MOTIVES! / Y’A TOUJOURS PAS D’ARRANGEMENT

20年前の 1997年、南西フランスの大都市トゥールーズの地方選挙を、既成政党に絶望した市民団体が地方政治を民衆の手に取り戻そうと、無所属リストで戦うことを決めた。名付けてリスト「レ・モティヴェ」(やる気に燃える人たち、意志のある人たち)。このリストに深く関わったのが同市出身の音楽バンド、ゼブダ。 その選挙資金を捻出するためにコンサートを行い、CD アルバム …

続きを読む>

GASPAR CLAUS & CASPER CLAUSEN / S/T

字面を見るとほとんど同じような名前の二人、ガスパール・クラウス(cello)とカスパー・クラウセン(vo) この二人の出会うべき運命が綴られた CD の解説文が伝奇小説の面白さ。ドイツとデンマークの両家のそれぞれの祖父が 1954 年年頭に、互いに見知らずにリスボンの同じ場所にいて、名状しがたい強い エモーションに襲われ、そのことをおのおのの日記に書き残して …

続きを読む>

LOUIS WINSBERG & JALEO / FOR PACO

Sixun のギタリストということで「フュージョン系」と思われているかもしれないルイ・ウィンズベルグ は、マルセイユ生れ、12 歳で土地のジタンたち(その中にはロス・レイエス=後のジプシー・キングス もいた)からギターを教わったというのがギターとの出会い。アンダルシアが血肉化してる。2001 年 から彼の大所帯プロジェクト「ジャレオ(ハレオ?)」はフラメンコ …

続きを読む>

LAS HERMANAS CARONNI / BAGUALA DE LA SIESTA

双子姉妹ラウラ&ジャンナ・カロンニの 2011 年発表のファーストアルバム(2年前から廃盤・入手不能) を全面的にリミックス/リマスターした新装盤。新たに 48 ページブックレット(英仏西語解説・歌詞訳) を追加。(エクスポーター資料から)

続きを読む>

DJE BALETI / MOKO

南米ロックヒーローのいでたちで、電気増幅したエスピーナ(プロヴァンス伝統楽器)を掻き鳴らし、マダガスカルツィパキのタテノリビートでオーディエンスを煽りまくる。ジェレミー・クーロー率いる 「ジェ・バレティ」のセカンドアルバム。プリミティヴに血湧き肉踊るビートロック寄り。レティシア・デュテッシュ(LA MAL COIFFEE), キャロリーヌ・デュフォー(COC …

続きを読む>

BAPTISTE TROTIGNON, MININO GARAY / CHIMICHURRI

BAPTISTE TROTIGNON (PIANO) & MININO GARAY  (PERCUSSION) レナード・バーンスタインからカルロス・ガルデル、セロニアス・モンクからポール・マッカートニーまで、ま、その選曲のこだわり?もしくは、そのこだわりの無さ?ま、なんかイイ加減な感じも漂ってますが、その辺の微妙な匙加減が伝わる演奏、でも、自由です …

続きを読む>

PIXVAE

  >ニラマイエの姉妹品みたいなアルバムで、ニラマイエのメンバー3人がニラマイエのナンバーを歌うんですけど、そのバックでリヨンのパワー・クランチ・トリオ KOUMA 〜DAMIEN CLUZEL (g, UKANDANZ, POLYMORPHIE) , LEO DUMONT (dms, POLYMORPHIE, CHROMB)、ROMAIN DUG …

続きを読む>

PASCAL COMELADE / ROCANROLORAMA 1974-2016

ロングボックス(14cm x 25cm x 1.5cm)〜編集5年がかりの SELF REVISITED アンソロジー。6CD(163 トラック)。+72 ページブック。+オリジナルリトグラ(手書きナンバリング 限定1000 コピー)完全限定だそう。 DISC 1. My Degeneration (1974-1986) 01 Fluency 04 :40 …

続きを読む>

IBRAHIM MAALOUF / 10 ANS DE LIVE! (1CD+1DVD)

こんなにスターになるとは。イブラヒム・マールーフ 10 年ライヴ。CD+DVD または 2LP。(エクスポーター資料から) 1. RED & BLACK LIGHT / 2. LA JAVANAISE (feat JULIETTE GRECO) / 3. WILL SOON BE & WOMAN / 4. NOMADE SLANG / 5. …

続きを読む>

FANGA / KALEIDOSCOPE

フランス、モンペリエにてブルキナファソ出身のシンガー / ラッパーが中心となって結成されたアフロビート・バンド8人組ファンガ〜 ファーストCDは04年リリース、本盤は、単独新録スタジオ アルバムとしては “SIRA BA”(2010 年) に続く4作目(この間、旺盛なライヴの間を縫いマーレム・ギニア=グナウィとの共演盤や単独ライヴ盤、 …

続きを読む>

PHILIPPE CRAB / FRUCTIDOR, CANCIONS DEL MASHUKE

LE SAULE の一派の中で最もザッパ寄りの超絶(プリペアド)ギタリスト/アヴァン・シャンソニエのフィリップ・クラブ(カニ男)の1年ぶりの通算6枚目のアルバム。タイトルの『フリュク ティドール』とはフランス革命期の共和国暦の最後の月(第 12 月。8月 18 日〜9 月 17 日)で 日本語の歴史書では「実月(みのりづき)」と訳されています。1年前(201 …

続きを読む>

CHRISTINA ROSMINI / LALITA

マルセイユ在の女流自作自演歌手、フラメンコ〜アラブ・アンダルシア〜オリエンタル〜シャンソン・ フランセーズにまたがるフランス語地中海歌謡〜なんだか飾らず上品、淡々としていますが、たっぷりと地中海の陽光、潮風を含んだ異国情緒満点、海洋性シャンソンといった趣き。これもまたマルセイユですね。よくありそうで、なかなかない、得難い1枚です。

続きを読む>

EL’BLASZCZYK ROCK BAND HIMSELF / THE QUIRKY LOST TAPES 1993-1995″

10 月 15 日号 OVNI「しょっぱい音符」で紹介しています。BORN BAD RECORDS ジャン=バチスト・ギヨーが 10年がかりで作者を探し当て、さらに5年かかって復刻にこぎつけたフレンチ・アンダーグラウンドの秘宝テープ。字面では読めない名前は「エル・ブラジック」本名ローラン・ブラジック。名前はポーランド系ですが、フランス西海岸ラ・ロッシェルの人 …

続きを読む>

CONTARD ! / REPEUPLER

仏アンダーグラウンド発掘コンピレーションSOUTERRAINE で早くから話題になっていたヴランス(リヨン近郊)の仮面(ウサギの面)パフォーマー、ゴンタール!の初アルバム。スラム(というよりゲンズブール寄りのトーク・オーヴァー)と、リミットなしの全方位(ワールド)サンプリング、さらにギター+ベース+ドラムスのサイケデリックバンドを従えての、絶望的ユートピア希 …

続きを読む>

go top