IRENE MAWELA / THE BEST OF THE SABC YEARS 1982-1988

The Best Of The SABC Years by Irene Mawela >こちらで紹介されていたアイテムですね(無断リンク陳謝&感謝!)、スワッと入荷させていただきました。南アフリカの国営放送局  (SABC) に残された音源からのコレクションだそうです。>こちら去年の新作には驚かされましたけど、1940年生まれですから今年79才ですからお元気 …

続きを読む>

MARCELINO / FROTTE SO MARMITTE

38年のキャリア、20枚目のアルバム! マルセリーノ・シャトンの新作ですよ! って、当店初入荷の人なんですが、これがまた、 フレンチカリブといっしょのカタログに載ってたので、 最初は80年代のカダンスか?なんて思いましたが、 それにしちゃハチロクだし、 とにかくオールドスクールだし、 今時珍しいクレオール系の隣近所御一同様系 パーティー・ミュージック!? そ …

続きを読む>

EKITI SOUND / ABEG NO VEX

★まさに強烈の一言! アフロ・エレクトロ・サウンドの最前線がコレだ!! まさに強烈の一言! アフロ・エレクトロ・サウンドの最前線がコレだ!! コノノNo.1やヤスミン・ハムダンなど先進性の高いワールド・ミュージックを世界に輩出してきたベルギーの老舗レーベル〈クラムド・ディスク〉が、今度はアフリカ・ナイジェリアの類い希な才能を世に送り出してきた。エキティ・サウ …

続きを読む>

MICHAEL VEAL & AQUA IFE / Volume 2

>★フェラ・クティ研究の第一人者でありミュージシャンでもあるマイケル・ヴィールの2018年作が再入荷!トランペット、アルト /テナー /バリトン・サックスで金管5名にドラムス&パーカッションで3名、鍵盤&ギター各2人とマイケル・ヴィール自身によるベースという13人のビッグ・バンド編成で、フェラ・クティの音楽性をベースにしたアフロビート・ジャズを展開!聴き応え …

続きを読む>

CONSTANTINOPLE & ABLAYE CISSOKO / TRAVERSEES

1998年にフランス語圏カナダのモントリオールで結成されたアンサンブル、コンスタンティノープルと、ドイツ人ジャズ・トランペット奏者フォルカー・ゲッツェとのデュオ作などがあるセネガル人歌手/コラ奏者アブライエ・シソコによる2018年の共演第2弾作。コンスタンティノープルは、テヘラン出身でモントリオールに移り住んだイランのリュート属の楽器セタールのプレーヤーに、 …

続きを読む>

CALO PASCOAL & AMIGOS / CRITIQUE MOIN Vol.2

カロ・パスコアル、 全然聞いたことない名前だし、 カッコつけてるなあって感じだし、 5年も前のキゾンバですが、 なんかもう、イイですねえホント、 アンゴラ塩辛甘茶声! それにしてもセンバ&キゾンバ、 往時のNYサルサというか、 あの頃のヘイシャン・コンパみたい? なに聴いても悪いということがない…。 しかも皆、それぞれの意匠を凝らしていて、 それ …

続きを読む>

PAULO FLORES / EXCOMBATENTES

奇跡的に再入荷!?と、言えるかと。 アンゴラでカキ集めてもらいました。 パウロ・フローレスの2009年リリース、 まさしく入魂の作と言えるでしょう! リオ〜リスボン〜ルアンダ録音のアンゴラ音楽絵巻3CD! >こちら “EXCOMBATENTES REDUX” 2012 は、 本作からの抜粋盤でした。 詳しくは後刻〜 >https:// …

続きを読む>

CHIEF ELEMURE OGUNYEMI & HIS NATIVE BLUES / ELEMURE LONI ERE IBILE

ノー・トーキングドラムながら、これもまたヨルバ!ということで、ナイジェリア南西部エキティ州出身のエレムレ・オグンイェミ(1944-2014)のCD、う〜ん、またまた当店謎のストックからいろいろ発見してしまいましたよ!?(って、本当は、その音楽性がよくわかんないから、そのうち品出ししようと思って、そのまま忘れてしまっただけですが…)要するにヨルバ系 …

続きを読む>

V.A. Field Recordings / THE BELGIAN CONGO RECORDINGS

☆旧ベルギー領コンゴ地方の伝統音楽 (2019 再発 ) 本作は、古くからアフリカ音楽を聞かれてきた方にとってはバイブル的存在とも言える名盤で、20世紀初めのアフリカ音楽を聞くことが出来る、非常に歴史的価値の高い作品をCD化したものです。ここに収録されているのは1935年から36年にかけて旧ベルギー領コンゴ(現在のコンゴ民主共和国)東部と、そのお隣りのルワン …

続きを読む>

BIBI DEN’S TSHIBAYI / SENSIBLE

☆ビビ・デンズ・チュイバイ/センシブル エイドリアン・シャーウッドとも交流があり、英ラフトレードにも作品を残すコンゴのミュージシャン、ビビ・デンズ・チュイバイが80年代初頭にコートジボワールでリリースしていたレア盤が、世界音楽ディグの名門ファラウェイ・サウンズから再発に。 サイケデリックなギターとアフロ・カリビアンなリズム、80年代ならではのシンセが入り混じ …

続きを読む>

BISSO NA BISSO / RACINES

当店経年在庫品より〜在仏コンゴレーズ・ラップ / ヒップホップ・ユニットの1999年の代表作〜20年経って聴いてみても、なんだか面白いですね、それはやっぱりルンバ風味が効いてるからでしょうね、最近人気のNAZAとか、そのマンマお手本にしてる感じでしょうか?シールド新品です! 1. Intro 0:48 2. L’Union 5:02 3. Dan …

続きを読む>

BANA / DEZ MANDAMENTOS

>☆ カボ・ヴェルデの重鎮、バナ(アドリアーノ・ゴンサルヴィス1932-2013 )の 70〜80年代のシングル録音集でしょうか? 軽快なフナーナから哀愁のモルナ、コラデーラ、そしてボレロまで、ダンス・ナンバーとバラード系ナンバーが交互に並んだベスト、と思われます。 1 So Sabe 2 Distino Fatal 3 Sardinha De R. Bot …

続きを読む>

LUIS MORAIS / O INTERNATIONAL 1978

ルイス・モライス(1935-2002) テナー&アルト・サックス、クラリネットにおいて、カボヴェルデのセレナーデ、モルなやダンス音楽の子らデーラを多くはインストで演じています。島を代表する管楽器奏者 / マエストロとして、長年活躍した人でした。>☆ 1 Mimi 2 Mercone 3 Birimbau 4 Uami Uami 5 Sodade 6 Culp …

続きを読む>

TETA LANDO / ESPERANÇAS IDOSAS

おお!アンゴラ音楽の父、と呼ばれたテタ・ランド(1948-2008)の1993年発表のおそらく遺作、ラスト・アルバムが入荷して来ました(その後、病気療養生活に入ってしまったようです…。)。 この1993年というのは1991年の議会制政治成立と内線終結を謳ったリスボンに和平協定から、アンゴラ大統領選をきっかけとする内戦がまた勃発してした頃、おそらく …

続きを読む>

go top