WASIU AYINDE MARSHAL / TALAZO FUJI MUSIC PARTY !

UKウォーマッド・レーベルからリリースされたワシウ1997年作、久々の再入荷です!思えばこの作、名作でした。旋律楽器の使い方も、その後のワシウとは全然違いますね。ラップ風ヴォイスも軽快、ややFUJIマナーからは離れたような旋律をたどるその歌声もワシウらしいドスのある節まわし満点でした。 1. Fuji Collections 2. Talazo 3. The …

続きを読む>

KOLLINGTON AYINLA / EHUN FUNFUN

コリントン完全復活! というのも御大、“精神的問題” を長らく抱えていたそーで(嗚呼、あの豪胆を絵に描いたような野性の人ら、FUJIの人々でも問題を抱えるのだから、我々が精神的問題を抱えるのは当然…?)、その長いトンネルから抜け出したというのに相応しい新作がコチラ!と、もっぱらの評判です。前半長尺1曲、イントロやブレイク、間奏でサックス&ギターの …

続きを読む>

ANYANGO / ニャティティソーラン

      運動会の演目はニャティティソーランできまり! ニャティティソーランは、ケニア・ルオー族の伝統楽器「ニャティティ」と、日本の「よさこいソーラン」が融合して生まれた踊りです。アフリカ特有の魂を揺さぶるようなリズムに自然と心も体も動き出します。踊っている人も周りの人も元気になる楽しいダンスです。

続きを読む>

MALICK PATHE SOW & BAO SISSOKO

★マリック・パテ・ソウ&バオ・シソコ/アドゥナ~世界 まさにセネガルのアリー&トゥマニ! 西アフリカ音楽の魅力を幅広く紹介するリラクセイション・ミュージック! 西アフリカの国セネガルに生まれたマリック・パテ・ソウ(ホドゥ、ギター)とバオ・シソコ(コラ)は、それぞれフラニ、マンディンカという別々の部族の音楽家。そのふたりがベルギーのブリュッセルで出会い、それぞ …

続きを読む>

V.A. / HIDDEN MUSIC VOL. 4, ABATWA (THE PYGMY) Why Did We Stop Growing Tall ?

知られざる伝統的な音楽を紹介するシリーズ第四弾 〜虐げられてきたピグミー達の現在を反映したストリート・サウンド! ドイツの人気レーベル〈Glitterbeat〉が世界の知られざる伝統的な音楽を発信するシリーズ、ヒドゥン・ミュージックス。その第四弾となる本作は、ルワンダの山岳部で差別と抑圧に絶えながら生き延びてきたアバトゥワ族(ピグミー)達の音楽にスポットをあ …

続きを読む>

DON KIKAS / THE BEST OF, 20 Anos de Carreira

1974年アンゴラ生まれ、幼い頃、両親とともにブラジルへ移住し、早くから音楽に夢中になったそうです。8歳で母に手伝ってもらい曲を書いたと言うから、早熟。18歳の時にはポルトガルに住んでいて、地元のクラブで歌い出し、21歳でCDデビュー (1995) 、ズーク〜キゾンバ系の歌い手として03年までに4枚のアルバムをリリース、その人気は絶頂、アンゴラ〜ポルトガルで …

続きを読む>

WERRASON / 7 JOURS DELA SEMAINE

1990年代末から分裂したウェンゲ・ムジカの一方の雄、ウェンゲ・ムジカ・メゾン・メールを率いるコンゴレーズ・ルンバ第4世代の雄として人気をキープし続けるウェラソン、久々の新作!ルンバ・コンゴレーズからンドンボロ、フォルクロールからエレクトロなダンスPOPまで、現在のコンゴ音楽集大成といった観のある2CD!〜加えて、スワヒリ、ジェンバ(カメルーン)、バコンゴ( …

続きを読む>

MAKAN BADJE TOUNKARA / DABA

★マカン・バジェ・トゥンカラ/ダバ~至極のンゴーニ アフリカの伝統弦楽器ンゴーニの響き 名手が5年振りに放つソロ・アルバム グリオー達の歌の伴奏に使われてきた西アフリカの伝統的な弦楽器ンゴーニ。その新世代を代表する演奏者としてバセク・クヤテとともに筆頭に名を挙がるのがマカン・バジェ・トゥンカラだ。有名なンゴーニ奏者を輩出している名門グリオー家系に生まれ育った …

続きを読む>

FALLY IPUPA / TOKOOOS

出ました!コンゴ第5世代の際立つトップスター、ファリー・イプパ待望の新作(>2015年作以来)は仏メジャーから!〜1977年キンシャサ生まれ(学生時代はアル・パチーノの大ファンで空手の選手だったそう…やや意味不明ですが)、コフィ・オロミデのカルティエ・ラタンに7年在籍後、06年にソロ・デビュー、その後スター街道邁進中、というのは皆さん知るところで …

続きを読む>

ABDOU GUITE SECK / NDIOUKEUL

アブドゥ・ギテ・セック今年の新作です。新人か!?と思ったら、>こんなCDが昔、入荷していたんですねえ、当店にも(この作、昔のHPでは在庫があることになってますが、モチロン在庫なしです、アシカラズ。なお、>こちらで触れられている02年のソロ・デビュー作ではなくて、当店昔の在庫は04年のセカンド・ソロCDだったみたいですね。というわけで無断リンク陳謝&感謝!)。 …

続きを読む>

YOUSSOU N’DOUR / SEENI VALEURS

「腐ってもユッスー、取り置きヨロシク!」なんて、ムゴイ発言もありましたが、腐ったとかじゃなくて “熟した” と言って欲しいものですな…(個人的にもユッスーよりも年上なんで、熟した男と言われたい?)。そりゃあ、若い頃のようにハイトーン・ヴォイスは多用はしていませんが(ちゃんと聞かせどころでは使ってますよ)、いい中高年男性がキンキンするのもいかがなも …

続きを読む>

MR. EAZI / ACCRA TO LAGOS

無断リンク>★ 陳謝&感謝! ガーナ&ナイジェリア双方で活躍するレゴス育ちの25歳、 ソングライティングも歌い口もCOOLですねえ、 たたみかけるようなラップもCOOL、 音を通じて伝わって来る生活感やプライヴェートな感覚、 みたいなものは、これまでのアフリカ音楽が 伝えようとしなかったもの、のような気がしますね。 改めて、ナイジャPOPの新しさの質が何なの …

続きを読む>

SONA JOBARTEH / FASIYA

ソナ・ジョバーテ、英国ロンドン生まれ、今年34歳になります。が、彼女の両親はやはりグリオの家系の人なので、ロンドンで生まれたマリンケのグリオ、ということになりますね。 ロンドン王立音楽大学で作曲などを学んだ才媛でもあるそうですが、彼女の祖父、父、そして母もガンビアで活躍したグリオであり、そしてまた彼女自身も幼い頃から学んだコラを弾き歌うことを選び、現地ガンビ …

続きを読む>

go top