MATIAS DAMASIO / POR AMOR

  マチアス・デマシオの4作目のアルバムなんですが、前年15年にリリースされたアルバムのジャケが変更され、曲も少々差し替えられて、16年にもう一度リリースされた同タイトルの4作目アルバム出し直し盤ということになります(理由は不明)。詳しくは後刻〜

続きを読む>

V.A. / ANGOLA SAUDADE VOL.1 & 2

内戦時代前半のPOP〜70−80年代の知られざるセンバ/キゾンバの名曲が、アンゴラ現地レーベルのセレクションによる CD x 2 = 36曲!アンゴラ音楽ファンの皆さま、未知の領域はまだまだ… VOL.1 1 Merengue Rebita -António Paulino 2 Merengue Bela -Jovens Do Prenda 3 …

続きを読む>

V.A. / 40 ANOS A CANTAR ANGOLA

>☆ こちらアンゴラ音楽の40年(独立40周年記念!)を現地レーベル選曲でよりすぐり振り返ったオムニバスCDです!我らがパウロ・グローレスの若き日から、ボンガ、ロベルティーニョ、そして独立前から活躍するテタ・ランド、アルトゥーロ・ヌネス、といった有名人はともかく、はともかく、ほか、なかなか聞くことのかなわぬ重要人物ばかり!こちらもまたアンゴラ音楽ファンにオス …

続きを読む>

FIEL DIDI / EM DEFESA DO SEMBA

以下〜MM誌輸入盤紹介欄にbunboniさんが3年前に書かれた原稿を、著作権利者であるbunboniさんのご好意で掲載させていただきます! 「アンゴラのポップスというと、クドゥロのようなアンダーグラウンドなゲットー・ミュージックに関心が集まるものの、センバやキゾンバといったメインストリームの音楽シーンはまったく伝わってこないのがもどかしくてならない。国外にま …

続きを読む>

MATIAS DAMASIO / AUGUSTA

以前、>こちらの曲収録の2012年作が僅少入荷するものの、HPに上げる間もなく品切れ、それっきり入ってこなかった、センバのロマンチスト? とか、持たざる者の味方?とか、当店界隈で話題を呼んでいたアンゴラのマチアス・ダマシオ、2018年末の最新作です!要するに>こちらで新作を待たれていた人物ということで(無断リンク陳謝&感謝!)、前回入荷時にはアッ!とか、ウッ …

続きを読む>

DOM CAETANO & ZECA SA / MEMORIAS 35 ANOS

  センバです。顔がもうセンバです。サイコーです。ネット上には試聴材料は上がっていないようですが(あっても何かしらアプリのダウンロードが必要みたいで)、とりあえず、お薦めします。「サイコーじゃないですかぁ!?」by スチャラカさん〜で、僅少入荷、毎度スミマセン、詳しくは後刻…

続きを読む>

ROBERTINHO / KAKINHENTO

おおっ!なんか、ちょっとダサイかも? 黒革ジャンのベストにサングラス! 似合ってるんだか、似合ってないんだか…、なんて、人のことトヤカク言えたギリではありませんが。 このロベルチーニョ(本名フェルナンド・ルカス・ダ・シルヴァ)、年齢不詳ですが、アンゴラ独立戦争のさなかの60年代半ば、未だ幼い頃に、生まれ故郷の村から首都ルアンダへ両親ととも移り住ん …

続きを読む>

LIL SAINT / NEW DAY

2013年のデビュー・アルバム以来、キゾンバ・ユニットCP4に参加、シングル録音を幾つかリリースして来たSSWにしてプロデューサー、リル・セイント・ランソー2017年のセカンドです。いつも想うんですけど、なぜ、アンゴラのシンガー達はこうもイイ声してるんでしょうね…、という先入観に違わぬ歌い手、ズークマナーのストレートなミディアム&スローな打ち込み …

続きを読む>

BONGA / KANDANDU

>★ 膨大なカタログを誇るポルトガル語圏 アフリカ音楽専門復刻レーベル “SON D’AFRICA” による、 アンゴラはボンガの1980年作充実作! 廃盤かと思っていましたが、運良く入荷! 1 Sambila 2 Mambia 3 Um Kandandou Amigo 4 Saudades Terras Enclave …

続きを読む>

DJ CELSO ROBERTO / KARAVANA DA SAUDADE

>★  さて、こちらもDJメイドのセンバ / キゾンバ系コンピレーション・アルバム(ミックスCDではありません、曲はつながっていません)。アンゴラの人気DJは、トラックメーカーであり、プロデューサーであり、そして選曲家でもあるという憶測を先に書きましたが、このDJセルソ・ロベルトは俳優であり歌手でもあり(あんまり上手くないのがタマにキズ)、こちらのコンピレー …

続きを読む>

DJ DIAS RODRIGUES / PIKANTE VOL.6

DJというのが、アンゴラで何を意味するのか、今ひとつ、よくわからないのですが、察するところ、DJはトラックメーカーであり、プロデューサーであり、そして選曲家でもあると解していいのか、どうか? というのも、このコンピレーション(ミックスCDではありません、曲はつながっていません)の収録曲の大半が、itunes や Spotify にあたってみると、本作にしか収 …

続きを読む>

CEF TANZY / CARTEL D’AMOR

ソウルっぽいですねえ、イイ声しています。アンゴラ、キゾンバの将来的なあり方として、打ち込み系エレクトロなダンス音楽的展開より、好感が持てるような気がしますが、いかがなものでしょう? 詳しくは後刻〜 とか書いていたら、bunboniさんの>こちらがアップされました(リンク感謝!)。そうか、キゾンバじゃないんですね…キゾンバにおけるズーク・ラヴ的(ス …

続きを読む>

FILHO DO ZUA / TUDO OU NADA

    ナイス!キゾンバ / センバのギター侍!? フィリョ・ド・ズア、 アンゴラ若手SSW、イイ歌声です。 ” 詳しくは後刻〜 ” を虚しく待つよりも、 とりあえず>こちらを! 無断リンク陳謝&感謝!

続きを読む>

go top