BALAPHONICS / SPICY BOOM BOOM

プッシュします!なるほど、基本アフリカに的を絞りつつ、実に開放的、好きなことやって楽しんでる感じ、十二分に伝わって来る大所帯生演奏が夏向き!ジュピテールが参加しているところも、ポイント高いですねえ。バラフォン奏者を含むアンサンブルが特徴的なフランス発アフロ・ミクスチャー・バンド、バラフォニックスによる2021年のセカンド作です。管楽器セクションを擁し、アフロ …

続きを読む>

JOSEPH KABASELE AND THE CREATION OF SURBOUM AFRICAN JAZZ /1960 -1963

いや〜、サイコーですね!久しぶりに夏が来た、という感じのお天気だったんで、お客さんたちとビール呑みながら、たっぷり、大きい音で聴かせていただきましたよ、音質もイイし!グラン・カレこと、ジョセフ・カバセレ&アフリカン・ジャズの、ラテン・フレイヴァーたっぷりルンバ・コンゴレーズ、なによりドクトゥール・ニコのギターとマヌ・ディヴァンゴのサックス(&ピアノ、クラリネ …

続きを読む>

LES BANTOUS DE LA CAPITALE / LES GRANDS SUCCES, Vol.4 – Vol.5

もうひとつのコンゴ“コンゴ・ブラザヴィル”を代表するバンド!  ザイールという国名で知られたコンゴ民主共和国(首都はキンシャサ)のお隣にあるのが、“もうひとつのコンゴ”ブラザヴィルを首都とするコンゴ共和国(コンゴ・ブラザヴィル)。その国を代表するルンバ・コンゴレーズのグループといえるのがこちらのレ・バントゥー・ド・ラ・カピタールです。結成は50年代の終わりで …

続きを読む>

V.A. / REPUBLICAFROBEAT VOL.5 MUJERES Ⅱ

★V.A./リパブリカフロビート VOL.5 ~ 女たちのアフロビート Ⅱ コンセプトは〈アフロビート〉そして〈女性〉! フェミニズムや文化的多様性、社会正義を掲げたインタナショナルなアフロビート・コンピレーション!  ラテン音楽からアフロビートに至るまで、その国境なき選曲センスに熱い注目が集まるスペイン出身のDJ FLORO。その彼がコンパイラーを務めるア …

続きを読む>

ABDULKADIR A. KASKEY / CALAF 2002

ソマリアの現役人気歌手、アブデルカディール・A・カスケイの初期作品(2002)、ストックに発見しました。伝統的歌謡の延長にシンセと打ち込みが待ち構えていたの図…、未だ消化し切れていない歌と伴奏の不釣り合いを持ち越しながら、ソマリアらしい野趣漂う少しばかりブッキラボーでメリスマティックな歌声が、少しばかり音程を外しながらも、アラブとエチオとスーダン …

続きを読む>

TERRERO ‎/ XUBENGA, Cabo Verde, Batuque De Santiago

カボヴェルデはサンティアゴ島のバトゥーケは、群島の中で最もアフリカ的なスタイルを保っています。 バトゥーケは、パーカションのみの伴奏と女性達によるヴォイス&コーラスを基本とする独特なダンス・リズムです。 島の識者達には、このカラフルで健康的な20歳代の女性グループがバトゥーケのリズムを持って音楽シーンに登場し人気を博した時、とうとう島の伝統が失われたと、嘆く …

続きを読む>

FRANCO / 20 ANS APRES Vol.2

フランコ没後20年の際にリリースされた編集盤!  アフリカ音楽の王様として約30年間に渡ってコンゴの音楽シーンをリードしたフランコ。その没後20年だった2009年に発表された編集盤(の第2集)がこちら。音から察するに録音時期は様々で、おそらく70〜80年代に録音されたものが中心です。迫力あるジャケットにも注目!(サプライヤーインフォより) 1. Boma n …

続きを読む>

PEROLA ‎/ MAIS DE MIM

>こちらの冒頭曲でわれわれを魅了してくれたペロラの2015年作!ようやく僅少再入荷!   1 Ninguém 2 Bobo 3 Evita Só 4 Já Não Sou Criança 5 Tudo Para Mim 6 Mazuké 7 Tens Sorte 8 Fica Parado 9 Perfect Lady 10 Deus Te Fez Mulh …

続きを読む>

CHIEF STEPHEN OSITA OSADEBE / OSITA MERENGUE

1990年作品だそうです。遠藤先生のHPにはオサデベ作品も網羅されています!>★ 感謝!凄いですねえ、やっぱり、こんなにリリースされていたんですねえ、CDもメチャクチャ出てますが(アデやオベイと変わらぬ人気をイボ・ピープルの間にキープしてたんですねえ…)、たくさんあり過ぎて、どれをオススメしたらいいのかわからない、ということはありますが …

続きを読む>

KAYODE FASHOLA / AJA TO NLEPA EKUN

1950年代~IKダイロとともにナイジェリアン “ジュジュ・ミュージック” のパイオニアとされたアインデ・バカレのグループに在籍中、ギタリストとして頭角を現し、1960年代~バカレの死後、彼のグループを “ミュージック・メイカーズ” と改名し受け継いだのがこのカヨデ・ファショラでした。いわば、IKダイロやアインデ・バカレの旧スタイルと …

続きを読む>

go top