MAHMOUD AHMED / YETBAREK

これがオリジナル・ジャケなのかどうか、ハッキリしないのですが、帝王マフマド・アハメドの2003(2004?)年作のエチオピア盤ということで、今のところ、こちらが最後のソロ・アルバムということになるかと(その後、2007年のイーザー楽団2CDへの客演もありましたが)。で、その後、アルバムが出ていないのはとても残念…(それとも当方が知らないだけ?)。 …

続きを読む>

JUSTIN ADAMS feat. ANNELI DRECKER / RIBBONS

砂混じりのアフロ・サウンドに豊かな弦の響きと北欧のテイストを練り込んだ新感覚ミクスチュア! 2000年以降のワールド・ミュージック・シーンのキーパースンのひとりであり、ロバート・プラントのバンド〈センセーショナル・スペース・シフターズ〉のギタリストとしても活躍するジャスティン・アダムズが、久々にソロ名義でアルバムを発表した。今回は北~西アフリカの伝統音楽や砂 …

続きを読む>

V.A. / SYNTHESIZE THE SOUL, Astro-Atlantic Hypnotica from the Cape Verde Islands 1973 – 1988

島の哀愁が滲んだ伝統混血ダンス音楽 “コラデイラ” の1973-1988年シングル音源復刻集です。この時期ともなると、コラデイラも、欧米ディスコの影響もモロに受けてしまっていて、それでも、というか、かえって、逆に浮かび上がってしまうカボ・ヴェルデのクレオール臭、というか、クレオール的音感、そこんとこがたまらんわけですね!アナログ・アフリカに続き、NYのレーベ …

続きを読む>

SONGHOY BLUES / RESISTANCE

  マリ北部、ソンガイ・ブルース系若手4人組ギター・バンド〜2年ぶりとなる英 TRANSGRESSIVE 制作のセカンド・アルバムで、>前作と変わらず、ロック的な前傾姿勢、エッジの効いた演奏を聞かせてくれます。一本調子になることなく、生ギターによるデルタ・ブルース風やカントリー・ロック調の曲、コラ奏者が参加した曲など、飽かせない工夫もされています。 …

続きを読む>

SAKA OLAYIGBADE / SYSTEM 8

一弦ヴァイオリンのゴジェ弾いてるイイ写真です…。これまで欠番だったサカ・オライグバデのシステム8(って、1回入荷しているとbunboniさんから聞きました。というか、ウチでお買上げになったということでした。が、当方にはまったく憶えがない、というのはどういうわけなのか?ま、記憶力が欠如しているだけのことですが…)!ナイジェリアはヨルバ人 …

続きを読む>

WASIU ALABI PASUMA / INITIATOR

  ドスの効いたFUJIヴォイスで人気のワシウ・アラビ・パスマ、最近では先陣を切ってナイジャPOPスタイルにも挑戦?〜まずまずの成果を上げていましたが、そんなパスマの2006年名作(代表作)がコチラ!1曲目イントロ4分ぐらいまで、JUJUっぽい展開を聞かせるものの、以降、パーカッション偏重、パスマのヨルバ系浪速節ヴォイスに先導されて、ラフ&グルーヴ …

続きを読む>

DABI AYANLOLA KANYINSOLA & THE TALKING DRUMS ORCHESTRA / IJO MUKE

  ナイジェリアはもとより、ヨーロッパや日本にも滞在し、ヨルバ系トーキング・ドラムの魅力、その伝統を伝導して来たダビ・アヤンロラ・カニンソラと、そのグループ〜トーキングドラム・アンサンブルと女声コーラスによるアルバムです。トーキング・ドラムの意味伝達機能を踏まえた演奏を、時に淡々と、時にポリリズミックに聞かせてくれる作。先祖代々、トーキング・ドラム …

続きを読む>

PK 1ST ALHAJI AGBA / UNDER STANDING ALHAJI

  とはいえ、こういう硬派なFUJIアルバムも同時にリリースしているところ、流石。53分ノンストップ1曲アルバム、途中、ルンバ+JUJU風のギター&ベースがかぶって行く場面はありますが(ソプラノ・サックスなし)、大半はミディアムアップの打ち込みなしFUJIパーカッション・グルーヴに乗せて、ハードボイルドなFUJIヴォイスが延々と続く内容。やっぱり実 …

続きを読む>

PK 1 ALHAJI AGBA / HIP HOP MAFIA

PK1ことアッバス・アカンデの、 ナイジャPOP路線アルバム。 なんともダサい…タイトル、 『ヒップホップ・マフィア』ですからね、 以前にも>こういう作がありましたが… が、でも聴いているうちに、 どうも、なんというか、元気出てきました。 やっぱりFUJI声? 体育会系男子の無骨さ丸出しで、 カッコつけてる感が微妙にOK!?

続きを読む>

FALZ X SIMI / CHEMISTRY

1988年生まれ、ゴスペル出身の女性歌手、シミと、 >こちら俳優兼ラッパーのファルズによる デュエット・アルバム〜2016年作初入荷です。 キュートなシミのヴォイスが印象的、 加えて、飄々としたファルズのラップも悪くない? アフロビートやヨルバ系リズムも軽快、 音をツメ込み過ぎないトラックもOK〜 最近のナイジャPOP、イイ感じですね! コンパクトな7曲〜t …

続きを読む>

VIEUX FARKA TOURE / SAMBA

★ヴィユー・ファルカ・トゥーレ『サンバ』 サハラのジミヘン弾きまくり! 西アフリカ砂漠のブルースとモダン・ロックを融合する最重要ギタリストの最新作品。タイトルの「サンバ」とは二番目に生まれたことを指す。トゥーレの家系では、二番目の子孫(ヴィユー自身のこと)がその伝統を継承するという。本作では祖父に弾いてもらっていた曲なども収録。激しいアタックで弾かれる泥臭い …

続きを読む>

『とうようズ・チョイス・スペシャル』

 『中村とうよう 音楽評論家の時代』の副読本ならぬ「副聴CD」。 とうようさんが最後に愛したのは、かくもシンプルで飾り気のない音楽たちだった。 2011年に亡くなった中村とうようさんの評伝『中村とうよう 音楽評論家の時代』(二見書房)がとうとう完成した。その発売に併せ、内容をより深く理解するための「副読本」ならぬ「副聴CD」として制作した編集盤がこれだ。ラテ …

続きを読む>

OLAMIDE / THE GLORY

    ヨルバ系ラッパー、オラミデ かなりイメチェン? 2017年通算5作目のアルバムです。 なんか、ドープというか、ディープですねえ、 でも、変わらずのシャガレ声、 ちょっとトボけたヒップなトラックメイク、 楽しめます。

続きを読む>

go top