GRACE BARBE / WELELE !

セガと言えばセイシェル、セイシェルと言えばグレース・バルベ(って、今オーストラリアで活躍してるらしいんですけど)!インド洋上でフランスの前々世紀の舞曲が生まれ変わったハチロクのセガ・ビートを、本作でグレース・バルべはアフロビートとミックスすることを生演奏本位で試みています。そのミックスの作法がいかにも自然なのは、抜群の音楽的身体性の持ち主だから、としか言いよ …

続きを読む>

LES MANGALEPA / EDURANCE

  まだストックあったんですねえ、ケニアでは今だに現役で活躍するグループの最盛期録音~1960年代に旧ザイール/コンゴ民主共和国で結成され、70年代には他国へもツアーを行い、その独特のマーチング・ビートでケニアのおみならず中央アフリカ全土で、大きな人気を掴んだレ・マンガレパの貴重/復刻CDです!サックスなどホーンズがバッチリ入ったルンバ・コンゴロワ …

続きを読む>

V.A. Field recordings / KENYA, Musique du Nyanza

『ケニア~ニャンザ州の音楽』 Disc1 ルオ族:捨てられた女/称賛の歌/一族への称賛の歌/弔辞/彼の生涯/踊りの音楽 グシイ族:収穫祭もしくは婚礼の踊り/旅立った人への称賛の歌 Disc2 グシイ族:踊りの音楽 クリア族:称賛の歌1/称賛の歌2/もてなしの歌1牛飼いの音楽/ジバイ・ジバエ/足枷の踊り/ もてなしの音楽2/もてなしの音楽3/割礼の儀式のための …

続きを読む>

V.A. Field recordings / CENTRAFRIQUE, Anthologie de la musique des Pygmées Aka

『中央アフリカ~アカ・ピグミーの音楽のアンソロジー』 Disc1 1 ソボコ(狩猟の出発に先立つ儀式)【キンゴ・ヤモ・エ/ワンゴ/ココラ・エフェセ/ボラ・ボソンボ】 2 モンゴンビ(狩の呼び声) 3 ンゾンビ(狩からの帰還の歌) 4 モンゾリ(象を殺した後の踊り) 5 モバンディ(蜂蜜の採集に先立つ儀式)【エパンダ/アンゴンガ ‐ エクドゥ・モセケ/ エヴェ …

続きを読む>

BAMBATA / ABASHOKOBEZI 1906-2006

      南アJAZZ、ムブーベ、ンバクァンガ、クワイトのミュージシャン達がジャンルや世代を超えて結成されたユニット、バンバータ〜その名の通り、ズールーの英雄、バンバータのことを歌と演奏で語ります。 >★

続きを読む>

SUNNY ADE / KITI KITI

  久々の入荷です!音質良好〜マスターがあったんでしょうね… 1977 Sunny Ade & His African Beats Sound Vibration (LP; Sunny Alade SALPS 9) [A] Kiti-Kiti / Eko T’Obi Komi / Orimi Maje Nsin Wo …

続きを読む>

SIKIRU AYINDE BARRISTER / FUJI DISCO

どこがどー”ディスコ”なのか、よくわからない展開、…というより、常よりもトラッドなサカラみたいな展開の1980年作品、コーラスもあまり聞こえず、ウネウネとしたヨルバ打楽器隊が這いずるようなアンサンブルを聞かせて黒い!暗黒ですな、が、ヘヴィーなFUJI中毒の皆様におきましては、コレがシキル!! と、納得の1枚でしょうね、オス …

続きを読む>

WASIU AYINDE MARSHAL / TALAZO FUJI MUSIC PARTY !

UKウォーマッド・レーベルからリリースされたワシウ1997年作、久々の再入荷です!思えばこの作、名作でした。旋律楽器の使い方も、その後のワシウとは全然違いますね。ラップ風ヴォイスも軽快、ややFUJIマナーからは離れたような旋律をたどるその歌声もワシウらしいドスのある節まわし満点でした。 1. Fuji Collections 2. Talazo 3. The …

続きを読む>

KOLLINGTON AYINLA / EHUN FUNFUN

コリントン完全復活! というのも御大、“精神的問題” を長らく抱えていたそーで(嗚呼、あの豪胆を絵に描いたような野性の人ら、FUJIの人々でも問題を抱えるのだから、我々が精神的問題を抱えるのは当然…?)、その長いトンネルから抜け出したというのに相応しい新作がコチラ!と、もっぱらの評判です。前半長尺1曲、イントロやブレイク、間奏でサックス&ギターの …

続きを読む>

go top