WUTA MAYI / LA FACE CACHEE

>こちらで紹介されていたアルバムですね、「な~んて芳醇なルンバ・コンゴレーズなんでしょうか!」by bunboniさん〜その通りです。 「日本人も爺いにはやっぱりこういうオールド・スタイルがイイのよ。」by スチャラカさん〜その通りです。 やっと入荷して来ました。よろしく、どうぞ! 以上、いつものように無断リンク陳謝&感謝です。 1 Face Cachée …

続きを読む>

NA HAWA DOUBIA / LA GRANDE CANTATRICE MALIENNE VOL.1

というわけでマリ、ワスル出身の女性歌手、ナハワ・ドゥンビアの、なるほどファーストなんですねえ、見たことありませんね(ネット上以外では)。>こちらで紹介されていて、いつものように時差入荷したわけですが(陳謝&感謝!)、そうか、同じくオウサム・テープスからの1982年のサード・アルバム>復刻盤はガッカリさんだったんですねえ、って、もちろん、“DIDADI”198 …

続きを読む>

V.A. / ALEFA MADAGASCAR

1974-84年のマダガスカル現地レーベル Discomad  からリリースされた7インチ・シングル群初復刻集です! 1960年代からラジオを通して島に届いたというコンゴ、モザンビーク、南アフリカやケニヤといった国のダンス音楽+北米ポピュラー音楽の影響を受け、島伝来のコーラス歌、サレジーがエレキ化され、ハチロク系ダンス音楽として生まれ変わった姿をとらえたコン …

続きを読む>

NEMA MINT CHOUEIKH / MOURETANIAN MUSIC FROM THE TRARZA REGION

これは、ちょっと、びっくりするくらいディープですねえ、そのまんまブルースに聞こえないこともありません…。モーリタニアのヴェテラン女性歌手、ネマ・ミント・ショウエイクによる、ムーア人の古い伝統を受け継ぐという弾き語りを収めたアルバムです。マリのカマレ・ンゴニにも似た弦楽器、アルディンの弾き語りと、モロッコのグンブリ似にた弦楽器を拡声器に通して弾く男 …

続きを読む>

SIDIKU BUARI / FEELINGS & JAM BUSTERS

音楽内容にあんまり関係ない情報ですが、奥さんが元ミス・ガーナ、シディキ・ブアリ自身は元アスリート、400mのガーナ代表だったそう。60年代後半は渡米し野球やってたそう(?)。後年、ガーナのミュージシャン・ユニオンの会長に…というようなことはともかく、これまでシディキ・ブアリの作として、よく知られていたのはガーナ帰国後に幾つかリリースしていた70年 …

続きを読む>

KING ONYINA / KING ONYINA’S GUITAR HIGHLIFE

EL SUR RECORDS 盤2CD  “V.A. / パームワイン・ミュージック・オヴ・ガーナ”の解説、キング・オニイナの項をご参照下さい!パームワイン2CDのジャケットでギター抱えてた人ですね!本CDのジャケと同じシャツを着てます。アングルちょっと違いますけど… 久々の再入荷(もう、廃盤だと思ってました)!で、内容保 …

続きを読む>

ORCHESTRE NUMBER ONE DE DAKAR / NO.2 DE NO.1

1976年、STAR BAND から分裂独立した スタール・バンド~No.1de ダカールの貴重な音源。 Papa Seck、D.Sow、 Mar Seck等のヴォーカルは、 ユッスーにつながる感覚! ギターとパ-カッションの連携が見事! 1 Dede 3:44 2 Diongoma 4:38 3 Worpe Sanawle 7:03 4 Mory 7:52 …

続きを読む>

ARAT KILO, MAMANI KEITA, MIKE LADO / VISIONS OF SELAM

仏バンドによるエチオFUNKを基本に、USラッパー&マンデ女声参加にて、アフロビートやダブ・ポエット、マンデ・スタイルからスークース、果てはモータウン・サウンドまで繰り出す人力生音&生声演奏のノリの良さがたまりませんね!非エレクトロ、間合いと呼吸と差配のバランスに支えられた勢いが光ります。緩急自在、飽かせない曲の並びもOK、なんだか久々に踊ろうかなと、店で一 …

続きを読む>

go top