MATIAS DAMASIO / AUGUSTA

以前、>こちらの曲収録の2012年作が僅少入荷するものの、HPに上げる間もなく品切れ、それっきり入ってこなかった、センバのロマンチスト? とか、持たざる者の味方?とか、当店界隈で話題を呼んでいたアンゴラのマチアス・ダマシオ、2018年末の最新作です!要するに>こちらで新作を待たれていた人物ということで(無断リンク陳謝&感謝!)、前回入荷時にはアッ!とか、ウッ …

続きを読む>

SALIF KEITA / UN AUTRE BLANC

引退宣言をしているサリフの新作となります。 もったいないですねえ、 で、詳しくは後刻〜と思いましたが、 詳しくも何も…サリフですからねえ、 自分などが何を語ることがあるのか、と。 が、強いて言うなら、 アンジェリーク・キジョ、MHD、 そしてイェミ・アラデという、 今、アフリカ音楽マーケットで、 最も勢いある3人をキチンと招いているところ、 流石 …

続きを読む>

DOM CAETANO & ZECA SA / MEMORIAS 35 ANOS

  センバです。顔がもうセンバです。サイコーです。ネット上には試聴材料は上がっていないようですが(あっても何かしらアプリのダウンロードが必要みたいで)、とりあえず、お薦めします。「サイコーじゃないですかぁ!?」by スチャラカさん〜で、僅少入荷、毎度スミマセン、詳しくは後刻…

続きを読む>

MATONA’S AFDHAL GROUP

なぜか、ノルウェイの音楽シーンには、ザンジバルのターラブ音楽へのシンパシーが溢れているようで、>こちらや>こちらに続いて、また一つここにザンジバルのミュージシャンとノルウェーのミュージシャン達による共演のユニット作が、JAZZLAND のブッゲ・ヴェッセルトフトが新たに起こしたレーベル、OK・ワールドからリリースとなりました。ターラブを起点としたジャズ、ある …

続きを読む>

ADAMA BARRY / LEMBI

「ブルキナファソにフラニ人として生まれ育ち、笛などの自作楽器を演奏じるアダマ・バリーとソロ・ジャラによる演奏を、ブッゲ・ヴェッセルトフを始めとするミュージシャンとミキサー達が再構成したアルバム。」と、わかりそうでいて、あまり、よくわからないサプライヤーによるインフォが付されたアルバムですが、こーゆーCDは聴いてみないとわかりませんよね。が、アダマ・バリーは歌 …

続きを読む>

ROBERTINHO / KAKINHENTO

おおっ!なんか、ちょっとダサイかも? 黒革ジャンのベストにサングラス! 似合ってるんだか、似合ってないんだか…、なんて、人のことトヤカク言えたギリではありませんが。 このロベルチーニョ(本名フェルナンド・ルカス・ダ・シルヴァ)、年齢不詳ですが、アンゴラ独立戦争のさなかの60年代半ば、未だ幼い頃に、生まれ故郷の村から首都ルアンダへ両親ととも移り住ん …

続きを読む>

FOFOULAH / DAEGA REK

シャーマニックなチャント “タス(Taasu)”(〜セネガルにおけるウォロフ人の女性グリオが吟じてきた伝統的な詠唱 >参照)をエクペリメンタルなビートと男声によるトゥースティング?フリーフォームなヴォイス・パフォーマンスに置き換えた野心作!?元ロバート・プラント・バンドのドラマー、デイヴ・スミスを世話人にロンドンの敏腕音楽家たちと、セ …

続きを読む>

MADILU SYSTEM / LA BONNE HUMEUR

コンゴ音楽のビッグ・ボス=フランコの楽団に80年代から参加、その後フランコが亡くなった88年以降もコンゴ音楽のリーダー的存在として広く親しまれてきた男性歌手=マディルー・システム/残念ながら07年の8月8に心臓発作のため亡くなってしまったのですが(享年57歳)、今作は彼が亡くなる1ヶ月前に完成したという遺作です。最晩年の作にもかかわらず、フランコ直系のコンゴ …

続きを読む>

BROADWAY DANCE BAND OF GHANA / GOLDEN TUNES OF & PROFESSIONAL UHURU DANCE BAND / BEST OF

今や完全にCDでは入手困難となっている(昔、ガーナ盤とかありましたが…、中古LPは高価だしagain)ガーナのハイライフ黄金時代  (late50’s – 60’s) の人気楽団 〜ブロードウェイ・ダンス・バンド X2CDR & ウフルー・ダンス・バンド X3CDR のカップリング5CDRコレクションとなります …

続きを読む>

BLACK BEATS, CHARLES KOFI MANN, STARGAZERS / THOSE DAYS IN GOLD GHANA

今や完全にCDでは入手困難となっている(昔、ガーナ盤とか英国盤もありましたが…、中古LPは高価だし)ガーナのダンスバンド・ハイライフ黄金時代  (50 – 60’s) の人気楽団〜キング・ブルース率いるブラック・ビーツ x2CDR、エディ・クァンサー&アドリブ・ヤング・アニムのスターゲイザーズ x2CDR 、加えて後年の録 …

続きを読む>

CARDINAL REX JIM LAWSON / COMPLETE RELEASED WORKS

    ボビー・ベンソン、ヴィクター・オライヤの楽団を経てガーナに遊び、ロンドン経由〜E.T.メンサー発のダンスバンド・ハイライフを思いっきり吸収、そして60年代を通じて自らの楽団を率いレゴスで活躍したナイジェリアン・ハイライフの立役者のひとり、トランペッターにして歌い手、楽団リーダーのカージナル・レックス・ジム・ローソン(1935-71 …

続きを読む>

EDDY OKONTA / VINTAGE TUNES THE OHI OF TRUMPET

エディ・オコンタ、本名エドウィン・チュクウェメカ・オコンタ (1935-1997) ナイジェリアは大西洋に面したデルタ州のオクク出身のナイジェリアン・ハイライフのトランペッター、1950年代にレゴスへ移り、 Sammy Akpabot の楽団に見習いとして加入することでキャリアを開始、ほどなくしてナイジェリアのドメスティックなハイライフ楽団の黎明を告げた B …

続きを読む>

go top