J.A.K.A.M. / WABI SABI (Moscoman Remix)

イスラエル/ベルリンを拠点にクリエイティヴな活動を邁進するレーベル MALKA TUTIからのリリース第2弾!話題のMOSCOMANのRMXも収録! ヌビア〜アッパーナイルのヴォーカル&打楽器アンサンブルを前面に、タイトなディープ・ハウスを決めてくれました! レコーディング風景>★ Wabi Sabi is a beauty of things imperf …

続きを読む>

ALSARAH & THE NUBA TONES / MANARA

ヌビア系の両親のもと、スーダン生まれたそーですが、10歳の時に北米に移り住んだというヌビアン・フィメールの2016年サード・アルバム / 新録です。パーマネント・メンバーのウード奏者を病で失い、その後、新たなウード奏者&アルサラーの分身?のような女声ヴォーカルを加え、2年の間、ツアーを行い発表したのがこの3作目。で、ウードを軸とした生音感覚、もちろんヌビア系 …

続きを読む>

HADI AHMED / WINJY

  カナダ在住ヌビア人男性、ハジ・アフメドの2006年作〜ヌビア系音頭作品、ウードを弾き語り&バンドによるややチープなプロダクションながら、ヌビアならではのまったり感満載のアルバム。ソカ!?やカントリー&ウェスタン!?をヌビアン音頭にミックスしようとした形跡もあり?やや個性的です。WOMAD参加実績もあり。 >★こちらで全曲部分試聴可!

続きを読む>

METKAAL KENAWE / SAHRA SEADI

アッパー・エジプシャン/つまりナイル上流ルクソールあたりに古くから伝わるというトライヴァル音楽“サイディ”を代表するヴェテラン歌手=メトゥカール・ケナウィとそのパーカッション系グループ演じる、古き良きサイディ&スティック・ダンス音楽を演じた90年代前半録音アルバムの再発です!ベリー・ダンスにおけるケーン・ダンス音楽にも最適!なんでしょうが、しっかし泥臭い!ヌ …

続きを読む>

THE NILE PROJECT / ASWAN

世界最長の川であるナイル川の音楽的伝統をすくいあげるため、スーダン、南スーダン、エチオピア、ヌビア、エリトリア、ウガンダのナイル川流域の国々の出身者18名の音楽家が一堂に会したナイル・プロジェクト(>メンバー)。ファーストアルバムはヌビア、現エジプトの町アスワンがテーマ。アラブからの影響が強いヌビアやスーダンの旋律&音頭グルーヴ、エチオピア音階のサックスや、 …

続きを読む>

MAHMOUD FADL / FOR ORIENTAL DANCERS, FROM CAIRO WITH LOVE

エジプトのパーカッション・マスターがお送りするベリーダンスにも最適な音楽集。 マフムード・ファドルはヌビア系パーカッション奏者=若い頃からその才能を認められ、ヌビアン音頭の帝王“アリ・ハッサン・クバーン”のオーケストラでも活躍しました。さらにヌビアン・オール・スターズやヌビアン・ファンクのサラーマットといったワールド・ミュージック・ファンにはおなじみのバンド …

続きを読む>

V.A. / EGYPT NOIR

☆V.A. / エジプト・ノワール エジプトの中のブラック・アフリカ=ヌビアン〜その伝統を伝える好編集盤の登場です。 広い国土を持つエジプトは、様々な人種が住み、多様な文化が育まれてきました。このアルバムで紹介しているのは、その中でもヌビアと呼ばれる人たちの音楽です。スーダンとの国境近く、アスワン・ハイ・ダムあたりに住むヌビア人たちは、人種的には、ブラック・ …

続きを読む>

ALSARAH & THE NUBA TONES / SILT

>こちらでも紹介されています(無断リンク毎度…!)〜ヌビア系の両親のもと、スーダン生まれたそーですが、10歳の時に北米に移り住んだというヌビアン・フィメールのセカンド・アルバム / 新録となります。で、バックのヌビア・トーンズ〜大先達、故ハムザ・エルディーンの流れを少々汲むと聞こえる端正なウードを要に、アコーディオンやギター&ベース、打楽器ほかに …

続きを読む>

HADI SALIA / SONGS FOR NUBIA

 ハディ・サリア、またの名をハディ・アハメッド、初入荷です。久々のスーダン音頭です(ヌビア系トラッド色も感じられます)。で、あの、スーダン音頭の帝王、ムハンマド・ワルディの従兄弟さんだそうです。スーダン北部のヌビア人が住まう小さな村で生まれ、アスワンハイ・ダムに沈んだその村から父の出稼ぎ先、エジプトへ移住。そして父の死後、兄とともにスーダンへ移り住み、早くか …

続きを読む>

ALI HASSAN KUBAN / WALK LIKE NUBIAN, The Godfather of Nubian Roots Music

懐かしい!?エジプトはカイロのヌビアン音頭マスター、アリ・ハッサン・クバーン(1929-2001)の代表作と言っていいでしょう。アスワンハイダム建設のためナイル流域のヌビア人たちはスーダン、もしくはカイロへ移住することになりましたが、そのカイロのヌビアン・コミュニティーで、まさしくゴッドファーザーと呼ばれた男、キューバン・マンボとJBファンクとヌビアのパーカ …

続きを読む>

HAMZA EL DIN / A WISH

ヌビアの人、ウードの人、ハムザ・エル・ディーンのラスト・アルバムとなってしまった1999年作品です。ハムザさんのウードに加えて、チェロ&ピアノ&ネイ&男女一人づつのヴォイスが加わり、ハムザさんが生涯をかけて磨き上げたヌビアとアラブの旋律とリズムが、渾々と湧き出ずる泉の透明な水のように響きます。何というか、囚われない心というものが、あるいは自由というものが、ど …

続きを読む>

go top