MALAGASY GUITAR MASTERS / VOLO HAZO 

★マラガシー・ギター・マスターズ / 聖なる木 マダガスカルの現代のギターの巨匠3人が集まって結成したユニット、「マラガシー・ギター・マスターズ」の初アルバム。多彩なテクニックとスピード感で聞かせながらも、島らしい浮遊感も気持ちいいサウンド。 ●マダガスカル南部の音楽スタイル、ツァピキを代表するギタリストとして、弊社ビーンズ・レコードよりソロ作『ブルー・ツァ …

続きを読む>

JANO BAND / 2 LERASIH NEW

出ました!エチオピアンROCK、ジャノ・バンドのセカンドです!>前作デビュー・アルバムはビル・ラズウェルのプロデュースでした。アディス・アベベの6人組(まだ若そうです)ギター&キーボード・バンドの18年作です。リーダーはヴォーカル / フロントのアディス・ゲセッセ。エチオピアや少々ソマリアのメロ&ビート使いを、メタルギター&エレクトロROCKに乗せて、ドッカ …

続きを読む>

FEMI KUTI / ONE PEOPLE ONE WORLD

どうしてまた、異母弟シェウンと同時期の発売なのか?どうぞ、較べて聴いてくれ、ということなんでしょうか? ま、もはや、そういうことでもないかのも知れなくて、2015年にはとうとう、シェウンと同じステージに立ったフェミですから、既にいろいろと、整理(?)はついているはず。そうそう、ジャケ写の顔もどうですか、この円熟味…、そして、この4年半ぶりの新作、 …

続きを読む>

SEUN KUTI & EGYPT 80 / BLACK TIME

4年ぶり、シェウン・クティの新作です! 前作同様プロデュースはロバート・グラスパー(というのは音もはもない噂?)。話題としては、表題曲 “BLACK TIME” にカルロス・サンタナがギターで参加しています。かといって何かが変わるわけでもなくて、要するに、タフなヴォイスとヘヴィーな前傾グルーヴに翳りはありません。時に、アレンジのあり方 …

続きを読む>

BOUBACAR TRAORE / DOUNIA TABOLO

      ルイジアナのラファイエットでレコーディング、Cedric Watson (Violin), Corey Harris!! (Guitar), Vincent Bucher (Harmonica), Leyla McCalla (cello) と、バブカール・トラオレのギター、歌声がいつものように。シブイ!マリ・サイド …

続きを読む>

NADI QAMAR / THE NURU TAA AFRICAN MUSICAL IDIOM PLAYED BY NADI QAMAR ON THE MAMA LIKEMBI

ナディ・カマルは1917年生まれで、かつてチャールズ・ミンガスらと共演を果たしたアメリカ人ジャズピアニスト、スポールディング・ギブンズの別名義。ジャズを通じてアフリカ音楽に出会った彼は、親指ピアノなどアフリカの楽器を研究し、Smithsonian Folkwaysに幾つかのレコードを残しています。その中で白眉なのが、この親指ピアノならぬ、全指ピアノ「ママ・リ …

続きを読む>

AYINLA OMOWURA x4 items

1970年代のナイジェリアを疾風のように駆け抜けたアパラの大スター、アインラ・オモウラの数あるアイテムのうち、久々に再入荷したレアーな4アイテムです!で、アインラ・オモウラに駄作ナシ!よろしく、どうぞ。 > “NATIONAL CENSUS” 売り切れ *1973 Ayinla Omowura and His Apala Group …

続きを読む>

AYINLA OMOWURA / ALUJONU ELERE

おお!売り切れ必至、酒場で刺されて亡くなった翌年、1981年にリリースされた “ALUJONU ELERE” 、おそらくLP としては、ラスト・アルバムでしょう(と、確証はないんですが)、初入荷です!アインラオモウラに駄作なし!アギデボも聞こえるのでした。かぶりモノもイカしています。内容は初期シングルの編集盤とのこと>★無断リンクすみ …

続きを読む>

CARMEN SOUZA / CREOLOGY

★カルメン・ソウザ/クレオロジー ジャズとソウル、ワールドの間を渡り歩くボーダーレスな女性歌手!  ファドのイメージが強いポルトガルから、なんともマルチ・カルチュラルな女性シンガーが登場した。かつて植民地支配されていたカーボ・ヴェルデのDNAを受け継ぐカルメン・ソウザは1981年リスボン生まれ。幼少期よりカーボ・ヴェルデの音楽/文化に親しんできた彼女は、その …

続きを読む>

DAUDA EPO AKARA / ORE META

う〜ん、ヒックリ返った!これまでに聴いたヨルバ系音楽の中で、否、全アフリカ的に見渡しても、コレほどデレデレでイイカゲンな音源は聞いたことがない。泥酔しているのか、トリップしているのか、ヤル気がまるでないのか?これはロス・アプソンに回すか、パフパフさんに買っていただくしかないCD? pic.twitter.com/T7uidYc7n3 — エル・ス …

続きを読む>

ORCHESTRE LES MANGELEPA / LAST BAND STANDING

>★ 1976年結成〜ケニア・リンガラの老舗グループ、 オルケストル・レ・マンゲレパ新録となります。 現在もナイロビで活躍しているというマンゲレパ、 軽快なギター・サウンド、メロウなコーラスは もちろん現役モードで、LAST BAND STANDING !! 01. Kanemo 02. Malawi Zikomo 03. Mbungu 04. Maidus …

続きを読む>

GABY LITA BEMBO AND ORCHESTRE STUKAS DU ZAIRE / KITA MATA ABC

国内リリースです! コンゴレーズ “レルンバ・ロック” の “ショーマン” リタ・ベンボ率いるストゥーカスの1974-83年貴重録音複刻集〜こちらも久々の再入荷(再プレス?)!リンガラ第3世代の中でも、他に類を見ない独特なコーラスと、過激なダンスで人気を呼んだストゥーカスの代表的ヒット曲を網羅した編集CDです。情感たっぷりでいながら、 …

続きを読む>

go top