MELINGO / CORAZON & HUESO

アルゼンチン・タンゴの非音響派~異端のヴォーカリスト=メリンゴが久々の新作を欧州盤でリリース!相変わらずやさぐれたムードのフラフラ酔いどれヴォーカル(パオロ・コンテ?もしくはトム・ウェイツ風)で、格調の低いイイ感じのタンゴ&ミロンガ& バラード?ララバイを聞かせてくれます。前々世紀と前世紀の変わり目、ブエノスアイレスという港町の娼館や酒場でヤクザな連中が生み …

続きを読む>

V.A. / ARGENTINE -VALS, TANGO, ET MILONGA 1907-1950

アルゼンチンの20世紀前半のブエノスアイレスの都市ポピュラー音楽~タンゴ&バルス、ミロンガをタップリ聞かせます。~ガルデルからピアソラまで! >★ 1 Betinotti / Hugo del Carril 3:01 2 El Tirador Plateado / Carlos Gardel 3:25 3 El Negro Alegre / Angel Vi …

続きを読む>

MOSALINI Y QUATUOR BENAIM INTERPRETAN BEYTELMANN / CLASICO Y MODERNO

  ピアソラの後継者と目されるバンドネオン奏者モサリーニ&五重奏団~ピアソラ楽団にも在籍したピアニスト=グスタボ・ペイテルマンを指揮/アレンジャーに迎えた作です。ピアソラの流れを汲むタンゴをさらに洗練させたような出来、との由。

続きを読む>

MELINGO / TANGOS BAJOS

ま、幻想というか、ないものねだりと言われてしまえばそれまでですが、何より、モダーンなタンゴの少々面白くない面というか、ものたりない感じの由縁、それは上品なこと…。ブエノスアイレスという港町の娼館や酒場でヤクザな連中が生み出したとされるタンゴですが、近年のタンゴのどこを聞いてみても、そんなヤクザな雰囲気は伝わって来ません。が、このメリンゴという男性 …

続きを読む>

AY JUANITA / ARBOLITO MI CASA

叙情的で絹のような感触の唄声の女性S.S.W.でピアノの弾き唄いからギターにフォルクローレ・リズムを体得したパーカッションもこなすヘアニンネ・マルティン、同じく新世代フォルクロリコなグループ – カスターニャス・デ・カフーでも演奏しているコントラバス奏者のファクンド・コディーノ、ラ・ボンバ・デ・ティエンポやルスベールで中核を成す打楽器奏者のディエ …

続きを読む>

MATIAS MARCIPAR, MAURICIO BERNAL / DE PALACIOS A MOISESVILLE

マリンバ奏者マウリシオ・ベルナルとクラリネット奏者マティアス・マルシパとによる珍しいデュオ。マリンバのミニマル/アンビエント感と、クラリネット独 特の哀愁がまたなんともアルゼンチンらしいオリジナルな作品に仕上がってます。ふたりともフォルクローレからジャズまで数々の録音に携わった手練れのようです。ユダヤ系が多いアルゼンチンだからかクレズマーの系譜といっても良い …

続きを読む>

VECINA / FOTO DE UN BUEN DIA

ベネズエラの弦楽器クアトロを弾き歌う女性ヴォーカリスト、ラウラ・レデスマと、ウクレレやカホン、マラカスを操るマリアネラ・クッサーニのふたりがフロントに立つグループ、ベシナ。伝統楽器もフィーチャーしながらもパーソナルな感覚がにじむSSW女性デュオということになるんでしょうか?〜淡々と歌い、淡々と生きてるんでしょうねえ、自然さ、欲のなさ、どこか漂白されたエゴが爽 …

続きを読む>

go top