ANGELIQUE KIDJO / CELIA

>☆無断リンク陳謝&感謝! トーキング・ヘッズに続いて、仏デッカに移籍したアンジェリック・キジョの新譜は、なんともセリア・クルースのカヴァー集でしたよ、興味津津ですねえ。今年58歳のアンジェリック・キジョ、何んだか我々ロートル、ワールド・ミュージック・ファンと指向性がかぶってる?というか、趣味が似てますねえ…?? パリで大学生だった頃にワールド・ …

続きを読む>

COURONNÉE / TRINA

  レパブリック・ドゥ・コンゴ、つまり首都ブラザヴィルの方のコンゴから登場した女性歌手、なんだかR&Bっぽいゴージャスなジャケながら、そのクールネスを漂わせるというか、無愛想なお顔?同様、歌にもおアイソがなくて、なかなか、これがイイんじゃないでしょうか?いかにも今っぽいアフロPOP仕様のルンバですが、ブッキラボーで存在感のある中部アフリカ声とでも? …

続きを読む>

ORLANE / HORIZONS LIBRES

13年、16年、そして19年の本作、3年毎にきっちり新譜を届けてくれるズーク女性歌手オルレーン、この19年作は結構ふるってますね!何と言ってっも同じ『クレオールつながりか、インド洋はセガのハチロク・ビートを取り入れたズーク(と呼ぶ必要は既にないのかも知れませんが…)!ほか、ストリングスが印象的なシックな曲から、ブルージーなR&B風、ボサっぽいギタ …

続きを読む>

KONDE MARTINS / TE ANO E NAO NEGO

ちょっと古くさいようなシンセ音が、 なぜか新鮮に聞こえるキゾンバ&センバ、 なかなか微妙な線をついている新作だと思います。 38歳コンジ・マルチンス、歌声はいかにもアンゴラ、 アンゴラン・ソウル・ヴォイスがイカしています。 2016年のシングル録音2曲含む、 全11曲、5作目のアルバムかと思われます。 アンゴラ国営ラジオが開催する歌謡コンテストで、 08年の …

続きを読む>

FATOU GUEWEL KARA DIOF & LE GROUPE SOPE NOREYNI / BEGUE LEN

出ました!マリで言えばウム・サンガレ?みたいな、ゴッドマザーですよ、相変わらずの絶好調は続いてますねえ、特に後半の盛り上がりがスゴイ!けれど、1曲しか試聴先は見つからず…。 前2作(同時発売)に引き続きウォロフの名門グリオ出身のヴェテラン女性歌手、相変わらずトラディショナル・ベースの演奏〜セネガルの弦楽器ハラム奏者2人、打楽器サバール奏者4人含む …

続きを読む>

MADALITSO BAND / WASALALA

南東部アフリカ、ザンビアと並んで手作り楽器音楽が盛んな、アフリカでも最貧国の一つ、内陸農業国のマラウィの二人組だそう。そのマラウィといえば、少し前、トラックの運転手相手に食用ネズミの丸焼きを売りながら演奏していたというマラウィー・マウス・ボーイズがやはり手作り楽器を使ったグループとして話題を呼びましたが、こちらの2人組は、ウッドベース状の手作り楽器&#822 …

続きを読む>

V.A. / PUNIDOR Apresenta ENOS ANGOLA VOL.1

Punidor プロデュース最近録音を13トラック収めたオムニバス〜各アーティストのアルバムでは聴けないものと思われ(というか、収録アーティストの新作アルバムは出ていないので、シングル・トラックのみかと思われ、10年以上、音沙汰のなかったエルヴィオの新録も聴けたり&知らないアーティストが多かったり、それに大体、プロデュース&アレンジャー、そしてシンガーでもあ …

続きを読む>

KANAZOE ORKESTRA / TOLONSO

☆カナゾエ・オルケストラ/トロンソ ジャン=フィリップ・リキエルも参加!天才バラフォン奏者率いるグループによるアフロ・ポップの新局面! 13世紀に生まれ、グリオーと呼ばれる世襲制伝統芸能一族によって今日まで伝えられてきた西アフリカの木琴バラフォン。そのバラフォンの革命的演奏家セイドゥー・ジャバテ率いるグループが、彼のニック・ネイムを冠したカナゾエ・オルケスト …

続きを読む>

MDOU MOCTAR / ILANA, THE CREATOR

これが初のオフィシャルなスタジオ・アルバムになるそうです。ニジェールのトゥアレグ系ギタリスト、エムドゥ・モクタールの新作です。(>☆こちらで、早くも紹介されていて、その名はエムドゥと読むそう、無断リンク陳謝&感謝!)。 >前作は弾き語り、ほかリリースされているLP2作もライヴ〜セッションでしたから、こちらが、エムドゥ・モクタールのバンドを率いての本領発揮アル …

続きを読む>

PATSHA / SAK MI LE

こちらも、kyの仲野麻紀さんがレにユニオンを訪れた際、買い付けてくれた現地CDですね(感謝!)、珍しいですね!本名パトリシア・シャマンなので、愛称というか芸名なのか、パッシャということで、マロヤ系の女性歌手2011年の作(5曲入りミニ・アルバム)、初入荷です。 大学でレユニオンの詩と文学を学び、80年代後半から90年代後半にかけて、ダニエル・ワロや、ジスカカ …

続きを読む>

SAODAJ’ / POKOR LÈR

インド洋レユニオン、今現地で大評判の女声デュオ&パーカッション・アンサンブルの5人組、 ” SAODAJ’ ”  サオダジ(?)による4年ぶりのセカンド、2018年のミニCD(6曲入り)です。現地を訪れたkyの仲野麻紀さんに買い付けていただいたCDですね(感謝)!早速>こちらで紹介されています。無断リンク陳謝&感謝! 冒頭 …

続きを読む>

LIVONGH / KIZOMBA NA PASSADA

ハードボイルドなお顔をしてロマンティック、というのは、アンゴラにはよくあることですが、こちらリヴォンことミゲール・ジェルヴァシオも、また、なんともロマンチコですよ。 1980年生まれだと言うから、今年39歳、9歳のときからピアノを父に習っていたそうです。16歳の時から音楽活動を開始、マルチな器楽奏者&歌手として19歳で首都ルアンダへ移動、同年初シングル・レコ …

続きを読む>

NAZA / C’EST LA LOI

コンゴ共和国 / ブラザヴィル出身のラッパー、 大ヒットしたデビュー作をうけて、 早くも2018年新作! (って、ちょっと入荷が遅くなってしまいましたが)、 前作同様、ルンバ・コンゴレーズをモチーフにした アフロ・トラップ流儀のビートメイクで、 見た目通りのヴァイタルな重量級ラップを展開〜 ゲストは、Alonzo, Ohmondieusalava, Kebl …

続きを読む>

V.A. / SOOTHING SONGS FOR BABIES, Berceuses Du Monde

Soothing Songs For Babies by Various Artists ☆『ソングス・フォー・ベイビーズ ― 世界の子守歌』 高田みどりほか多くの邦人世界リリースでも気を吐くスイスの老舗メンタル・グルーヴが世界の子守歌をディグ! ウクライナ、台湾、スペイン、アルジェリア、アメリカやフランスなど、世界各地で昔から歌い継がれてきた子守歌や童謡 …

続きを読む>

THE SCORPIONS & SAIFU ABU BAKER / JAZZ JAZZ JAZZ

Habibi Funk 009: Jazz, Jazz, Jazz by The Scorpions & Saif Abu Bakr ebay で 1000ドルで落札されて、その後、海賊盤が出廻ったこともあるというスーダンFUNK?のレアー・アルバム / 1980年のクウェート録音、独ハビビ・ファンクから、オリジナル復刻CD化相成っています。タイトル …

続きを読む>

go top