ABDEL AZIZ EL MUBARAK

1987年UKグローブスタイルからリリースされた名盤、まだストックあったんですねえこのCD!スーダン名歌手、往年の節まわし、今聴いてもグッと来ますよ、ホント。ハルツームはヌビアン・スタイルの帝王ワルディとはまた一つ違います。青ナイル流域ワード・マダニーのスーダニーズ音頭真髄!サイコーです。 ▽未だ現役のようです。ああ、新譜が聴きたい!

続きを読む>

SINKANE / LIFE & LIVIN’ IT

ま、基本、エレクトロニカとか、そーゆージャンルの人なんでしょう、たぶん…(よく知らないでスミマセン)。スーダンの首都ハルツームの、ナイル川を挟んだ対岸の商業都市、オムドゥルマンの出身だそう。けれど、両親ととも渡米し、現在はNYブルックリンを拠点に活動する人気アーティスト、だそう。なるほどですね、で、たまたま聴いた “U’H …

続きを読む>

ABDEL GADIR SALIM / KHARTOUM BLUES

★アブデル・ガディール・サリム/カルトゥーム・ブルース ウードを弾き語りを中心に伝統的なスタイルを貫き通すスーダンの歌手/作曲家アブデル・ガディール・サリムは、スーダン中央部の方言を用いた歌詞と土着のメロディー/リズムを取り入れたサウンドがその大きな特徴。そのアブデルがフランスの〈アラブ世界研究所〉から90年代の終わりごろ発表した作品がこれだ。ウードの弾き語 …

続きを読む>

V.A. / THE SOUND OF SUDAN (2CD)

日本人の耳と心を刺激する何処か懐かしくパワフルなスーダン歌謡の世界をたっぷりと。(インポーター資料から) メンバー:Salma Al Assal (Vo. Darbouka), Hassouna Bangaladish (Bongo), Mohamed Al Semary (Vo.), Produced by Hossam Ramzy CD I 1Benay …

続きを読む>

THE NILE PROJECT / ASWAN

世界最長の川であるナイル川の音楽的伝統をすくいあげるため、スーダン、南スーダン、エチオピア、ヌビア、エリトリア、ウガンダのナイル川流域の国々の出身者18名の音楽家が一堂に会したナイル・プロジェクト(>メンバー)。ファーストアルバムはヌビア、現エジプトの町アスワンがテーマ。アラブからの影響が強いヌビアやスーダンの旋律&音頭グルーヴ、エチオピア音階のサックスや、 …

続きを読む>

V.A. / SOUNDS OF SUDAN

★ABDEL GADIR SALIM, ABDEL AZIZ EL MUBARAK, MOHAMED GUBARA ワールド・ミュージックが誕生した80年代に、シーンをリードしていたイギリスでもほとんど知られていなかったスーダン音楽に大きなスポットを当ててくれた作品が、1987年にワールド・サーキットが発売した『Sounds of Sudan』だった。当初ア …

続きを読む>

AMIRA KHEIR / ALSAHRAA

アミーラ・ヘイルはイタリアに亡命したスーダン人の両親のもとに生まれ、現在はロンドン在住。11年に発表した デビュー・アルバム『ヴュー・フロム・サムウェア』ではスーダン音楽をベースにジャズやソウルのフレイヴァーを取り入れた独自のポップ・サウンドを披露したが、今回は全曲を教会で録音し、 さらにオリジナリティあふれるサウンドを繰り広げている。ベース、アクースティッ …

続きを読む>

HADI SALIA / SONGS FOR NUBIA

 ハディ・サリア、またの名をハディ・アハメッド、初入荷です。久々のスーダン音頭です(ヌビア系トラッド色も感じられます)。で、あの、スーダン音頭の帝王、ムハンマド・ワルディの従兄弟さんだそうです。スーダン北部のヌビア人が住まう小さな村で生まれ、アスワンハイ・ダムに沈んだその村から父の出稼ぎ先、エジプトへ移住。そして父の死後、兄とともにスーダンへ移り住み、早くか …

続きを読む>

RANGO / BRIDE OF THE ZAR

グナーワとヌビアン・ビートの中間みたいな音楽でしょうか…?既にして、その演奏者も存在しないと思われていた19世紀のヌビア~スーダンで盛んだったというバラフォン(木琴)=“ランゴ”、その最後のプレイヤー?ともされるハッサン・ベルガモンを中心に、いかにもナイル流域のアフロ・アラビックな感覚のパーカッション・アンサンブル、そしてヴァイタルなコール&レス …

続きを読む>

ABDEL GADIR SELIM / NUJUM AL-LAIL

1985年に英国で創立したグローブスタイルは世界で初めて〈ワールド・ミュージック〉というキーワードを前面に押し出し多くの音楽ファンに衝撃を与えたレーベル。そんなグローブスタイルが、1989年当時、全く世界に知られていなかったスーダンのポピュラー音楽をいち早くインターナショナル・マーケットに紹介したアルバムがこちら。アコーディオンやストリングス、ウードといった …

続きを読む>

SETONA / AFRICAN CROSSROADS, Tariq Sudan

スーダンの首都ハルツーム出身~アフリカとアラブのクロスロード・ミュージックをヴァイタルな歌声で聞かせるビッグ・ママ=セトナ(ヘンナ・ペインティングのデザインや、スーダン系ダンスの伝道者としても活躍しているそうです)の欧州盤1997年のファースト・アルバム(既に入手困難?)ストック品です。スーダン/ヌビア系の前傾エイト・ビートを叩き出すタール&ダルブッカほか各 …

続きを読む>

MOHAMMED WALDI / (タイトル不明)

スーダン音頭の帝王(誰が呼んだかスーダンのKC高峰…)~現地買付僅少限定入荷!おそらく近年録音/ゼロ年代のライヴ録音CD&近年の野外ライヴ映像集VCDということになるかと思います。内戦や経済危機を経て(南北分離はどうなるのか?未だ緊張を孕みつつも)、現在は石油による好景気を迎えているというスーダンですが、ハルツーム市内のミュージック・ショップにワ …

続きを読む>

RASHA / LET ME BE

スーダンと言えば、日本人にはなぜか懐かしさを感じさせる「音頭系」のサウンドで人気。そんなスーダンから登場した若手女性歌手で、人気実力共に高い評価を得ているのが、このラシャ。セカンド・ソロとなるこの2000年作では、全曲サックス兼音楽ディレクターのハビエル・パチ・パスクアルが曲を提供。レゲエなども取り入れ、前作よりもかなりポップな仕上がりになっています。ゆった …

続きを読む>

go top