI LE BOUT …

続きを読む>

V.A. / 69 ANNEE MELODIQUE, UNE CERTAINE IDEE DE LA VARIETE FRANCAISE 1964-1975

「1969, メロディーの年」をテーマに当時のシャンソン〜ヴァリエテから12曲をセレクトした(去年ドイツでリリースされていた)コンピ盤の仏配給盤。が、収録曲はサブタイトルの通り 1964-1973 とリリースの幅があり、どーゆー意味なのか、なかなか理解ができませんが、バーキン(”川崎”!)、ゲインズブール、ダリダ、シェイラ、ミシェル・ …

続きを読む>

PHILIPPE CRAB / RIDYLLER RASITORIER RASIBUS

アントワーヌ・ロワイエやオーレリアン・メルルとともにLE SAULEレーベル所属の現代のシャンソニエ、フィリップ・クラブの2015年新作。三部構成で、作詞作曲から楽器演奏、歌唱まで全て一人で行ったオルタナシャンソンの極北。(サプライヤーインフォより) …にしても、バリのワヤン・クリッ(影絵芝居)のLPジャケ(60年代の仏盤だっけかな?)にそっくり、というか転 …

続きを読む>

i MUVRiNi / INVICTA

地中海コルシカ島の NO.1 人気男声コーラス・グループ、イ・ムブリニの新作〜島の伝統合唱(コルシカン・ポリフォニー)をベースに、既に35年、欧州での人気は根強いものがあります。今作は、ネルソン・マンデラ、ボブ・ディランなどへ捧げたオマージュを綴った内容。ディラン「風に吹かれて」のコルシカ語カヴァーも!

続きを読む>

LES INNOCENTS / MANDARINE

アントワーヌ・ロワイエと高橋健太郎さんのインタヴューにも名前が出てきたし、なんていう動機でも買ってくれる人が出て来るかもしれない、レ・ジノサンの16 年ぶりのアルバム。ジペ・ナタフとジャン=クリ・ユルバンの二人組での復活。90 年代、英仏海峡のこちら側の最良のポップと称されたバンドのこれが 5枚目のアルバム!(サプライヤーインフォより) 1. LES PHI …

続きを読む>

L’ATTIRAIL / MUSIQUES DES PREFECTURES AUTONOMES

ヤン・ティルセンやゴラン・ブレゴヴィッチ好きにもお薦め出来そうなこの L’ATTIRAIL(ラティライユ)〜旧東欧圏のロマ音楽の感化色濃い映像的なインストゥルメンタルを得意とするユニット ”ラティライユ”。1996年の1st、幻のストック〜在庫あります! 生ギターとアコーディオンを中心に、ミュゼット、ワルツ、ブルーズ、ジプシー・ブラス、バルカンの …

続きを読む>

ASPO / ROMANCE WITHOUT FINANCE

60’Sのソウル/R&B/スカ/ロックステディをこよなく愛する(フランスの)11人組。ソウルフルな男女ボーカルにルードなハモンド。シマリップ、ピラミッドの後継バンド。ルードボーイからモッズ、ノーザンソウル好きまでシビレさせたASOPの3RDアルバム。クラッシュもカヴァーした「ポリス・オン・マイ・バック」のキラーカヴァー収録。これがソウル …

続きを読む>

go top