PUTO PORTUGUES / ALMA

プート・ポルトゥゲース、32歳のアルバム〜昨年のソロ4作目!やっと入荷して来ました! しかし、この緩んだ顔…、イイじゃないですか!スのママですよ。今時なかなか32歳の若者が、このリラックスした、というか力を抜いたお顔を大事なCDジャケに使うなんて、やっぱり、只者じゃありませんな、プート・ポルトゥゲース! が、話は変わりますが、すみません!結構たく …

続きを読む>

PUTO PORTUGUES / GERAÇÃO DO SEMBA

  既に2019年作が出ていますが、10年前の作ですが、いや〜アンゴラのセンバ(デーハなジャケですが、生音センバ〜キゾンバです)、古さを感じさせないところがスゴイ!というか、積み重ねられた過去というものを大切にするPOP感覚というものは、そうしたもんですね、って、このプート・ポルトゥゲース、もともとアンゴラ発エレクトロ系ダンス音楽、クドゥロ・ユニッ …

続きを読む>

DJ PALHAS JR X DJ PAUSAS / ORDER

アンゴラ系DJデュオ、パウサス&パーリャスが二十一人のシンガー&ラッパーを迎えて作り上げた最新キゾンバ17曲。中でもやっぱり、リル・セインツ2曲聴きものでしょうか?メロウじゃけん! 1. Eu Gosto (feat. Neslson One) 2. Perigosa (feat. Mylson & Deezy) 3. Louca (feat. 2 …

続きを読む>

ZE DELGADO / CARA O X

  アンゴラ、キゾンバ、というか、POP、というか、SSW、というか、なかなか掴みどころのない歌い手の新譜と思われます(2014年頃にデビューしているようです?)。見た目もちょっとアンゴラの人という感じしなくて、ズークと直結?クレオールっぽい雰囲気ですよね、なんだか、音楽性もそんな感じでしょうか(見た目を云々すっるのは失礼かも知れませんが)&#82 …

続きを読む>

JIVAGO / N’GUEZA N’DINDI

思いっ切りCDRですね、ジャケもペラ紙ジャケ、かなり簡易な作りです。…とうとう、という観もありますが、このヴェテランの現在のセンバが聴けるだけで、もう嬉しい!ということもあります(って、自分、初めてこの人、聴きましたが…)。いわゆるルアンダの “KOTA”(複数形”コタス”)=オールドタ …

続きを読む>

PATRICIA FARIA / DE CAXEXE

この年の暮の、センバ本命盤入荷しています!このアンゴラならではの女声、聴いてみて下さい!1981年生まれ、アンゴラのフィメール・グループ、ジンガス・ド・マクルソのリード・ヴォーカルとして活躍、加えて、ラジオ・ルアンダのパーソナリティーとしても人気だったそう。なるほど、アンゴラの人々が好きそうな声ですよね。ルーツ・サンバなんかを歌ってもハマるかも知れません&# …

続きを読む>

V.A. / VOZES DO ZAIRE E AMIGOS Vol.1

なんで、センバでアンゴラなのに “ザイール” なのか? と思ったら、そうか、“ザイーレ” なんだ、と気づきました。アンゴラ大西洋側、北西の端っこの州 “ザイーレ” の仲間たちの歌声〜という企画なんですね、本盤は。が、しかし、首都ルアンダのセンバ&キゾンバと一味違うところは、やっぱりどこかしら、コンゴ国境のルンバ風のリズム感やダンスパートが微かに忍び寄っている …

続きを読む>

REFUGIES AU CONGO KINSHASA‎ / MUSIQUE FOLKLORIQUE DE BAKONGO DE L’ANGOLA

タイトルどおり解釈すれば、キンシャサに難民として生活するアンゴラ北部、コンゴに隣接したバコンゴの人々の音楽、ということに。コノノNO.1 (そのルーツは、やはりバコンゴだったかと)の登場を受けて、様々なフォルクロールが吹き出したキンシャサという大都市音楽の、これもまた一つの魅力的な断面でしょうね!電化リケンべ使用しています。 1 Mu Mbata Wa Lo …

続きを読む>

go top